キクヤレストラン解体前日
b0066893_19533076.jpg
今年は、主に変わりゆく街というテーマで書いていこうと決めています
──なんてつもりは全然ないんですが、探さなくてもこのネタには困りません。
昨日も、久々にB級グルメ記事でも書こうかなと思いこの店に行ってみたら、
あららこんな状態に……。既に窓もひさしも取り除かれていて、
店内を覗いて訊ねると明日から解体ということ。足場も組み始めていたのです。
b0066893_20345166.jpg
『キクヤレストラン』──知る人ぞ知る芝浦の洋食屋さんですね。
お昼時には、近所のオフィスビルのサラリーマンで満席、行列になる人気店です。
ところがグルメレビューによっては、その辺りには飲食店が少ないから
こんな店でも行列になるんだと酷評されることもしばしば。
たしかに店は少ない。でも客が入らない店はここでも、いくらでもあるんです。
キクヤは派手な演出も特徴もあまりないけれど、長く続けている洋食屋の味。
僕は嫌いじゃない。不味くはないですよ。行列はどうかとも思うけど……。

b0066893_20352679.jpgそんなキクヤの最大の特徴は?というと
──味よりその店構えでしょうか。
昭和(もっと前?)の雰囲気を残す
このレトロな佇まい
(営業時の写真は撮り損ないましたが)。
ここの交差点の反対側には
例の『旧木村屋』があるんです。
そしてその周囲には潰れて十数年の町医者と
昔からあるようなお店が数店だけ。
隣はヤナセやシーバンスの近代的なビルで
最近では高層マンションも増えた場所なのに、
その一角だけは時代に取り残されたような
空間でした。


古い建物なんだろうなとは思っていましたが、新装開店を告げる
ここの張り紙には、ちょっと“味”のある事が書いてありましたよ。
創業61年。この半端な数字が何を意味するか。61年前は1946年(昭和21年)です。
前年の8月15日が終戦の日だから、まさに終戦直後のオープンなんですね。
ここもその当時は一面焼け野原になっていたはずです。
近所のガスタンクが空襲で大爆発したという話を聞いたこともあります。
旧木村屋のように燃え残ったビルなんでしょうか。
焼け跡にポツンと建つ洋食屋──想像できません。どんな歴史があったんでしょう。

そんな建物が今、2007年の4月13日、取り壊されようとしています。

b0066893_20362089.jpg

[PR]
by yattokamedagaya | 2007-04-13 20:55 | Eat & Drink | Trackback(5) | Comments(6)
トラックバックURL : http://yattokame.exblog.jp/tb/6728921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 歯 フェチ.com at 2007-04-13 21:28
タイトル : 歯 フェチ.com
歯の情報です。... more
Tracked from キャッシング 即日キャッ.. at 2007-04-14 10:11
タイトル : 創業37年安心と実績のキャッシング・ナカノ
キャッシング・ナカノ創業37年。ゆるぎない実績がります。... more
Tracked from レトロ 生地 (口コミ・.. at 2007-04-29 18:42
タイトル : レトロ 生地
レトロな生地で作るオシャレアイテム特選集[レトロ 時代] ... more
Tracked from 住まいのことなら!スマイ.. at 2007-10-09 16:34
タイトル : 住まい・暮らし
ブログ管理人様、突然の訪問失礼致します。 私たちは住まい、暮らしに関する様々な情報サイトを運営しているものです。 お部屋探し、マイホーム購入の際にお役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 尚、管理人様のサイトに不適切な場合は削除お願いします。 失礼致します。 m( __ __ )m ... more
Tracked from しずる!写真グルメガイド at 2008-03-07 10:19
タイトル : 芝浦・洋食「キクヤレストラン」
【2008年2月再訪】 元です。 芝浦のキクヤレストランが新装開店していたので、行ってみる。外見からすると、2階も客席?という雰囲気だったが、階段や2階フロアは見当たらず。店内もあまり前と変わらない。 定番のオムコロも変わらぬ懐かしさ。 やっとかめどっとこむさ...... more
Commented by yokusang_09 at 2007-04-15 01:51
レンガ造りの建物って露骨に「古い」ってわかるから、結構大事にしてもらえるんですけど、
戦後まもなくとか、その辺の微妙な古さの建物って、なかなか保護してもらえないですよね…。
日本にも、フランス(パリ)みたいに、古い建物は使わなくても、そのまま放置しておくような
心意気がほしいです。
Commented by supica-hosi at 2007-04-15 09:52
赤でキクヤレストランという看板が風情をかもしだしています。
キクヤというなまえも・・「いまどき」に背をむけていますし
レストランと表に持ってくるのも。
時代を通ってきた味といいますか、お料理の味もそうでしょうし
なんといいましても、当時はハイカラな店だったんだろうなぁ・・と
少し離れた場所にたって眺めたくなる建物ですね。
リニューアルするのですか、残念。
Commented by yattokamedagaya at 2007-04-15 12:23
*よくさん

ほぼ間違いなく、戦争が終わったと同時に建てたような建物でしょうね。
だからもう危ない構造なんじゃないでしょうか。
儲かっている事だし(笑)、ここは一発コジャレた店にしちゃおう! という
店主の気持ちもわからんではないですけどね。
都も国もこの程度の建物はそれでいいんじゃない?みたいな……。

戦争で空襲された街では、日本中どこでも同じような時期を迎えているんでしょう。
最近仲間内でも、店や街が変わっていくような話題ばかりです。
フランスの状況はしっかりチェックしてきてください。……いいなぁ(笑)。
Commented by yattokamedagaya at 2007-04-15 12:41
*すぴかさん

上には神谷バー(デンキブランの)風の「キクヤレストラン」。
サンプルケースには「レストランキクヤ」、どっちなんだよ!
これは昭和のお店のお約束です(笑)。
ひさしには英語で「Restaurant Kikuya」と書いてありました。

オープンしたのは、巷ではヤミ市やGHQの頃。食うものにも困っている頃なんですよね。
そんな時に洋食屋が必要?だからこそ必要なのかな?誰が客だったんだろう?とか
その後の復興、徐々に元気になって変わっていく街、地域の住民の事など。
そんな時代背景も考慮して想像すると、ただのボロレストランじゃないですよね。
Commented by ねにぇ at 2008-02-07 19:59 x
キクヤレストラン 店舗の建て替えが終わって
お店の前にリニューアルオープンの日が告知されていました。
3月3日月曜日からということです。
楽しみですっ☆
Commented by yattokamedagaya at 2008-02-09 09:41
*ねにぇさん

そうですね。この頃見に行っていませんでした。
まだ内装が終わっていないようですね。
ちょっと遅れたようですが、3月3日、楽しみです。

ねにぇさんはご近所の方ですか?
そのすぐ側の「インドレストラン アミン田町店」知ってますか?
あそこも今月20日まで休業で、こちらは再開されるか心配です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 甘くないケーキ 港区三田一丁目-2 >>