東邦地下工機
b0066893_1555320.jpg

旧海岸通りをまっすぐ南下して(ここはすでに海岸通りに合流しているが)
あおよこ(青物横丁)のジュネーブ平和通りとぶつかったところが、北ふ頭橋交差点。
このあたりもだいぶ開発が進み、りんかい線「品川シーサイド駅」を中心に
オフィスビル、ホテル、ショッピングセンターが建ち並ぶ。だが
その「イオン品川シーサイドショッピングセンター」から道を隔てた反対角を見やると
何やら鬱蒼としたツタに覆われた建物がある。おお、廃墟マニアにはたまらない光景!



b0066893_163874.jpg

塀に囲まれた敷地内を覗くと、錆びた金属部品が雑草と同化していてラピュタ状態。
これは工場?それとも事務所なのか?いずれにしても、もう使われてはいないだろう。
こんな条件のいい場所だから、もう取り壊しを待つばかりに違いない。
滅び行くものを探し出すのが得意なこのワタクシ、またまた見つけてしまったぜ。
もう夕暮れ近いが、この機会を逃すと来週はないかもとちょっと寄り道、しばしの撮影。

b0066893_1633936.jpg

まずは裏口の方から資材置場越しに。そしてスクリューかドリルのような
積まれた廃品を見ながらぐるっと回って表に来たら、「あれ?窓から中の明りが見える」。
入り口に回ると開いていて、中に入って行く車もあるぞ。カメラを構えている僕を笑ってる。
何だよ、廃屋じゃないのかよ。しかも、これはかなりの確信犯と見た。

b0066893_1664633.jpg

会社の名前は『東邦地下工機株式会社』。帰ってから調べると、九州の福岡に本社がある
建設工事・建設コンサルタント・地質調査と、工事機器(ボーリングマシン等)の
製造販売を行っている会社で、ここは東京営業所の社屋ということだったのだ。
それにしても何故にしてのこの佇まい。この偽装廃墟の謎はまだ解けない。
東邦地下工機だから、地上はこうだが、地下に素晴らしい設備が整っているのだろうか。

b0066893_1671487.jpg

ここは知る人ぞ知る、品川シーサイドの名所だったらしい(隣はバンダイナムコ)。
なかなか記事にできずにトロトロしてたら、先日テレ東の空から地上を見下ろす番組で
ちょろっと取りあげられていましたね。モノレール沿線の特集で。
あれはもうほとんど、僕の今年この秋までの行動範囲そのものでした(笑)。

b0066893_1691469.jpg

2010-10-02 16:36:24-16:58:28 品川区東品川4丁目「東邦地下工機株式会社」

こちらもどうぞ
[PR]
by yattokamedagaya | 2010-10-28 17:32 | Location | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://yattokame.exblog.jp/tb/14300461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 不用品廃品回収買取引取り.. at 2010-11-01 11:58
タイトル : 不用品廃品回収買取引取り処分情報ネットナビ
不用品廃品回収買取引取り処分の情報です。... more
Commented by mike at 2010-10-30 10:54 x
「東の空から地上を見下ろす番組」…よくみてますよ~♪

ところで実家方面ですが、廃墟・廃屋ありすぎです。
商売屋だったため、古いテントが軒先にある実家も、みてくれは廃屋かも(笑)
Commented by yattokamedagaya at 2010-10-30 17:55
*mikeさん

空から見ると面白いですよね。
東京でも古い木造でツタが絡まると廃屋かそうでないか
区別付けにくい家は多いですよ。場所にもよりますが。
すぐに新しいものが建つなら取り壊すんですが
そうでない場合、わざわざ金かけて壊さないですよね。
うちの田舎なんて朽ちるまでそのままです。
再開発が決まっているところも壊さないですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 直線と曲線 エスカレーターの立ち位置 >>