ラインドライブはかかりません
b0066893_21475591.jpg
 MLBの放送も本格的になってから既に10年目。最初のうちは日米の野球の違いを解説することが多かったけれど、最近ではそれもあまり言わなくなったようだ。
 でもあいかわらず、と言えるのは用語の違い。野球という名前や、ゴロや、さよならホームランのように日本語に置き換えた言葉はともかく、ほとんどの言葉は英語から来たカタカナ語じゃないか。なのに使い方が違う、名前が違う、そんな言葉ばかりだ、なぜ?

 例えばこのタイトルの「ラインドライブ」。上のイラストのようなアッパースウィングで打った時、ボールの中心から上側をヒットするとボールに順回転がかかる。テニスで言うトップスピンだ(テニスではトップスピンのかけそこないのようなものをこう言うらしいが)。打球はまっすぐ飛ぶが伸びない。日本ではこれがラインドライブだ。
 こんな場合「ラインドライブがかかりました!」なんて放送されるんだけど、ラインドライブはかかりません。なぜなら英語ではラインドライブとは単にライナーのことだから。この頃は日本でもライナーの事をラインドライブと言う時もあるけどね。でもこの2種類の使い分けってどうなのよ。これでいいのか?

 野球用カタカナ語で意味や名前が違うものは、僕が思い付くだけでも、「ネクストバッターズサークル」「エンタイトルツーベース」「クリーンナップ」「ゲッツー」「スタメン」等々。球種の名前も違う、「ストレート」もないし。
 国技に近い形のスポーツだった頃はそれでも許されるのかなとも思ったけど、そろそろどうにかした方がいいんじゃないのか?

 僕が使うべきではないというのは、こういうタイプのカタカナ語なんだ。こんな言葉は巷にあふれている。「スマート」「オーダーメード」「コンセント」「ハイウェイ」「バイク」「ハンドル」「マンション」etc...
 ご丁寧に英単語に書き換える人もいる。スノボの記事でちょっとパロってみたけどね。あれも悪いとは言わないけど、間違ってると恥の上塗りだよ。例を挙げましょか。これ、女の子のブログへのコメントだと思ってください。
 「165cmで45kgなの? へ〜 Smart なんだね。もっと Glamour かと思ったよ。でも Style 良さそう♪ 着るものも全部 Order Made だったりして」 プププッ!
 他にも本来の意味・使い方とは変わってしまったカタカナ英語はかなりある。仕事でよく使う「そこがネックですね〜」というネックも正確にはボトルネックなんだ。こういう言葉が英語学習の“ネック”になっている。

 ね、カッコ悪いでしょ?母国語の人が世界中どこの国でも(その意味では)使わない言葉を使う。しかも日本式の発音で話して、日本人だけが読めるカタカナで書くんだよ。これが文化と言えるのか?



[PR]
by yattokamedagaya | 2005-04-22 20:23 | News & The World | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://yattokame.exblog.jp/tb/2570101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 非常識なテニス上達法 at 2005-05-03 01:16
タイトル : テニス 上達
伝統的指導法は誰もが簡単に上達できる実践的な指導法ではありません。しかしほとんどのスクールやテニス雑誌では、この伝統的指導法が常識としてまかりとおっており、あなたも含めてほとんどのテニスプレーヤーが知らず知らずのうちにその「ワナ」にかかっているのです... more
Commented by gotaku at 2005-04-23 07:33 x
野球に限らずスポーツの世界はカタカナ語が多いですね。私はカタカナ語全般について書いています。もしよければ一度覗いてみてください。
Commented by yattokamedagaya at 2005-04-23 13:47
*gotakuさん
これは後編で前編は4/21です。そちらもどうぞ。
カタカナ語専門のブログが開設されているとは思ってもみませんでした。
後程じっくり読まさせていただきます。コメントありがとうございました。
Commented by at 2016-05-17 13:31 x
英語由来のロシア語やその逆みたいにその国でしか通じないような言葉はいくらでもあるし、アルファベットが似てるからって知識もなく読めるわけじゃないですよ。
Commented by yattokamedagaya at 2016-05-18 08:37
*pさん

こんな10年以上前の記事に、わざわざコメントありがとうございます。
表題のラインドライブは、今では正しく=ライナーだと理解している日本人も多いですね。
国際化の時代、間違いに気付いたカタカナ語は修正されていくものもあるんです。

さて、おっしゃる通り、他の国にも当然外来語はありますね。だから…何なんでしょう?
意味の違う外来語が氾濫していたら、どこの国でも私と同じように違和感を感じる人はいますよ。
ピーさんがどこの方かわかりませんが、日本在住の他国出身の方、帰国子女の方とは
よく「この言葉は使い方がおかしい」というようなことが話題になります。
それに、後半のアルファベット~のくだりは、何をおっしゃりたいのかわかりません。
察するに…多分ピィさんはこの記事を読み違えていますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< TULIP CURRENT 今ダイエット中です >>