「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Internet & Blog( 45 )
同じですか?
b0066893_17311553.jpg

僕のシステム環境はこのモニター画像に表示されている通り
OS が Mac OS X ver. 10.5.8(Leopard)、ブラウザは Safari ver. 5.0.6。
それを iMac 上に表示して、スクリーンショットで切り取ったものが下の画像。
どうですか? 皆さんのPC環境でも同じように表示されますか?

b0066893_17314437.jpg


ちょっとややこしいですか?(笑)>>
[PR]
by yattokamedagaya | 2012-01-18 18:03 | Internet & Blog | Trackback | Comments(10)
そうかな?と思いつつ・・・
b0066893_18541561.jpg

ウインナー、生で食べる?食べない?

こんなコラムがあった。これはつまり「生で食べるのはおかしい」ということ前提の記事。
生で食べる人がいたとしても、何か特別な理由があるはずだ、というような記事ですよね。

まあこういうネットコラムは、元々筆者の疑問からスタートするものだから偏見はあるし、
それは人それぞれの判断の違いであったり、その地域によって違う常識である場合も多い。
それを皆でああだこうだと突っつき回すのも、ネットでの楽しみ方のひとつだと思うから、
僕も今ではこの種の記事以外は軽く流して読むけれど、これはちょっと気になったんです。

というのは以前キャンプのバーベキューの時、僕が袋から生で数本ボリボリ食べていたら、
それを見ていた仲間のひとりに、「何やってるんだ!」と注意されたことがあったからで、
まるで生肉をかじっているのを目撃したように、それは非常識なことだと言うんですよね。

僕も、ウィンナーやフランクフルトなら、茹でたり焼いたりした方が美味いと思いますよ。
でも生と言っても本当の生じゃなく殺菌加熱してあるわけだし、それもひとつの食べ方だ。
食パンをトーストせずに食べることと、さほど変わらない行為だと僕は思っていたんです。
他の仲間に聞いてみても「俺はあえて生では喰わんけど、好みの問題でしょ」という程度。

僕としては、驚くこの人の方が変なやつ。あんた以外いないよ、くらいに思ってたんです。
その後、日常話題にソーセージはあまり出てこないので、今の今まで忘れていたんだけど。
でもこの記事を読むと僕の方が少数派?じゃないにしても「信じられん」と言う人は多い。
そういうもんかな?世の常識は。でも、とりあえず謝っておいた方がいいのかな、これは。
[PR]
by yattokamedagaya | 2011-01-21 19:05 | Internet & Blog | Trackback | Comments(4)
抜け忍
b0066893_17124756.jpg

Exciteブログでもブログパーツで「忍者アクセス解析」が使えるということなので
この機会にひと月ほど試してみたんですが、結局やめることにしました。
人によってはこれ、かなり嬉しい機能だと思いますが、僕は…なくてもいいかな。

一応理由はこんなこと >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2010-10-25 17:30 | Internet & Blog | Trackback | Comments(6)
天気予報&天気実況
b0066893_172238100.jpg

日本全国、もう梅雨明け?でもとっくに明けている関東の梅雨明け日は訂正されるはず。
最近の東京は、毎日晴れて曇って雨降って。一日の中に天気が全てあるという感じ。
どれかひとつだけという日はないものか。予報も難しいからか、見る度に変わっている。
週間天気予報どころか、当日の天気も時間毎に書き換えられるから予定もたてられないぞ。
それで最終的には当たったことになっても、天気予報の意味があるんだろうか。
昔の予報の方が、外れたら外れたで潔いような気もするけどね。

まあそれはそれとして最近気がついたんだけど、現在の東京港区辺りの天気もわかる
当ブログ左メニュー欄にあるライブカメラ東京タワー画像。
夜間設定で調節してあるから、太陽光の強い昼間の画像はもうボロボロで
それはもう諦めているんだけど、光が弱くなる夕暮れ時からタワーが点灯するまでの時間。
これが予想外に綺麗なので見てみて。カメラの性能の悪さが良い方向に出ているみたい。
それから悪天候の日もまた良い。偶然稲妻が光った瞬間が捉えられていたりして。
[PR]
by yattokamedagaya | 2009-08-09 17:27 | Internet & Blog | Trackback | Comments(2)
間違いURL
間違い電話は嫌なもの。番号は慎重にプッシュしなければなりませぬ。
ところが、電話番号が合っているのに、全く違う人が出てくることも稀にある。
それはこのブログでも。これ、エキサイトだけのことなんだろうか。

ブログを完全に閉鎖して削除してしまうと、使っていたURLはその時点でフリー。
つまり他の人が新たに取得することができるわけだ。猶予期間があるのかどうか知らないが。
でもこれはちょっと困ったことになりますよ。
なぜなら、検索でヒットした記事や、自分の過去の記事からリンクを辿ると
現在のURL持ち主のブログに辿り着いてしまうんだから。

そういう経験ないですか?僕はある。そしてその場合、相手が別人だと、すぐに気付く?
同じ人だと思いませんか?結局やめるのを撤回して、スキン変えて新装開店したのかな、と。
元々ブログなんて自分をさらけ出している人ばかりじゃなく、顔も名前も知らない人が大半。
声も聞けないから、間違い電話よりもたちが悪い。性別も自己申告で、定かではないんだよ。
たとえ雰囲気が全く変わっていても、それはそれで事情があるからと納得しないだろうか。
僕の場合は「ずいぶん弾けキャラになっちゃいましたね〜(笑)」とコメントする前に
行動があまりにも違うので別人だと気付き、そのまま引き返したけど危ないところだった。

IDもURLも、使いたいのは誰でも似たようなもの。既に使われていることも多いはず。
後ろに数字が付いている人は、その対応策ということも多いんでしょう。
だから使われなくなったURLは、解放した方が良いと思うのはわかるんだけどねぇ。

これ、電話(固定電話)の場合は、半年経てばその電話番号は他の人が使えるらしい。
NTTに訊いた。僕はそれで酷い目にあったんだから忘れない。携帯電話はどうなんだろう?
[PR]
by yattokamedagaya | 2009-05-28 19:38 | Internet & Blog | Trackback | Comments(4)
犬を撮る人を撮る
b0066893_18521244.jpg

ブロガーなんだろうか、ねばるねばる。撮影はそうでなくっちゃ。
思うように動かない愛犬を、なだめすかして場所変えて。
そんな姿を窓ガラスの後ろから眺めていると、ちょっと楽しいね。
彼女は気付かないようだけど、ワンちゃんは時々こちらにカメラ目線。
面白い写真撮れましたか? 僕は撮れましたよ。

[PR]
by yattokamedagaya | 2009-04-15 19:34 | Internet & Blog | Trackback | Comments(8)
コメントの流儀
パソコン通信から始めた人は別として、ネットの世界は若い人の方がベテランです。
ここでは私もようやく青年期に入った、というところか。
でもイマイチわからない。というよりも馴染めないところが多いのです。
この頃昔の記事を読み返すことが多いんですが、4年前はこんなことを書いていたんですね。
いやぁ怖いもの知らずというか何というか……(コメント欄は解決済みなので無視して)。

ブログの意味も価値観もそれぞれ違う人間が交流してるわけだから、気を遣わないと。
訪問したら必ずコメントを書けだの、鍵コメはダメだのというのは
今でもガキのたわごとだと思うけど、そこに価値を認める人がいることも認めねば。
他人のことはよくわからない。でもわざわざ進んで誤解を招くこともない、とは思う。
ということで、私はコメントする時はこんな方針だったんです。

他所で書く場合は……
●他のコメントと同じようなコメントはなるべくしない
●一応他のコメントと同じくらいの文字数
●基本的には記事に沿った内容のコメント
●返事に困るような意味不明なものは書かない
●冗談、猥談、軽口は避ける。乱暴な書き方も
●挨拶だけや、顔見せのようなコメントはしない
●興味のない記事には無理にコメントしない
●褒めたければ褒める。褒めたくなければ褒めない
●作品評価のようなコメントはしない
●否定、意見はなるべくしない。下手な慰めも

自分のブログの場合はこれにプラスして……
●いただいたコメントと同行数か、プラス2〜3行のお返事コメント
●コメントは必ず自分のブログで返す方式。訪問は別
●一応1対1なんだけど、他の人のことも考慮する

だいたいこんなところかな。
まあこれだけ考えてしまうので、他所では「……コメント書かなくてもいいか」と、
読んだだけで帰ることの方が多いのです。

ということで、今頃こんなこと書いても意味がないのかもしれないけれど
一度書いておきたかったんです。それともうひとつ。
うちなんてたいしたブログじゃないけれど、コメント欄だけは自慢できるんですよね。
(あたりまえかもしれないけど)長文もちゃんと読んでくれてるし、その上
何分かけて書いているのか……記事一本分ほどの長いコメントしてくれる人も多い。
もちろん長い短いだけでなく、皆さんのその内容の濃さには感謝しております。
でもこれは絶対コメントが欲しい、と思うような記事に限ってコメントはないものですね。
その理由もわからんではないけれど。ここがブログの限界というものなのか……。

またまた業界のタブーを書いてしまいましたかな(笑)。
ブログとは(Internet & Blog)なんてカテゴリは、うち以外あまりないわな……。
[PR]
by yattokamedagaya | 2008-11-13 23:35 | Internet & Blog | Trackback(1) | Comments(10)
男は黙って・・・
b0066893_23435611.jpg

NHK『没後10年 黒澤明特集』の、三船敏郎出演作も明日の『赤ひげ』までか。
色付きのクロサワはあまり興味がないから、僕が観るのもこれが最後になるのかな。
黒澤作品では志村 喬さんが好きなんだけど、でもこうして続けて放映されると、
やっぱり三船敏郎はカッコいい。ダース・ベイダーなんて演らなくてもよかったよ。

この「男は黙って」というのは名コピーであり、この三船さんのイメージであり
そしてその時代のY染色体を持つ者が憧れたイメージなのだ。
どこかで書いたけど、僕は旧い人間なので、そんな「男は黙って」と、もうひとつ
「羊の皮を被った狼」が、今でも変わらず価値観の重要な部分を占めている。
つまり男はべらべらとどうでもいいことは話さない。知識があってもひけらかさない。
そこがやっとかめさんと、リアルな世界の僕との違うところなのだ。
多分にお節介な所はあるし、必要な時は話さなきゃならんとは思うんだが。

だから何を言いたいかというと……ブログは居心地が悪いのよ。そういう価値観の男には。
でも黙ってるわけにはいかないもんね。それじゃまるでラジオで言う放送事故のようなもの。
「・・・」とか「シ〜ン」で全部書いてみる?(笑)
特にここの場合「僕はこう思うんだけど、あなたはどう?」という性格のブログなので
自分が発信しないことには成り立たない。だから饒舌になる。文字数も増える。
失敗を経験する度に、誤解を恐れてさらに饒舌になる。
ひけらかしている気もないんだけど、知っていることも少しは書かないと話がまとまらない。
だから、たま〜にエントリーするならいいんだけど、続けて書いていると自己嫌悪に陥って
イヤ〜な気分になってくるんですよ。困ったもんで……。
[PR]
by yattokamedagaya | 2008-10-31 23:47 | Internet & Blog | Trackback(1) | Comments(0)
コメントとエントリー
そろそろブログも4周年になるけれど、今でも違和感があるのがこのコメントとエントリー。
英語圏のBLOGがその通りだから、それをカタカナにしただけなんだろうけど。

でも日本的カタカナ語の「コメント」って、もっと上から目線の言葉じゃないだろか。
コメンテーターや評論家が「評価してやろうじゃねぇか」と身を乗り出すような。
まあブログでもそんな“コメント”はあるけれど、大半は違うよね。もっと穏やか友好的。

もうひとつの「エントリー」は、これは日本ではコンテストに応募する時だろう。他にある?
さらに言えば、ブログでは同じ意味で「投稿」。そしてそれを「記事」とも言う。これも変。
他人じゃなくて自分のブログだろう。何で投稿?それに記事って、そんな大層なもの?
これは日本語的にもおかしいんじゃないだろか。でも他に何を使うかといえば……?。

──ちょっと脱線、話をカタカナ語に戻します。
結局英語本来の意味とカタカナ語で使う意味とは、微妙に違う場合が多いから困るんだ。
カタカナ語を使ったばかりに意思疎通がとれない。これは仕事でも多いはず。

最近の私の仕事の中で「何か違うんだよな〜」「噛み合わねえな〜」と感じた言葉は
まず「パフォーマンス」。パフォーマンスって、今では普通良い意味で使うでしょ?
マシンの性能や機能。人の能力。そしてそれを披露するという意味でよく使われる。
でも人目を引く派手な行為もパフォーマンス。以前はこちらが主流だったかも。
そして「コミット」。これはカタカナ語的には関わる、関係するというような意味、でしょ?
でも本来はカタカナ語のそれより、もっと責任を伴う言葉。誓約、公約というような。
「てにをは」で意味も違ってくるし。

あるビジネス書を読んだら、意味が複数あって紛らわしいカタカナ語は注釈を付けるべき
と書いてあったけど、そうまでしてカタカナ語を使わなければならないんだろうか。
おかしくない?その注釈の部分を日本語で言えばいいだけのことなのに。
頭良いように見せようとして使っても、実際は頭悪いような、そんなカタカナ語。
でもたまには使わんとなめられるしな……。
[PR]
by yattokamedagaya | 2008-10-12 18:02 | Internet & Blog | Trackback(1) | Comments(2)
写真ブログの憂鬱
b0066893_2325489.jpg

今さらながらの花写真、その2。一応コスモスも撮ってはいるんだけど……。
写真ブログの方にアップできるほどの“作品”にはなっていないと思う。
これに限らず、写真ブログと構えてしまうと恥ずかしくて出しにくいものばかり。
でもせっかく撮ったんだからと、いつも“安全な”こっちのブログに写真が回ってくる。
それじゃいかんと、たまに妥協して向こうでもアップしているんだけど、
写真に自信がないから文字が多くなる(笑)。なんだか憂鬱の種が増えただけみたい。
以前はもっと低いレベルで満足していたから、これは成長なんだと喜びたいが。

b0066893_23261782.jpg

[PR]
by yattokamedagaya | 2008-10-12 00:36 | Internet & Blog | Trackback | Comments(8)