浜松2店(+1)

すっかり東京ジャンルではなくなっている『やっとかめどっとこむ』のGW延長企画第五弾。
浜松──と言っても、僕の感覚ではここは浜北市と天竜市なんですけどね。


b0066893_2011466.jpg

国道を軽快にドライブしていると右手に見えてきたのが、この青空に映える白亜のお城。
「ちょっと寄ってく?」なんて助手席に聞くと、あらぬ誤解を招きそうだがここは喫茶店だ。
『純喫茶Dan』。ま、喫茶店ならこんな外観もありでしょ。僕がツッコミたいのはこの看板。

b0066893_052487.jpg

『浜名接骨院』は、同じ建物の後ろ隣にある接骨院。で、駐車場は喫茶店と共用になる。
でも、だからと言って、看板上にふたつの店をミックスしなくてもいいと思う。
互いの要素を交互に並べるんじゃなくて、上下にふたつに分けてはだめなのか?

b0066893_052141.jpg

おまけにコーポレートカラーまで共用だから、さらに紛らわしくなってくる。
この電話番号はどちらのものだろう?(一応礼儀のモザイクをかけたけど、意味ないね)

b0066893_2031076.jpg

そしてもう1軒気になったのは、この昭和の匂いのする『みつば美容室』。
これまたグリーンだが、ここは『クローバー通り』という商店街だからそれもありか。
ん?クローバー通りのみつば美容室?ここがルーツか?そりゃ古いかも。

b0066893_2032396.jpg

ウィンドウは一応季節のディスプレイが施されるようだが、気になるのはこの行灯看板。
新しいものか古いのか?それとよくあるCI概念のない店名表示。この画像の中でも3種類。
さらに廂にも違う文字。読み方が同じなら、書体は何でもいいってもんでもないでしょう。

b0066893_2034947.jpg

そうそう、この軒下や街路樹に吊るしてあるこれが、ちょっと前からのこの街の流行らしい。
知ってる?これはアルミ缶を使った空き缶風車。色々タイプはあるがこれは提灯型。
元々は畑や庭の鳥・モグラ除けだったが、綺麗だから玄関や軒先のオブジェとなったのだ。

b0066893_2044635.jpg

工夫次第で形状様々。キラッキラして意外に微風でもよく回る。
これ、風鈴といっしょに今年の夏は吊るしてみようかな。

[PR]
by yattokamedagaya | 2013-05-12 00:54 | Travel & Scenics | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://yattokame.exblog.jp/tb/20427178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2013-05-12 01:09
経営者が同じだったりぃ  ou 同じ身内でやってる?


風車  欲しいなぁ ♪
Commented by juju3291 at 2013-05-12 07:32
元気ばば

笑いました。ブログ読みながら大笑い
クッスではないのですよ。
私も見てみたい。
この看板
接骨院という名前の喫茶店かと思いました。
Commented by passerby at 2013-05-12 11:01 x
空缶風車、初見です。ペットボトルの風車はよく見ますが。
じつにすばらしい!
おかんアートとか呼ばれそうなものですが、こういう加工をするのはお父さんの仕事かな。
針金をくるっと巻いていたりするところ、けっこう工夫を凝らしていますねぇ。

ところで、美容室のウィンドウの下にいる狛犬みたいな、大きな口をしたオブジェは何でしょう?
ひょっとして新聞受け?

接骨院兼喫茶店の看板の、カップの湯気の表現や、右上の黄色い物体も気になります(笑)。

浜松、いろいろと楽しそうですね。
Commented by mitikusak at 2013-05-12 13:06 x
どっちをしたいのか、判りませんね~??
せめてどちらかに詰めてコーポレートカラーも、
色を変えて欲しいものです!
当然その治療されてる方がお茶を用意したりはないでしょうね?(ー_ー)!!

空缶風車我が地方ではよく眼にすることがあります。
リサイクルの一環でクルクル回るととても綺麗ですね!
Commented by yattokamedagaya at 2013-05-12 19:08
*雨漏り書斎主人さん

経営者同じでも同じにしなくても……身内でもねぇ(笑)。

風車は自分で作らなきゃ。
Commented by yattokamedagaya at 2013-05-12 19:09
*元気ばばさん

接骨院という喫茶店ならインパクとあっていいかもしれませんね。
僕はそもそもこんな看板なんて要らないと思うんです。
ここにくれば、駐車場も診療所も喫茶店も、どこにあるかわかりますよ。
Commented by yattokamedagaya at 2013-05-12 19:11
*passerbyさん

そう、ペットボトルや缶でも切り開いたようなものは畑でよく見ます。
でもこれは良くできているでしょう。美しいです、機能美です。
色々オリジナル作品ができそう。作ってみてください。指を切らないように。

美容室の入口のは犬の置物です。新聞をくわえているんでしょうね。
で、そこに新聞を乗せる構造。頭の部分は写っているものがないんですが
まさか頭そのものが新聞受けという近未来SFのような構造ではないと思います。

カップも湯飲み茶碗に取っ手を付けているようで変。右上は灰皿です。
ここは気兼ねなく煙草が吸えるのが売りらしいです。
浜松は微妙な文化の違いが楽しめる街です。
1ヶ月分くらいネタは仕入れているんですが、そればかりじゃね(笑)。
Commented by yattokamedagaya at 2013-05-12 19:13
*mitikusakさん

混ぜちゃう理由はないですよね(笑)。紛らわしくなるだけです。
でも針・灸・接骨とお茶や煙草ですか……。
そういえば繋がりがないでもないように感じますね。
漢方や東洋医学っぽい繋がりが。……でもないでしょうね(笑)。

リサイクルでクルクル、さすが!
これも地方によって違うんでしょうね。僕はこの型は初めてでした。
明治チョコの空き箱のノリで作れますね(笑)。
Commented by nobulinn at 2013-05-12 22:44
こんばんは。
空き缶風車!
これ、前に浦賀の街で見たことがあります。
やはり流行らしくて、周辺のおうちでいくつも見ましたよ。
蓋は付いていなくて、もう少しシンプルな形だった気がします。
Commented by ワンコ at 2013-05-12 23:56 x
美容室の看板
ほんと今時めずらしい昭和の匂いがしますね。
経営者は確実にご高齢の方のような・・(失礼だが)


喫茶店と接骨院の経営者は一緒のような気がしますね。
経費削減の宣伝費?
あんまり欲がないのでしょうか。
建物が充分目立ってるからいいんでしょうかね。
結構許せない看板とかいっぱい目につきますよね。

うちの主人はレストランとか居酒屋のメニューについて
レイアウトが変とか写真が暗すぎるとかよく文句言ってますよ。

木にぶら下がっているペットボトルは何のためですか?

カラスよけ?
Commented by yattokamedagaya at 2013-05-13 08:14
*nobulinnさん

元々は農業の鳥よけだからアサヒスーパードライが
キラキラピカピカで最適なんでしょうね。
それがオブジェのように街中で利用されるようになって
色々工夫して流行ったんじゃないでしょうか。
標準タイプは普通の350mlか500ml缶でしょう。
Commented by yattokamedagaya at 2013-05-13 08:24
*ワンコさん

昔の女性誌の表紙のような看板です(笑)。
同年輩のお客にしかアピールできませんよね。か、僕らとか。

経費節減の抱き合わせ看板は、僕たちも何度も作ったことありますが
ふたつの店は完全に分けるようなレイアウトにしないと紛らわしい。
これじゃ看板見ていてクルマが事故りますよ。

重なってペットボトルに見えますが、これ全部缶なんですよ。缶風車。
これが飾りか鳥よけかは微妙なところ。
でもカラスって光ったものには寄ってきますよね。
Commented by はぴわん at 2013-05-19 15:58 x
不思議な看板を良く見つけましたね〜。
一番上の「はり・きゅう」は
喫茶店でも接骨院でもやるんでしょうかね〜。
喫茶店の名前が小さくて接骨院の名前が大きいのも何か意味があるのかなぁ。

アルミ缶、こんなふうに使うのは面白いアイデアですね。
どうやって作るのか興味あります〜φ(.. )
Commented by yattokamedagaya at 2013-05-19 20:02
*はぴわんさん

目的としてはまず第一に、駐車場の案内の看板なんでしょうね。
接骨院も裏だから、ちょっと大きくした方がいいかなと。
見ればわかるから、喫茶店はこんなもんでいいだろう、
みたいなもんでしょうか。

作り方はネットでもかなり出ているみたいですね。
この夏は作ってベランダに飾ろうと思います。
ちっちゃい蓋付き缶で、江戸風鈴みたいな形が良いかなと……。
名前
URL
削除用パスワード
<< 鉄2題(+1 or 2) 新緑─柿の木 >>