「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Funny Face( 110 )
お願いします
b0066893_1719917.jpg

男女お願い機会均等看板




[PR]
by yattokamedagaya | 2017-02-20 18:20 | Funny Face | Trackback | Comments(8)
悪事身に返る
b0066893_15361828.jpg


これだけだと昔のコントみたい




b0066893_15371288.jpg


こういうことね ループ

ちょっと前に見た工事現場の壁面アートです

またの教訓は「ゴミは天下の回りもの」



それじゃ教訓にならんか...






[PR]
by yattokamedagaya | 2016-09-20 15:50 | Funny Face | Trackback | Comments(6)
自ら揚がった肴
b0066893_1815890.jpg

「場違いな」という意味の慣用句「水から上がった魚(like a fish out of water)」を
ダブルミーニングにしたつもりが、セルフ鯵フライのようになってしまった誤変換。
最近Macの文字変換機能が衰えているようなんだが、大丈夫か。それとも意思を持ったのか。

「おお、いいニジマス仕入れたねぇ。今夜はこれを肴に一杯ですか?」
……なわけはない。「跳んで籠に入る夏の魚」のようなシュールな光景。六本木路上にて。

九州から東海地方まで一気にやって来た昨日の梅雨明けは、関東直前でストップ。
今週がまだスッキリしないからという理由らしいが、それは他の地方も同じじゃないか?
まあいい。まだ真夏とは言えないから。ちなみに昨年の梅雨明けは本日、19日だった。


More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2016-07-19 19:43 | Funny Face | Trackback | Comments(10)
身をもって
b0066893_162049100.jpg

『飛び出し坊や』というやつですね。でもこの子は初めて見たかも。
この会社だけのオリジナルなんだろか。ファッションも今風、カラコン&茶髪も。

b0066893_16215536.jpg

で、裏面はこうなる。ツインテールの『飛び出しお嬢ちゃん』。
男の子と違って、この子はまだ近づく車に気がついてないような表情です。
そしてふたり共、もうすでに事故に遭ってしまったようですね。
注意を促すためにも、壊れたこのままの姿の方が良いという判断なのかな。




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-05-16 18:54 | Funny Face | Trackback | Comments(10)
哀しみのマンデー
b0066893_1985789.jpg

少し散っちゃいましたねぇ。でもまだ大丈夫。




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-04-04 19:10 | Funny Face | Trackback | Comments(6)
バトル
b0066893_17323173.jpg

乗ったまま通ると蹴られます




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-03-23 17:35 | Funny Face | Trackback | Comments(10)
電球
b0066893_17381570.jpg

昼 光 色


b0066893_17384643.jpg

芝公園郵便局が入るNBF芝公園大門通りビルの2F。
このはめ殺し窓の形状が何を意図しているのかは、不明。



[PR]
by yattokamedagaya | 2016-03-03 17:42 | Funny Face | Trackback | Comments(10)
浮き彫り
b0066893_1991046.jpg

ここは以前にも紹介しましたが、注意・警告を呼びかける文字が多すぎて
まるでいたずら書きのようになってしまった高架下の壁面です。
だいぶ薄れてしまった文字も多いんですが、ここの文字だけはいつまでもクッキリ。
立派なお言葉も相まって、まるで浮き彫りになっているようでしょう。
本当に浮き彫りになっているんですよ、これ。

b0066893_19103549.jpg

ほら、わかるかな、文字の部分が地のコンクリートから盛り上がっているでしょう。
交通のために道路に書かれた文字やラインも盛り上がっているけど、あれは塗料の厚さ。
これはちょっとそれとは違うようなんですよ。それほど塗料は厚くないんです。
たぶん周囲のコンクリートがどんどん劣化して剥がれていく中で
文字の部分の白ペンキがそこだけ接着・保護して、劣化を抑えたんでしょうね。

b0066893_19111843.jpg

この注意書きはそのことば使いから見て、どこかの頑固じじいが書いただけで
それほど古いものではないと思っていたんですが
ひょっとしたら、そういう書き方が当り前の時代から書かれていたんじゃないか。
なんと言ってもここは、日本で最初に鉄道ができた区間ですからね。
なんてことを考えた次第です。本当はどうなんでしょ。


現状 >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2016-02-25 20:13 | Funny Face | Trackback | Comments(12)
ウーパールーパーズ
b0066893_1621457.jpg

何と表現したらいいんでしょう。水面からこう…ひょこっと顔を出すような生き物。
いませんでしたっけ? 映画か何かで、ニョロニョロのような、こんなやつら。
思い出せないのでウーパールーパー。何かもっと似てるのがいたはずなんだけどな……。

b0066893_16213760.jpg

これは港によくある、船をつないでおく杭ですね。舫い杭とか係船柱とかいうやつ。
それの実物か模したものなのか、ガードパイプのように並べてあるんですよ。

b0066893_1622518.jpg

この目のところに、以前はチェーンかロープを通していたんでしょうね。
気になりだすと、歩いているのを視線が追ってくるようで、落ち着かなくなるんです。

[PR]
by yattokamedagaya | 2016-02-01 18:14 | Funny Face | Trackback | Comments(10)
怪奇猫柱
b0066893_17101453.jpg

ここは六本木の某レストラン。
入口の前に──これは何の木なんだろう
妙に節くれだった木の柱が左右に一対立っているのだが。
その中のこの部分、
このふたつの節が何かに見えないだろうか。

そう、瞳。つぶらな子猫の瞳ではないか。
それだけではない。その周囲には不自然な膨らみが。
ここにはペルシャ猫が埋められているのだ。
商売繁盛を願う、人柱ならぬ猫柱。
夜中になると、哀れな鳴き声が聞こえてくるらしい。
そんな都市伝説があるとかないとか。

ないよ。妙な話で営業妨害するなって?(笑)
通る度に目が合うこの節が
生きているようで気になるんです。
知っている人は、この写真だけでわかる店。
アフタークリスマスでも新年でも
ナイトメア・ジャックが覗いてるあのお店です。

[PR]
by yattokamedagaya | 2016-01-12 17:23 | Funny Face | Trackback | Comments(10)