「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Bldg.(In the City)( 28 )
中銀カプセルタワービル
b0066893_18424526.jpg

国立競技場もひどい話でしたね。二転三転、話が違う、責任者は誰だ。そんなことばかり。
この建物もそうだったのかな。ここは銀座の『中銀カプセルタワービル』です。

b0066893_18433374.jpg

洗濯・乾燥機を積み上げたようなユニークなこの形状は、故黒川紀章氏による設計。
これはシオサイト側から見た全景です。近くに首都高速があって下まで写せませんが。

b0066893_1844491.jpg

異様な外観であるだけでなく、このカプセル(部屋)はひとつひとつ交換可能なんですよ。
実際交換されたことは一度もないけれど、1972年にできた建物としては画期的な発想でしょ。

b0066893_18445856.jpg

でもここも築43年。老朽化やアスベスト問題で、既に10年前に建て替えが決定。
だからこの10年間、僕はなかなか取り壊さないなぁと思って見ていたんです。

b0066893_18454248.jpg

僕の知り合いで、ここを事務所にしていたデザイナーがいるんですが
取り壊しが決まったということで、もう10年前に追い出されているんですよ。

b0066893_18461849.jpg

ほら、もう住んでいるように見えないでしょう。防護のネットで被われて、まるで廃墟。

なのにおかしいなぁと思っていたらつい最近、決まったはずの建て替え案は廃止になって
保存の方向で事が進んでいるというような話を小耳に挟んだんですね。

b0066893_18472535.jpg

「え、ホント?」と見に行ったら、確かにこのビル名や入口周辺にあったはずの
「危険だから近寄るな」とか、取り壊し予定を書いたような張り紙がなくなっている。

b0066893_1848949.jpg

調べてみると、建て替えも保存もまだはっきり決まってないようですね。ここも白紙撤回?
それよりも、まだ人が住んでいることにビックリ。営業は1階のコンビニだけだと思ってた。

b0066893_18485685.jpg

それどころじゃない。ここは相変わらず人気があるようで、賃貸物件は空き待ち状態らしい。
一応銀座で、狭いけど高い部屋でも月6万円。それを考えれば悪くないんだけれども、へぇ〜。

b0066893_1850274.jpg

ただ保存するにしても、続けて住むならこれでは無理。モニュメントとしてもこれではねぇ。
早急な対策が必要でしょう。改修・保存の費用等、いろいろ問題山積のはずですが
見ているだけの我々としては、これは当然最適の状態で保存していただきたいものです。
追い出され損の友人には、面白くないところもあるでしょうけれど(笑)。


関連サイト
■中銀カプセルタワービル(wikipedia)外部リンクも興味深い
■カプセルルームお宅拝見           
■中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト

[PR]
by yattokamedagaya | 2015-08-15 19:06 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(8)
待ち合わせ-3
b0066893_18295255.jpg

今回はちょっとマイナーかな。でも知ってるよ、ロングビーチね。で、1Fのスタバね。
いくらうっかり者の俺でも、まさか大磯まで行ったり、飛行機に乗ったりはしないぞ。

b0066893_18312917.jpg

とは言え……ここ……ツタが絡まる築何十年?
それに……なんだ、またここもスタバがないじゃないか。


More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2014-10-24 18:43 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(10)
待ち合わせ-2
b0066893_193847100.jpg

六本木ヒルズ……ああ、ここだここだ。 なんだ、思ったより小さいな……。
で、2Fのスタバで待ち合わせ、と。……え?どこにあんだよ。
というより、中に入れないじゃないか。あ〜あ、雨降ってきちまったよ……。


シリーズにしてやる(笑) 待ち合わせ-1

[PR]
by yattokamedagaya | 2014-10-05 17:48 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(12)
窓の灯
b0066893_16433564.jpg


今日は寒かったですねぇ。冷たい雨も終日降っていたし。
こんな金曜日はさっさと家に帰って
サッカーでも観ながら、温かい鍋をつつくのも良いんじゃないですか。
これは今日の写真じゃないんですけどね。
このひとつひとつの灯りの下にそれぞれの生活があるんだな
なんてことを考えながら撮っておりました。

b0066893_16441213.jpg

それにしても、最近の照明はカラフルですよね。
うちの正面に見える部屋なんて、何か変な商売でもしてんのかと思えるような
いつも濃いピンクの丸い間接照明なんですよ。
でもそれは特殊ケースで、言いたかったのは白色系の照明でも様々だということ。
その中でもやはり普通の電球色というか、白熱灯の色が僕は好きですね。暖かくて。
そういえばこのバックにそびえる電球色の東京タワー。今はLEDなのかな?
未だに白熱灯ってことはないでしょうね、こんな節電のご時世に。
ま、どうでもいいけれど。
それでは今週はこんなところで、Merry Christmas
まだ早いか(笑)。
何となく写真見てたらそんな気分になってきたので。
それでは改めて、皆さん良い週末を。
Ciao!

[PR]
by yattokamedagaya | 2011-11-11 17:47 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(12)
虹橋シャンツェ ラージヒル
b0066893_17114486.jpg

いつも通る度に思うんだけれど(もうレインボーブリッジは歩いて30回くらい渡ってます)
ここ、スキーのジャンプ台に雰囲気似ていると思いませんか?

b0066893_17142974.jpg

お、噂をすれば、ジャンパーの登場か?

b0066893_17121964.jpg

工事関係の方でした。休日に1車線通行止めにして、どこかの補修でしょうか。
高い所と狭い所が苦手な僕は尊敬しちゃいますよ、こんなことができる人たちは。

それはそうと、あんなところに文字が取り付けてあるとは知らなかった。
でも特に必要ないとも思う。「レインボーブリッジ」。誰でも知ってます。誰が読むの?

b0066893_1924671.jpg

ここは写真中央の大きなブロック、台場側アンカレイジ上部の斜面でした(これの反対側)。
吊り橋の両端で、メインケーブルを固定するのがこのアンカレイジなのです。

[PR]
by yattokamedagaya | 2011-10-20 19:28 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(4)
ウルトラマン世代ビル
b0066893_17124220.jpg

夏にこの記事の前置きとしてこれをアップしたら、記事下の広告がいつまで経っても
ウルトラマン関連ばかり。最適広告を選ぶそうだけど、そうなの?どうなの?よくわからん。
話題にもしたくない。で、もうほとぼりも冷めたと思うので本編、 “あのビル” 再登場。

こういう特徴のある形の建物を見ると、怪獣や宇宙人を連想してしまうというのが
我々ウルトラマン世代からの日本人にはあるんじゃなかろうか。
というよりも、設計した人にも、少なからずインスパイアされたものがあると思うんですよ。

これは側面に風穴が開いたビルで知られる『日本電気本社ビル NECスーパータワー』。
その正面上部。打ち上げられるロケットに見えるから、「ロケットビル」とも呼ばれます。
でもこの上部だけなら……こんな顔のマイナーな宇宙人、いませんでしたっけ?
メフィラス星人バルタン星人ゼットンガラモンカプセル怪獣ウィンダムとかを
組み合わせるとこうなるんだけど、そのものズバリというのがあったような……。

b0066893_17132046.jpg
2010-07-10 07:53:06 港区芝5丁目「日本電気本社ビル NECスーパータワー」



b0066893_17152070.jpg

これはもう、あれですよ。『ハック』、『ロボット ハック』
『ロビー』『フライデー』『R2D2』系ロボットで
円谷作品じゃないけれどウルトラシリーズ、『キャプテンウルトラ』に登場してます。

写真は芝浦の『MARINX TOWER(マリンクスタワー)』、正面最上部。
ここは芝浦桟橋近くのオフィスビルで、この顔が何を表しているのかは意味不明。

b0066893_1716331.jpg
2010-07-10 07:20:00 港区海岸1丁目「MARINX TOWER」



b0066893_17165232.jpg

おまけ。竣工は2006年だから、もうウルトラ世代でもないだろうということで。
顔じゃないけれど、わかりますよね。『エヴァンゲリオン』、それも弐号機用かな?

ここは側面に書いてある通り、文化放送の『文化放送メディアプラス』ビル。
このカッターナイフはアンテナか?

b0066893_17172439.jpg
2010-07-10 07:35:42 港区浜松町1丁目「文化放送メディアプラス」

[PR]
by yattokamedagaya | 2010-11-19 19:56 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(0)
ハイブリッドハウス
b0066893_18335258.jpg
と言ってもエコや先進のテクノロジーとは無関係で、異質の要素の合成物という意味。
これは都内某所で見つけたつぎはぎの家。一見廃屋、でもまだ現役。
そしてここには日本の民家を構成する要素がすべて導入されているのだ。素晴らしい。

b0066893_18342531.jpg
屋根は瓦葺き。その下は漆喰壁。二階部分は木造板壁。
窓枠・雨戸・手すり・戸袋すべて木造。窓の内側には障子もはめ込まれている。
建物を左右に分けるセンター部分は、樹脂製のパネルにアルミサッシ。
1階部分表壁は波板と平板のトタン。窓枠はアルミサッシ。
そしてこの建物をぐるりと囲むのは、コンクリートブロックと石材。

b0066893_1835155.jpg
二階と玄関だけなら、古くからある蕎麦屋のような佇まい。そうだったのかもしれない。
玄関を写すのはどうかと思って控えたが、節付きの天然木の柱や石材も使用されている。

b0066893_18355047.jpg
つい最近まで隣に別の家が建っていて見えなかったから良かったが
それが取り壊された今、こちら面はちと気の毒なことになっている。
[PR]
by yattokamedagaya | 2010-11-15 22:12 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(6)
直線と曲線
b0066893_16573295.jpg

いつからか「デザイナーズマンション」という名の個性派建築物が流行っているが
これはそれ以前か、右奥は1980年竣工の『東京ベイビュー』。
ちょっとレトロっぽい黄色の建物だが、壁がギザギザに飛び出ているのが特徴的。
ひょっとしたら各部屋が斜めに区切られているのかな?と思ったがそこまで奇抜ではなく
単に突出している部分がある、普通の間取りということらしい。

隣は、これもほぼ同時期竣工の『東京ベイサイド』。だからこんな対比も計画的のはず。
一般的にベランダと言われる部分は、建築用語ではバルコニーだが
そこはわかっていても言い辛い。しかし、こんな形だったら違和感もないのでは?

b0066893_16581271.jpg
2010-10-17 15:30:24 港区芝浦4丁目「東京ベイビュー」&「東京ベイサイド」

[PR]
by yattokamedagaya | 2010-10-29 17:39 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(4)
お風呂屋マンション
b0066893_18155376.jpg

風呂付きマンションは当ったり前だが、銭湯付きマンションは珍しいぜぃ。
この新旧アンバランスな佃島の蒼天に、存在感ある煙突をガツンと一本おっ立てる。
築34年『日の出湯 大栄マンション』此処にあり。

b0066893_18161140.jpg
2010-08-22 15:50:22 中央区佃1丁目「大栄マンション」

[PR]
by yattokamedagaya | 2010-10-23 17:39 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(2)
ハーフ&ハーフ
b0066893_9435648.jpg

銅板壁と樹脂パネル壁(たぶん)のコラボ、ほぼ左右対称ハウス


2010-10-17 14:30:18 中央区築地7丁目

[PR]
by yattokamedagaya | 2010-10-19 09:47 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(0)