1ドル以上の価値
b0066893_16591463.jpg

レンタルフォトの「Still Life」とかのカテゴリにありそうな写真。
でもないか。あまり面白くないね、証拠写真だから。

出先だったんですが、ちょいと面白いことを発見してしまいました。
そこで、さっそくこの手帳とコインで実験です。
近頃思うんです、思いついたらすぐにやっておかないと後ではやらない。
本当は白い紙が欲しかったんだけど、しょうがないね。


b0066893_16595782.jpg

店の支払いで財布の中を探ってみたら、キラキラ光るコインが
ふたつあったんですね。昨年製造の10円と100円玉。
多少傷はあるけど、さすがに輝きが他とは違います。それも屋外だと特に。
改めて見てみると、コインは昭和の頃のものも
まだ多く使われているんですね。
縁のギザギザがすり減ってなくなっているものもよくあります。
コインの中で100円玉だけは、年号が算用数字(アラビア数字)なんですね。
(追記:50円もでした。100円と50円は同年発行。デザインも類似点が多い)

さてと、言いたいのはそんなことじゃないんだ。ここからです。
その平成28年製造のキラキラコインに太陽光を当ててみると……

b0066893_1702621.jpg

あ〜ら不思議、反射面にコインの図柄が浮き出てくるじゃありませんか。
これ常識ですか? あたしゃこの歳まで知りませんでしたよ。
というか、こういうエンボス面に光を反射させたらどうなるか
なんてことを考えたこともありませんでした。
この半屋外のテーブルで、キラキラコインに(古いコインは反射が鈍い)
太陽光が当たらなかったら、一生知らなかったかも。


b0066893_1711218.jpg

裏面はこう。昔の鏡にこういうのありますよね。
銅は銅色、銀(白銅)は銀色。模様の部分だけは、ちと反射光が違う。
これはつまり、エンボス部分は平面じゃないから
光が拡散してしまい反射光が弱くなる、ということですか? 違う?
こりゃ子供電話相談室的なネタですな(笑)。

とにかくそんなことになるわけだ。ちょっと感激してしまいましたよ。
でもこんなふうに、テーブルに手帳を不自然に広げて
パシャパシャといつまでも写真を撮っていたら
周りの人が変な目で見はじめたので、もうやめておきます(笑)。




[PR]
by yattokamedagaya | 2017-05-01 18:21 | Objects(Man-made) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://yattokame.exblog.jp/tb/26827175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by meru103 at 2017-05-01 21:23
こんばんは~♪
えっ?昭和のコイン?
何年かは気にしたことはなかったので、
思わず自分のお財布の小銭を確認したら、5つありましたぁ~!
キラキラコインの反射、キレイに映るものなんですね。
100円の年号が数字というのも知りませんでした。
勉強になりましたぁ~(*^-^*)
Commented by ほしがき at 2017-05-01 21:30 x
写真のコインに光を当てた時の円形の反射を見てハッとしました。
古墳時代の鏡ですが、以前は人が自分の顔を写すものだと思われていました。
最近は太陽などの光を反射させ円形の反射光を見せようとしたのではないかと考えられているそうです。
裏面には竜などの模様が鋳込まれていますが,それを磨いて鏡にすると
反射光には裏面の模様が反映されるのだそうです。
古代の人々はそのことに神秘性を見いだしたのでしょうか。
鏡を所有することは神聖を身につけると見なされたのかもしれません。
そんなことを想起させられお話でした。
Commented by yattokamedagaya at 2017-05-02 09:49
*メルママさん

おはようございます。
昭和40年代後半から最後までの年のものはけっこう多いですよね。
まあ使えるものは使わんと。
なんでも今1円玉1個作るのに3円かかるらしいですよ。
今年のもあるんでしょうか、見たことないです。
特に10円はすぐに艶がくすんできますよね。
この記事は、僕がその時コインについて勉強したことのすべてです(笑)。
Commented by yattokamedagaya at 2017-05-02 09:54
*ほしがきさん

「魔鏡」というやつでしょう。
僕が書いた昔の鏡というのも、まさにそれのことです。
これらも銅合金だし。あれは裏面の模様ですよね。
そんな感じで(実物はニュースでしか見たことないけど)
表面の模様が反射光に映るのが何だか神秘的なようで
ちょっと感動しちゃったんですよ。
そうそう、ほしがきさんのおっしゃるとおり。
それまで、明確に想像したこともなかったのですが
過去の経験から、多少の光の歪みはあっても
ただ丸い光が反射されるだけだと思っていたんですよ。
それがここまでクッキリした模様になろうとは。
Commented by lapie-fr at 2017-05-04 13:24
わあ~ 日本のお金~
12年と7カ月ぶりに日本へ
来週ね^^
乗り換えフランクフルトで日本円と再会
…、と、思ったら~
ココで再会^^
Commented by yattokamedagaya at 2017-05-05 18:52
*lapie-frさん

奇麗どころを揃えてみました(笑)。
え、そんなに来てないんですか。
12年前というと……500円玉はありましたよね。
でも日本はかなり変わっているかもしれませんね。
楽しんでください。
Commented by milktea0427 at 2017-05-05 22:59
ええ〜??・・という感じです。
自分でも実験してみないとなんか信じられませんね。
やっぱりやっとかめさんは目の付け所が違います。

お金というと、たまに旧1000円札とか持ってくる患者さんがいるんですよ。
銀行に入金できずとても困ります(本音)


Commented by yattokamedagaya at 2017-05-06 09:49
*milktea0427さん

でしょ。偶然で僕もビックリしたんですが、皆さんの反応が鈍いな(笑)。
知っている人は知っているのか、単純にゴールデンウィークだからなのか。
旧1000円札は入金できないんですか。ひとつ前じゃなくてもっと前のやつ?
それなら一応立て替えておいて、後でヤフオクかメルカリに出品するという手も。
ひょっとしたら何倍かで売れるかもしれませんよ(笑)。
Commented by amamori120 at 2017-05-07 16:48
どっかのTV局が来ませんでした?
Commented by yattokamedagaya at 2017-05-08 17:44
*雨漏り書斎主人さん

ああ、そんなバラエティー番組、ありそうですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 豊洲のクローバー 新緑の中の紅葉 >>