カテゴリ:Art & Entertainment( 68 )
ゾウ殖中
b0066893_17113956.jpg

こいつはただの緑の象じゃないけどね、一応バルブ
『下町ロケット』撮影現場でも大好評?
マニアックな人気の『ばるちゃん』にフィギュア登場!
ばるちゃんグッズ、我が家にも増殖中です


b0066893_171235100.jpg

梱包に使われていた新聞
業界新聞(専門紙)も様々です




[PR]
by yattokamedagaya | 2017-03-27 17:17 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(11)
浜松キャラ
b0066893_18155184.gif

浜松市のキャラクターといえば、2015年ゆるキャラチャンプの『出世大名 家康くん』
最近『出世法師 直虎ちゃん』というのも出てきたらしいが(公募かな?)。
だがこれは東京の、JR浜松町駅のキャラクター。浜松町駅なら小便小僧なんじゃないか
と思っていたら、こんなやつがいつの間にかデビューしていたぞ。

こいつの名前は『はままっちょ』。なるほど、それな。その路線で攻めてきましたか。
この駅は「はままつちょう」ではあるけれど「はままっちょ」と言うこともあるからね。
静岡でも浜松を「はーまつ」、静岡を「しぞーか」というあのノリか。

だけど、それはそれとしてこの身体、かなり手抜きなんじゃないかい(これも公募?)。
しかも、マッチョと言うより、こりゃ覆面レスラーだよな。そしてこの顔、つぶらな瞳。
あまりここにこだわると、政治的に正しくないと非難されそうで恐いんだが
世界的常識といたしまして、「マッチョ+フェミニン=Gの人」という計算式が
成り立ってしまうのではないだろうか。それでいいのか?
もちろん性差別の意識をなくすという意味で、あえてそういう設定というのならそれもアリ。
全然否定はいたしません。──プロフィールないからわかんないのよ。

b0066893_18173523.jpg

で、当然のことながら、キャラクター展開をするには人間サイズの立体ものも必要だ。
当然それもできている。すでにイベント等で活躍しているらしいんだが
でもこれ、そのまんまじゃないか。まんま、中の人じゃなくて覆面レスラーさん。
プルシェンコみたいに、筋肉の肉じゅばんを着るのかと思っていたけれど。
まあ『やなな』という前例もあるか。着ぐるみ泣かせの暑い夏場でも有利であろう。
その横にいるゴキブリみたいなやつも、浜松町のキャラクターなのかな。

b0066893_18183952.jpg

ところで、小便小僧の方なんだけど、外の通路からホームを覗いてみると
あらら、今期の着せ替えはドラゴンボールの孫悟空で、ミョ〜にはまった子供バージョン。
いつからこんなコスプレ路線になったんだ?──と思っていたら、
これはJR東日本の企画で『ドラゴンボール スタンプラリー』というのをやっていて
それに連動して、ということらしい。ちなみにこの浜松町駅の割当は『ブロリー』。知らん。



[PR]
by yattokamedagaya | 2017-02-27 18:28 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(8)
賞品到着
b0066893_17185472.jpg

あの『伊藤園新俳句大賞』の賞品が届きました。受賞作品掲載のペットボトル。
早かったですね、1年以上待ったけど。予定ではたしか来年なんです。
でも毎年やっているんだから、1年以上待つのはおかしいよなぁ……まあいいか。

こういう公募の場合、だいたいどこでも受賞その他のお知らせはメールか電話。
中にはWebサイトのみで発表。賞品は発送をもって、というものもあるんですが
伊藤園さんの場合はだいたい郵送。これも長い歴史がそうしているのか。
賞品も宅配便じゃなくて、ど〜んと『ゆうパック』で来ましたよ。

ど〜んと、と言うのは……

b0066893_17203785.jpg

届いたのは、このダンボール箱だったんです。
てっきりサンプルが2〜3本だと思っていたのに、1箱ですよ。太っ腹。
525mlペットボトルが24本、2ダースです。もちろん中身入り。

b0066893_17231952.jpg

で、これがワタクシの作品。俳句以外、書き換えている部分もありますが。
ここは雅号でなく本名・実年齢だから、個人情報一部流出になっちゃうんです(笑)。
まあ調べればすぐにわかるけど。わかっても晒さないでくださいね。

ということで、こんなのなんです。本当に9歳児の作品なら大賞かもしれません(笑)。
短詩形でも詩の意味を語るのは野暮というものなので、判断はご自由に。
自信作ではないのです。だからちょっとこそばゆいのですが。

b0066893_1724397.jpg

これ売っちゃおうかな、なんて思ってもいないけど、そういう人が多いのかな
表面には「販売できません」の文字……と思ったら送り状で隠れてた。
「自動販売機では販売できません」でした(笑)。なぜかわからんが。コールド専用?
やっぱりこれは店に出荷する商品そのままの梱包なんですね。
でも、こんなにもらっても。もう寒いし、こういうの温めて飲みたくないし。
それに田舎は茶業農家のワタクシ、お茶だけは売るほどあるのでね。
賞味期限が来年の7月だから春まで保存……か、名刺代わりに知人に配りましょうかね。




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-11-14 17:45 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(4)
日比谷公園ガーデニングショー2016
b0066893_1647757.jpg

もうあれから4年も経っているのか。最後に観たのは2012年。しかもあの日は開催前。
そして今回は最終日の閉会後。既に太陽がビルの向こうに沈んだ夕刻です。
解体作業は粛々と進行しておりました。なので今回は残っていた作品のさらに一部分のみ。

ちなみに、この竹組みは解体中ではなく、こういうデザインなんですよ。
何となく鍵盤楽器をイメージする、ダラララッと動きのあるこの部分が気に入りました。



b0066893_16483433.jpg


b0066893_1649393.jpg


b0066893_16493948.jpg


b0066893_1650060.jpg


b0066893_16502280.jpg


b0066893_16504272.jpg


b0066893_1651341.jpg


b0066893_16512234.jpg


b0066893_1652572.jpg


b0066893_16522684.jpg


b0066893_16525145.jpg


b0066893_16531548.jpg


b0066893_16533738.jpg


b0066893_16535578.jpg


b0066893_16542595.jpg

撮っている間にも暗くなり、解体も進み、もう邪魔になるだけなので撤退です。
日比谷公園ガーデニングショーは10月最終週の9日間。来年は忘れないようにしないと。


これ、見るからに夕暮れですよね(笑)。やはり昼の光の下で見る方が素敵です。
作品全体も写っているこちらもどうぞ。2009年も夕方になるんですが。

●日比谷公園ガーデニングショー2009 
●日比谷公園ガーデニングショー2011-1
●日比谷公園ガーデニングショー2011-2
●ガーデニングショー2012 メイキング1
●ガーデニングショー2012 メイキング2




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-11-02 17:37 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(6)
変身願望

b0066893_17301669.jpg



新朝ドラ『べっぴんさん』の感想 ──『風と共に去りぬ』みたい。

友人の懐かしい宣材が見つかったようなので。これは新曲のB5フライヤーですね。
イケメンでしょ。彼は日系アルゼンチン人なんです。
もう亡くなっているんですがこの頃、映画、ドラマ、CM曲をよく歌っていたんですよ。

『虹色の心』。リチャード・クレイダーマンのピアノでも知られてますね。
フジテレビのドラマ『変身願望』のテーマ曲で、劇中では彼の歌も流れていたらしい。
当時ドラマなんてほとんど興味なかったから、僕は知らないけれど。知ってる?
毎週金曜、夜10時から始まる『金曜劇場』。『北の国から』もやっていた時間枠ですよ。
その1983年夏クール。十朱幸代、中村敦夫、岸田今日子の出演で
精神病プラス美容整形&不倫の、昼ドラみたいなドロドロした作品らしい。
岸田さんが顔を整形した上に精神を病んで、毎回「私、きれい?」と言うんだと。
今不倫ブームだから、再放送でウケるかも。そういえばこの曲も昼ドラっぽいもんね。

30年以上前。今は良くも悪くも、すぐにネットで晒されてしまうけれど
この頃のものは、評判になったもの以外は情報の波から外れていて
ちょっと調べただけでは、ほとんどわからないんですよね。
僕も死んだ後に何か残せるかな、なんてことを思ってしまう秋の夕暮れ、なのです。


b0066893_1731026.jpg

そして夜の恵比寿ガーデンプレイス。だいぶ涼しくなってきて、もうすぐハロウィン。
その後は、またこの広場にはバカラのシャンデリアが灯る。毎年続くYGPルーティーン。
早いね、2016年も後3ヶ月足らず。僕はあと何年生きられるんだろう。

*話は違いますが >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2016-10-03 17:46 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(6)
flower carpet
b0066893_18335255.jpg

六本木ヒルズのイベント。『ブリュッセル・フラワーカーペット』東京初開催!
ベルギーのブリュッセルで2年に1度開催される『フラワーカーペット』
六本木ヒルズに再現しました。これは生花を敷き詰めたフラワーアートなんですね。

b0066893_18342964.jpg

場所は、この毛利庭園とけやき坂通りの間の『六本木ヒルズアリーナ』。
東京スカイツリーでもやっているらしい。あちらは別デザイン。

b0066893_18345773.jpg

これが全体図。2004年の作品の一部を切り取ったものなんですね。
本家ブリュッセルのフラワーカーペットチームが製作したということです。

b0066893_18352815.jpg

フラワーアートと言えば、日本でも各地で開催している
『インフィオラータ』を思い浮かべますが、あれはバラだけ。こちらはいろいろ。

b0066893_18361112.jpg

手前はバラだけど白いのは菊かな。その向こうのブルーはオリジナルにはなかった色。
仕様は今回の日本に合わせて変えているらしいです。

b0066893_18364150.jpg

曇天とカメラのせいで写真は綺麗に見えないけれど、残念ながらこのイベントは明日まで。
そして本家ブリュッセルの方は8月の12日から15日まで。今年は痛ましい事件もあったけれど
日本・ベルギー友好150周年なんですね。だからあちらのアートも今年は純和風の予定

b0066893_18371488.jpg

そしてブリュッセルと言えば『小便小僧』。皮肉だけれど、今や平和の象徴です。
この会場にはベルギーの前衛作家 Patrick Gerola(パトリック・ジェロラ)氏の作品が。
小便小僧自体が作品なので、これはボディ・ペインティングということ?
着せ替えとはまた違った驚き色で、先端までキッチリ塗り分けてあります(笑)。




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-05-20 18:43 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(12)
どうしたもんじゃろのぉ
b0066893_7564831.gif

  「どうしたもんじゃろのぉ」って言葉、『とと姉ちゃん』でよく使われるらしいですね。
  それ聞いて、こりゃ今度は広島辺りの話かいなと思っていたんですが、え、浜松?
  これが遠州弁なんですか? へぇ、聞いたことないなぁ、浜松出身ですけれど。
  なので今朝初めて観てみたんですが、何だ遠州弁なんてほとんど使ってないんですね。
  それじゃ判断のしようがない。朝ドラって方言バンバン使うものなんじゃないの?

  方言が使われると、そこで育った人間はどうしても批判的になるんですよね。
  理屈抜き、感覚的に違いがわかるから。でも他地域の人はそれらしければそうだと思う。
  昔『龍馬伝』を観た高知出身の友人が、広末涼子以外の出演者に皆ダメ出ししてたけど
  そういうことなんでしょうね。僕にはただの演技的な違いにしか見えなかった。

  それならこのシチュエーションで使う遠州弁は? となるともう考えないと出ないけど
  我々の世代なら「どうすっかなぁ」かな。標準語? または「どうしっかなぁ」。
  こてこての母の世代でも「どうせすかいやぁ」、ちと違う(笑)。でもね
  これも流行語狙いなんでしょ。方言指導員もいるんでしょ。ならデタラメじゃないはず。
  どこかの地域で使われているんでしょうね。その頃なら使われていたのかも。
  でも浜松出身者が懐かしくも何ともない言葉が、代表的な遠州弁として流行るのも……
  どうしたもんじゃろのぉ(笑)。


  4/21追記:その気にならなくて1週間非公開にしてたら、ありゃりゃ、家族は東京に引っ越していますね。
  ということは、もう戻らないんでしょ。ますます、あまり浜松関係ないじゃん、という展開。
  それでも口ぐせだから、ずっと(遠州弁の)「どうしたもんじゃろのぉ」を使うということ? ふ〜ん。




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-04-14 18:02 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(10)
港区図書館のしおり
b0066893_1744020.jpg

最近の図書館は、民間委託じゃなくても、
本屋のように、いろいろサービスを考えてますよね。
本に興味を持ってもらうようなPOPを書いたり、
普段読まないジャンルの本を薦めたり、戦争したり(笑)。
今年は「本の福袋」も流行ってましたね。
この栞はその頃に作ったものなのかな。可愛いでしょ。
単行本なら、なくても構わないけれど、
文庫本はシャレた栞を用意してくれると嬉しい。
でも数ヶ月後、もう1枚もらいに行ったらなくなっていて
この下のタイプに替わっていたんです。


b0066893_17451125.jpg

これはこれでいいけれど。今のところはこの8種類かな。
港区は高低差が大きいから坂が多いんですよ。
それにこの辺りの図書館利用者は、古くから住んでいる人よりも
よそから移り住んだ人が多いから、これは意味があるのかも。


b0066893_17453848.jpg

でも重要なのはこの裏面なんでしょうね。というよりも、こちらが表面かな。
小学館のマークのバリエーション?(笑)

たまにありますよね、変に波うっている本。ひどいものは廃棄処分でしょう。
これを見ると、図書館側でも雨の日に気にせずに本を濡らす人には
困っているんでしょうね。強くは言えないいだろうし。
まぁ、コーヒーやお茶で濡れた染みや、鼻くそや鼻毛が挿んである本よりはいいけれど。
隅の方だけ波うっているのは、舐めた指でページをめくった跡? あれもねぇ。

[PR]
by yattokamedagaya | 2015-11-18 18:09 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(10)
お〜いお茶 新俳句大賞
b0066893_16512213.jpg

これは伊藤園が主催する公募、「新俳句大賞」の作品集。今年で26回になりました。
一等賞を獲った時だけ自慢するよと言ったんですが、たぶんこれは無理。ふたつの意味で。
ひとつは応募数が桁違いだということ。二桁違いか。 普通の公募はだいたい数千から2万句。
多くてもせいぜい10万句なのに、これは今回176万5,150句。日本一です。
そしてこの公募は、学生かご年配の方が有利なんじゃないかな、ということなんですよ。
応募数1,765,150句と言いましたが、そのほとんど、90%以上が学生なんです。
授業の一環として、学校でまとめて投稿されるんでしょうね。
そして年齢も関係あるんじゃないかな。その歳にしてのその発想が評価される、ということ。
実際、最高賞の文部科学大臣賞は、ほとんど小・中学生。または80歳以上なんです。

そもそも「新俳句」という言葉自体、耳慣れないでしょう。
新俳句とは俳句としての決めごとを排除した俳句、ということなんです。
つまり、季語がいらない、切れ字も特に必要はない、文語体でなくてもいい等々自由。
人を直接対象とした句も多いんです。それなら俳句じゃなくて川柳じゃないか、
と言いたくなるかもしれないんですが、いやいや、川柳、特に公募川柳と違うのは、
笑いやウイットではなく、発想のユニークさや言葉から浮かぶその世界観がポイント。
「あなただけの心の風景」というのがコンセプトのようです。
だから、やっぱりこれは俳句のジャンルなんですね。

ということで、今回ワタクシが受賞した賞なんですが、b0066893_16522917.jpg
それは佳作特別賞。賞金は残念ながらないんです。
この公募の最高賞は、ナント賞金50万円なんですが、
賞によって賞金・賞品の差が大きいんです。
まあ受賞作品は総数7,000句ですからね。
賞品はあります。それが上のA5判300頁の作品集。
そしてもうひとつがこの商品パッケージへの掲載。
これが特別賞付き佳作の特典なんですね。
佳作以外の受賞作2,000句が印刷されるんです。

ほら、見たことあるでしょう。こんなふうに
『お〜いお茶』のペットボトルの裏側に。
ワタクシ仕事上、印刷物は見飽きているんですが
自分の作品として印刷されるのは嬉しいかも。
良い記念になりますよ。でも私は順位が下なので
掲載されるのは2年も先になるんですと。

さて、その私の句はというと──言いたくない(笑)。
自己評価でそれほどいいと思わなかったんです。
では、この右のペットボトルの句なら?
これが今回の最高賞。8歳の女の子の作品なんですよ。
どう? 私は良いと思いますよ──作者が8歳ならね。
結局全員が同じ土俵で勝負できる類のコンテスト
じゃないんでしょうね。審査は著名人、厳選ですよ。
でも確信が持てないんですよね。何なら良いのか。
まぁ勝負と考える時点で間違ってるんだろね。
そんな新俳句大賞。第27回の募集が始まってます。
皆さんもいかが? ビギナーズラックがあるかもよ。



[PR]
by yattokamedagaya | 2015-11-15 17:55 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(14)
ゆるキャラグランプリ2015
b0066893_16595968.jpg

やってますねぇ、またまた『ゆるキャラグランプリ』。結果発表は今月23日。
今年は決戦の地が浜松なので、地元の『出世大名 家康くん』が頑張っているようです。
絶対てっぺんを取ってやるんだという勢い。これまで2位はあるんですが。
浜松は大きな会社が多いから、世界中から組織票がドドッと入れば難しくはないでしょう。

で、今サイトを見てみたんですが……なんだ、また2位じゃないか。
1位は愛媛県の『みきゃん』か。嫌いじゃないけれど意外。
3位が深谷市の『ふっかちゃん』。こちらは今年で引退らしいので頑張るのもわかる。
でも家康くんはいいよ。地元びいきじゃなくても好きなんですよね、とぼけてて。

ところで、キャラクターと言えば、忘れちゃいけないのがこの『ばるちゃん』
日本バルブ工業会のマスコットです。当然企業枠で出場しているはず
と思って探したけれども、これがどうもエントリーしてないみたいなんですね。
ばるちゃんは、結構ものづくりの現場では知られているんじゃないのかな。
それに『下町ロケット』の撮影現場にも、このぬいぐるみがあったようですよ。
バルブはまさに今が旬じゃない。何かタイアップ企画をやれば知名度がグンとアップして
組織票がなくても、浮動票で良い勝負ができると思っていたんですが。

ばるちゃんは残念。でも、代わりにあの『たまちゃん』を見つけちゃいましたよ。
兵庫県で『RU & SU PROJECT』所属? 何だろ、よくわからないけれど。
[PR]
by yattokamedagaya | 2015-11-03 17:37 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(12)