シェラカップ・トラウマ
b0066893_23291878.jpg
僕にとってキャンプの朝はこんなイメージ。──とにかく眩しい!
それは単に空気が澄んでいるから、というだけではなく
前夜の深酒の影響だということは充分わかっている。気持ちも悪いし……。
そして朝日に目を細めながらまずやることといえば
──お湯を沸してコーヒーを飲むということだ。ひとりでもやるよ。

そんな時に普通、キャンパー・山男が使うのがこのシェラカップ。
だいたいD〜Eカップくらいかな……
チタンやステンレスでできたアウトドア用の万能食器で
飲み物を入れるほかに、直に火に掛けることができるから
ご飯を炊いたり、目玉焼きを作ったりすることもできるスグレモノ。

でも僕はこれをコーヒーカップには使わない。持っているけど使わない。
なぜって?理由は色々あるけど……
まずその1、こういうコーヒーは厚めのマグで飲んだ方が旨いと思わない?
その2、口が広いからすぐに冷めてしまう。
その3、本当はこれが理由No.1。「かいにんそう」って知ってます?

僕もあまり覚えていないんだけど、小学生の頃に強制的に
学校で飲まされた回虫駆除の薬で、すごく苦くて不味かった。
これがちょうど薄めのコーヒーのような色をした液体で
入れる容器もちょうどこんな形をしたアルマイト製のカップだった。
というような記憶があるようなないような……。
早い話が、これ、トラウマってこと?
だからシェラカップで飲むコーヒーはとても不味い。僕にはね。
それで今はままごとのような、プラスチックのカップで飲んでいるんだけど
こっちの方が全然旨いんだよね、トホホホホ。
こういうものは催眠療法でも使わないと直らないのかな?
[PR]
by yattokamedagaya | 2005-06-18 23:44 | Outdoor & Camp | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yattokame.exblog.jp/tb/2961590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by supica-hosi at 2005-06-19 02:35
わぁ・・まぶしいですね。でも、スガスガシイ朝を迎えているのですね・・。
・・・ん・・でもないのですかぁ?二日酔いですか。
シェラカップ私も持っています。でも、オートキャンプには使いません。
コールマンのカップです。シェラカップは山登りに使います。シェラカップはニヒルな男の食器・・・っていう身勝手なイメージがあります。寡黙に焼けどしそうでも、微塵も感じさせず飲む・・みたいな。
あれって、熱いものには容赦ない入れ物ですよね。あじっあじっ・・・ってなったこと多いです。
Commented by yattokamedagaya at 2005-06-19 22:29
*supica-hosiさん
朝はほとんど二日酔いで飲み物しか受け付けない、という感じ。
前夜とは別人です。飲んだ後に帰らなくていいのはすばらしい(?)

シェラカップはバックパックにぶら下げて、
歩くたびにカランカランと音がするというイメージがあります。
キャンプ用品というより山用ですね。今では少ないお湯を沸かす時と
料理の下ごしらえ用にしか使っていませんが
食器はこれだけ、という人もいるみたいですね。

写真もコールマンのフォールディングタイプのチタン・シェラカップなんですよ。
本家シェラ・デザインのものは、上部は熱くならないような工夫がされているようですが
興味がないので使ったことはありません。マグカップで飲んだ方が旨いもの。
名前
URL
削除用パスワード
<< 81.3 うまく言えないんだけど・・・ >>