痛い1日
b0066893_181269.jpg

汚い脚の写真でスマン!(笑) 実はお彼岸の頃、急に左膝がずきずき痛み始めましてね。

スポーツでぶつけたり、無理な荷重がかかって故障したことは何度かあるんですが
何もないのに痛くなったのは初めて。ちょっと不安だけど、しばらく様子を見ることに。
でもその間、仕事もあって無理をして歩いていたので、3日後には腫れ上がり
膝が曲がらなくなってしまいました。これが次の日の朝の写真。病院に向かう途中です。

膝が曲がらないので、私の柔軟性では長ズボン・靴下・靴を履くのが苦痛。
だから短パン・素足・サンダルで通院です。どうせ患部を見せなきゃならないんだし。

b0066893_1813526.jpg

往きは地下鉄。数日前から感じていたんですが、膝が痛いと階段は
上るより下りる方が辛いんです。なのに地下鉄は、下りのエスカレーターがない駅が多い。
ご年配の方が地下鉄は嫌い、バスの方が好き、というのがなるほど実感できます。
そういうことで帰りはバスを試しました。確かに、段差は乗り降りだけなのでこれは楽。

ところで、こういう身体なので、駅の構内やバス・電車の中でも足を引きずって
トロトロと歩くわけですよ。周りに申しわけないと思いながら。
ところが、逆に急いで追い抜いていく人が「すみません」とか「大丈夫ですか」
とか言って優しいの(笑)。電車やバスでも席を譲ってくれるし。
こちらの場合は、脚を曲げられないから座るとかえって辛い。丁重にお断りするんですが
この優しさ、この日はたまたまだったのかな。それともそんなに弱々しく見えるの、俺?
いずれにしても、おもてなしと忖度の国、日本も捨てたもんじゃないぞ。

b0066893_182585.jpg

でも診察の時は、それほど穏やかな気持ちにはなれなかったな。
担当医は、私がこれまで会った中で3本の指に入るほどの医者でした。……悪い方から。
皆さんが「こんな医者は嫌だよな」と思う特徴がたぶん全部当てはまるはず。
うちは実名糾弾のブログじゃないので、詳しいことは書きませんが。

まず、あれやこれや豪勢に様々な検査に回される(その金を出すのは俺なんだけどな)。
なのに、X線の後CTまでやったのに、その検査結果を読み取れているのかいないのか
ろくに説明もしないし質問もしない。そして痛いと言うのに患部をやたらいじくりまわし
いきなりそこに注射針を突き刺すんですよ。予告もせずに。麻酔じゃないんですよ。
も・の・す・ご・く痛い。しかも1回だけじゃなくて、刺した針を何度も何度もグリグリと。
注射器で抜いた血の混じった水をチェックしてるようだけど、見ただけでわかるのか?

上の写真が診察を終えて帰る時の脚。多少は腫れが引いているか。絆創膏は注射の跡です。
結局、病名・障害名は特定できなかったんです。その明確な説明すらされた覚えがない。
ただ、ひとりごとのように話す言葉と、こちらからの質問の答えから想像するに
「骨や靭帯等の損傷」「菌が入っての炎症」「痛風」。この3つを疑っていたようです。
でもね、それくらいのことは素人の私でも想定していましたよ。
それ以外の何か重大な障害を含め、何なのかを知りたいからここに来ているんです。
なのに薬の処方をして(「細菌はないはずだ」と言いながら、抗生物質まで入っている)
「10日か20日後にでも、まだ痛いようなら来てください」。これで終わり、一件落着か。
抜いた水を検査しないのか? 次の予約はないのか? 原因がわからなくてもいいのか?

b0066893_1823982.jpg

これなら薬局で『ロキソニン』700円を買うだけで済んでいた。なのに病院で10,000円以上。
まあいいか、大病でないことがわかっただけで(それも少し疑問だが)。
でもその後薬剤師に処方箋を渡すと、痛み止めなんて定評のあるロキソニンで充分なのに
ジェネリックも使えない新薬が処方されていたらしい。まったく最後まで腹立たしいやつだ。

カルテには何て書いてるんだろうね。自分としては、最初から痛風だと思っていたけれど。
ほとんどの人は痛風は足の親指だとの認識でしょう。でも関節ならどこでもなるんですよ。
足の親指の場合が多いだけ。詳しくはこちらのブログをどうぞ。
尿酸値はもう低くなっているけれど、関節にまだ尿酸塩がこびりついていたんでしょうね。

b0066893_1831166.jpg

医療関係者なら、これで何が処方されているか分かるでしょう。薬だらけ(笑)。
まぁとにかく、今は痛み止めを飲んでいるので、多少痛みはあるけど大丈夫。
万が一薬が切れてまだ痛くなるようだったら、今度は違う医師に診てもらうつもりです。
ちょっとネットで調べたら、あの医者は気になる所もあったので。



[PR]
by yattokamedagaya | 2017-10-10 18:13 | Sports & Health | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://yattokame.exblog.jp/tb/27295588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lapie-fr at 2017-10-10 20:25
うん、次のお医者さんへ行きましょう
何だか、医療って運に左右される気がしちゃって。。

お大事にね

Commented by meru103 at 2017-10-10 20:46
こんばんは~。
あららっ!酷い腫れですね!
ものすご~く痛そう・・・(^^;)
あ~、たしかに階段の下りの方が膝に負担がかかりますよね。
やっぱり検査結果をちゃんと説明して欲しいですね・・・
薬が効いて、一日も早く治りますように!
お大事になさって下さいね・・・
Commented by yattokamedagaya at 2017-10-11 08:04
*lapieさん

ここの整形外科は信頼してたのになぁ。
やっぱり病院より人ですね。それも運ですよね。
もう治ったと思うので医者には行きません。
Commented by yattokamedagaya at 2017-10-11 08:06
*メルママさん

おはようございます。
2週間以上前の話なので、もう大丈夫です。ありがとうございます。
健常者は下りの方が全然楽ですけど、膝痛だと片足ずつじゃ下りれませんよね。
同じことをしても、それぞれに説明があればだいぶ印象が違うと思うんですけどね。
ちょっと高価なCTなんて、あれじゃ金儲けとしか思えません(笑)。
Commented by anello63 at 2017-10-13 00:10
結局のところ病名は何だったんでしょうね。
お金だけかかって納得できない診察&診断のようでしたね。
ハズレでしたね。違うお医者さんがいいですね。
もう腫れも取れ痛みも無いようですが、
お大事にしてください。
Commented by yattokamedagaya at 2017-10-13 02:23
*anello63さん

ありがとうございます。もう大丈夫、みたいです。
病名はわからず、痛み止め薬の処方だけで根本治療は何もしないし、予定もなし。
痛い注射に至っては、他の医者に訊いたら、古い治療法らしいです。
放っておいても鎮痛剤で治るのに、何でそんな痛い治療をする必要があるの?
と言われてしまいましたよ。ごもっとも(苦笑)。
Commented by はぴわん at 2017-10-13 11:34 x
僕も去年、足が腫れて診てもらいに行った医者、
嫌な感じでしたよ。
僕の場合は結局、いつものかかりつけの先生に診てもらったら
エコノミー症候群だと言うことがわかりましたが・・・。
最近はハズレって感じの先生が多いですね〜d( ̄  ̄)
Commented by yattokamedagaya at 2017-10-13 17:46
*はぴわんさん

エコノミー症候群ですか、たしか身体を動かせないでいるとなるやつですよね。
そう、そういう想像してない病気や、歳によってなる今までなかった体の変調。
そんなことを心配して(皆に行けと言われてというのもあるけど)病院に行くのにね。
病院や診療科の評判くらいなら調べれますが、医師個人まではわからないですよね。
能力ないやつほど、もったいぶってるんじゃないですか。こっち見ないし(苦笑)。
Commented by milktea0427 at 2017-10-14 23:29
あらら、大変でしたね。
もう治ったようなので安心しましたが。

お医者さんも人間なので性格悪い人もいますよね。
私も2度くらい、いやーな思いをしたことがあります。

大門未知子みたいな失敗しない外科医もいれば、口先だけで知識をひけらかすインチキっぽい人もいるし(言い過ぎか?)
あ!TVの見過ぎです。すいません。
あれはかなり極端な例ですよね。。
一度かかって不審に思ったら即病院を変えればいいことです。
初診料がもったいないなんて言ってられません。

患者さんからもそういう不平不満をよく聞きますよ。

かなり痛い人にはロキソニンじゃなくてセレ○ックスの方がよく出ますね。

Commented by ほしがき at 2017-10-15 11:24 x
大変な目に遭いましたね。
結局原因が特定出来ず、可能性のある治療薬を
全部処方したのでしょうか。
痛みが引いたようで良かったですね。
 東京の若者は皆親切ですよ。
用事で東京に出掛けると、よほどの老人と思われるのか
電車内では多くの場合席を譲られます。
譲られた席に座ると時、日本の未来は明るいと感じますねえ。
Commented by yattokamedagaya at 2017-10-15 14:22
*milktea0427さん

治ったと言っても、市販薬でも治る痛みを抑えるだけの対処療法。
原因がわからないから根本治療はなにもない。これで終っていいんでしょうかね。
僕の他の病気の主治医とか、他の先生ならこんなところで終れないと思うんですが。
臨床はイヤイヤ、論文を書いていたいどこかのジュニアなんでしょう。
ドラマにもそんなキャラがよくいるじゃないですか(笑)。

病院自体は、ここはいいと思っているんです。他と比べた上で。
整形外科も何度かお世話になって、親身に対処してくれると好感を持っていたんです。
でも医者も人それぞれですよね。たまたま今までが良かっただけなのかも。

セレコックス、伏せ字にしなくても写真に出てますから(笑)。
ロキソニンの効き目でも不満はないんです。胃腸薬を合わせてもらえるならば。
でも処方されたら、薬剤師さんはそれを出すしかないんでしょう?
Commented by yattokamedagaya at 2017-10-15 14:24
*ほしがきさん

効果が相殺されるようなものはないから、と考えて全部試してみたんでしょうね。
おかげで原因不明という事になるんですが。痛みだけなら市販の鎮痛剤でも止まります。

本当に、東京は冷たいとか言うけど、意外にそうでもないんですよね。
人数が多いから中には親切な人もいるという、単純に比率の問題でもないと思います。
普段は無関心な態度なんですが、そういうやる時にはやる人は多いです。
以前より増えてきているようにも感じます。これも良い意味での国際化なのかな。
Commented by milktea0427 at 2017-10-15 22:49
でも処方されたら、薬剤師さんはそれを出すしかないんでしょう?
  ↓
はい、特別な理由がない限りそれを出します。
以前それを飲んで副作用が出たという情報を得た場合は、即電話して別のものに変えてもらいますが。

ちゃんと治っていないなら別の病院に行った方がよいのではないですか?
少しずつ治っているのなら別ですが。
お大事に
Commented by yattokamedagaya at 2017-10-16 11:16
*milktea0427さん

以前、医師の処方がどうにも納得できなくて、薬剤師さんに相談したら
彼も同意してその医師に電話したんですが「私の言う通りにできないの!」と一喝でした。
側で見てました。院内薬局で、そんな医師だということもわかっているようでしたが。

痛みだけならとっくに治っているんですよ。痛みがなければ、他の病院に行ってもねぇ。
まあこれはこんなぼんくら医師がいましたよという話で、別に困っていません。
僕は痛風だったと思うし、その治療はずっと続けていて信頼できる医師もいます。
名前
URL
削除用パスワード
<< あきらめの夏 iPhone歴2ヶ月半 >>