カテゴリ:Work & Mac( 47 )
リターン・ターン!
b0066893_19144447.jpg

Macが壊れたことと直接関係ないんですが、リターンキーも壊れてしまいましてね。
これはMacだけのキーで(バージョンによってキー配列はいつも変わるんですが)
PCで言うところのエンターキーですね。機能もほぼ同じ。
私もこれをけっこう強く叩くタイプなので(笑)コンピュータ仕事は外ではやりません。
よくいるでしょ。ノマドだか何だか知らんが、喫茶店でタンタカ打ち込んでるヤツ。
で、このキーをターン!と、区切りに力強く打つんですよね。うるさい、家でやれ、家で!

b0066893_1916217.jpg

ブログをやっている場合じゃないんですが、待ち時間が長いんですよ。
それに動作の確認で、色々なアプリケーションソフトをチェックする必要があるんです。

ちなみに、このタイプのキーボードには、右端にエンターキーも付いています。
だから今は、壊れたリターンキーの代わりにこれを使っているんです。操作も慣れました。
なので、またキーボード(もしくはリターンキーのプレート1枚)を買うより
あの『BIG ENTER』を買って使った方が面白いんじゃないか、とも思うんですよ(笑)。
落ち着いたら考えてみよう。

[PR]
by yattokamedagaya | 2016-02-27 19:17 | Work & Mac | Trackback | Comments(6)
チンチンブラブラ
b0066893_17293924.jpg

何それ、エロネタ? みたいなタイトルになってしまったけれど……(笑)。
もう今では違うのにまだ使ってる、というものがあるじゃない。例えば「レンジでチン」。
聞くところによると、今現在「チン!」と鳴る電子レンジは2〜3種類くらいしか
製造されていないらしい。お宅だって違うでしょ。なのに、いまだに「レンジでチ〜ン」。

b0066893_17304443.jpg

で、次の「ブラブラ」というのは、上のポスターからトリミングしたこの部分のこと。
これが「チン」と並ぶ昭和の遺産、「酔っぱらいの寿司折りブラブラ」だ。
この男はさらにもうひとつの重要アイテム「ネクタイ鉢巻」まで装着しているじゃないか。



「もう21世紀、2015年だぞ。こんな酔っぱらいいねぇだろ」とツッコミたくなるかもね。
僕もこれ懐かしいなぁと思う。でもちょい待ち。そもそも昭和の頃にもこんなやつらいたか?
リアルの世界では見たことないよ。そりゃ一種のパロディのように冗談でやるやつはいるよ。
なのに寿司折りやネクタイ鉢巻が、酔っぱらいを表す必須アイテムのようになったのは
いつ、どこから。 映画かマンガかそれともコント? うん、コント55号やドリフはこうだった。
まぁそれはそれで、話は元に戻るけど。今でも酔っぱらいの絵はこんな格好にすべきかな。

More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2014-12-05 20:51 | Work & Mac | Trackback | Comments(22)
それが仕事と言えるのか?
b0066893_160138.jpg

アルバイト募集ポスターは、皆よく似ていますね。業態違えどほぼ同じ、です。
制服を着て、笑顔で働く爽やかおにいちゃん&おねえちゃん(中高年もあり)数人を
単純な四角形のトリミングで並べたもの、又は集合写真。でもこれはこれで良いと思います。
アルバイト選びはシビアだから、時給を始めその店の環境・待遇こそが重要なポイントで
ポスターのビジュアル・コピーの良し悪しだけで優秀なスタッフが集まるほど甘くない。
各業種共通フォーマットならば、一目で募集ポスターと認識することもできるでしょう。
広告は遊びでもアートでもない。不必要な部分に金や時間や労力をかけることはないんです。

しかし、世の中にはこれと同じようなレイアウトの企業広告もよくあります。
つまり、制服の社員が笑顔で迎えて、私たちお客様のために頑張りますよ、というものですが
あれは少し意味が違ってきます。正直僕には、あれにどれほどの効果があるのかわからない。

More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2014-06-09 16:43 | Work & Mac | Trackback | Comments(8)
ボンダイブルー
b0066893_18133016.jpg

事務所の隅で引取を待つ、知人の、懐かしの、ジョブズさんの、ボンダイブルー Mac。
似ているけれど、これ iMac じゃないんですよね。ただのモニターです。
廃品回収業の人が高く買ってくれると言っているらしいんですが
たぶんその人 iMac と勘違いしてる(笑)。
気づかれる前にさっさと売っちゃった方がいいよ、とアドバイスしときました。

b0066893_18152029.jpg

そしてこれが彼の仕事場。今せんきゅ〜ひゃく何年だっけ?(笑)
中古屋で僕が仕入れてきた初期の G3、OS は MacOS8.6 。あのモニターとセットで
他の周辺機器と合わせてたしか12〜3万円で揃ったはず。
こちらの新品モニターは、ワイドじゃないけど17インチでなんと10,700円なんですよ。
僕が仕事用に全部揃えた頃は300万円くらいしたぞ。今なら新品でも10万円あれば充分かな?

おなじみの使いにくい円形マウスは、壊れたキーボードといっしょに捨てて
さらに旧型のPowerMacのものに換えてあるけれど、こんなものでも2013年現在現役です。
ネットもやらない、実データも使わない仕事なら、今でもこれで充分なんですね。

b0066893_18155953.jpg

さて、この日は彼も事務所を移転するから、この機会にモニターを軽い液晶に替えたい
ということで呼び出されたんです。で買ってきたモニターが上のあれ。一応三菱。
周辺機器ももういらないというので、ひとつだけ、こいつをもらってきたんです。
これも当時のボンダイ&新デザインで復活したMacの人気に便乗して作られた
サードパーティー「yano」のフロッピーディスクドライブです。
懐かしい曲面多用の半透明デザイン。たぶん一生使うことはないと思うけど。

b0066893_18154514.jpg

うちにはこんなのもあるんですよね。来客がよく「懐かし〜!」なんて言うんですが
その人たちも騙されてる(笑)。これも iMac ではない eMac です。
Macでシリーズにならないのはこれだけ? ま、言わば正規ルートのコピー商品だもんね。
初期 iMac のようなレトロテレビ一体型でも、これ、中身は G4 & Tiger です。
移転前はよく使っていたけど、CRT ディスプレイは電気を喰うということなので
もうほとんど使わない。メール専用機と言っていいくらいです。
こうやってどんどんいらなくなったものが溜まっていくんですよね……なんて。
久々の連続連休連続仕事の息抜きにブログ。ま、ちょっと興味ある仕事だからいいけれど。

[PR]
by yattokamedagaya | 2013-09-22 18:22 | Work & Mac | Trackback | Comments(18)
疲労骨折
b0066893_18424594.jpg

骨折というより左腕切断。これも遅れてやってきた、あの地震の影響なんでしょうね。
先日ふと見ると、棚の中で妙なポーズをして這いつくばっていたデビルマン
地震に堪えたのに、その後の度重なる余震にも堪えたのに、今頃力尽きてしまうとは。

b0066893_1846763.jpg

そもそもこいつには骨なんて入ってなかった、欠陥構造でしたね。
本来なら硬く安価な石紛粘土で骨を組んで、それに樹脂粘土(スーパースカルピー)を
かぶせて形作るものなんだけど、これを作った頃はまだその作業もいいかげん。

b0066893_18465372.jpg

これはもう15年くらい前に作ったものなんです。今見るとヘタクソで恥ずかしいんですが
フルスクラッチ(全部自作)フィギュアを作り始めた頃の記念品のようなもの。
僕は出来上がったら興味なくして人にあげちゃうので、他はほとんど手元にないんです。
数多い引っ越しと幼い頃のトラウマか、男としては珍しくコレクション癖もないんでね。

b0066893_1847426.jpg

折れる前の姿はこれ。左腕一本で支える構造だからの疲労性断裂ですね、診断としては。
とまれこの程度のものを元通りにするのは簡単なんですが、それとは別に
これを何かの兆し、啓示、きっかけと捉えるべきか?なんてことも考えるんですよね。
いつまでもこんなものに付きまとう記憶を引きずっていてはいかん。
この辺りで吹っ切って、ぱーっと新しいことでも始めなきゃいかんだろう、とかね。
そんなこともふと考えてしまう秋のゆふぐれ。……誰か5万円で買ってくんない?(笑)
[PR]
by yattokamedagaya | 2012-10-09 22:10 | Work & Mac | Trackback | Comments(10)
かぶりものキャラ
b0066893_0212788.gif

          

More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2011-09-03 00:28 | Work & Mac | Trackback | Comments(10)
iMac最高峰
b0066893_191842100.jpg

電化製品が次々に故障してオウジョウコイタ昨年の年末ですが
実際のところ、テレビが壊れようがプリンターが壊れようが、直接生活には響かない。
しかし、こいつだけは壊れると困るんですよ。この仕事用の iMac。
なのに、見えます?広がるこの曇り。携帯の、しかもなぜか壁紙モードの画像だけど。
ほら、毎朝起動直後にこの曇りを見ると、びくびくしちゃいますよ。

でもこれは今までの中で最大最高で12月半ば。普段はせいぜいこの程度
ここまで曇ったのは初めてだったので、携帯カメラで急いで撮った記念写真なんです。
この曇りは気温と湿気の微妙なバランスで発生する現象なので
寒さが厳しく湿度が低い近頃では、とんと姿をあらわさない。
これは11月から12月、2月から3月、そして梅雨時と、年に3シーズンの現象です。

これより新しい機種の iMac を買った知人が言うには「そんなの見たことない」。
となると、今ではこの不具合は解消されているのかな。
これはマシン内部が暖まればすぐに消えるので、さほど作業に支障はないから
壊れる心配がなければ面白い現象なんだけど、微細な水滴が原因だということは明白。
だからまだまだ心配なんですよ。次のシーズンは、花粉と共にやってくるってね。
[PR]
by yattokamedagaya | 2011-01-22 19:34 | Work & Mac | Trackback | Comments(2)
© yattokame
b0066893_1451173.jpg
フィギュア続きでもうひとつ。これは数年前、某企業の広告のために作ったもの。
23歳の新社会人。でも、かな〜り生意気なOLという設定。悪人じゃないけどね。
実際はもっと細部まで滑らかに削らなければならないんだけど
ここまで作った段階で企画がポシャったので、これはその後組み立てて下塗りし
CGで適当に人工着色をしたもの。多少の違和感あり、かな。
誰かこのキャラ使ってやってくれませんか? お安くしておきまっせ(笑)。

まあそれはそれとして >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2010-10-12 18:13 | Work & Mac | Trackback | Comments(0)
20th Anniversary
b0066893_19385222.jpg

誰もくれないから(たぶん気付いてもいない)自分で贈ろう。おめでとう、でいいのか?
笑っているような、泣いているような、舌舐めずりしているような、意味深顔の赤い薔薇。

ブログ的にはあまり関係ないんですが、本日は弊社創立20周年記念日なんです。
覚えやすいということでロック語呂合わせの6月9日(当時まだロックの日ではなかった)。
もっとも、知人には違う語呂合わせでからかわれるんですけどね(笑)。

More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2010-06-09 19:56 | Work & Mac | Trackback | Comments(8)
紙がない!!
b0066893_1843143.jpg

トイレの話じゃないです(笑)。『伊東屋』さんに、今紙はほとんど置いてないんですね。
昨夏のリニューアルで画材が激減したことは知っていたけど、紙までだとは思わなかった。
まあこの不景気の折、すぐに売れないものを抱えるのが、経済的でないことはわかる。
でもね。銀座の老舗文具店として、意地を張ってもらいたかったな……なんて勝手な話か。

実はある紙が必要だったんです。A4数枚だけ。銘柄も仕様もわかっている特殊用紙で
それが伊東屋にあることがわかっていたから安心していたのに、俺に無断で何てこったい。
取り寄せはできる。でもそうなると他店と同じで、ロールか最低ロットの100枚になり
100円以内で済むものが一気に12,000円にもなってしまうんです。そして97枚も無駄になる。
そんなもったいないこと……。そうなると後は、在庫のある店を探すしかないんですね。
我々の場合「印刷屋さんに泣きつく」という手もあるんですが、そういうのは好きじゃない。

ということで、紙探しの旅が始まったんです。まずは紙屋さんの『竹尾 見本帖本店』から。
そしてその近くの『文房堂』。ちょうどここは神田・お茶の水界隈の画材店・文具店が
集まっている場所なので、懐かしい『レモン画翠』『Tools(元いづみや)』他数店を回り、
それからなぜか「芸大の生協」、そして『ロフト』『ハンズ』、最後は新宿の『世界堂』
これだけ回ったけれども、結局在庫はなし。でも久々の文具・画材店回りは楽しかった。

昔はこういうお店と我々の仕事は切っても切れない関係だったのに
仕事道具がMacになってから、とんとご無沙汰。昔は用がなくても、好きで覗いてたのに。
でも、こっちは変わったけど、向こうは変わってなかったね。
どのお店も、とってもフレンドリー。そうそう、文房具屋はこうでなきゃいかん。
まあ、客に学生が多いと言うこともあるんだろうけど、
立場は違っても、何かを創ることに関る人間同士の仲間意識っての?それを感じる。
紙がなくて困っていると言うと、皆親切だもの。たった数百円の売り上げなのに。
そしてどこでも「ここならあるんじゃないかな?」と他の店を気軽に紹介してくれる。
「芸大の生協に絶対ある」と教えてくれたのは、たまたま隣で聞いていたお客さん。
結局ガセネタだったんだけど(笑)、まあそれも許せるよ。

ただ、問題はまだ何も解決していなかった。やっぱり100枚コースしかないかな。
一番安かったのは、モナリザもアッと驚く新宿世界堂さんでした。さすが。
[PR]
by yattokamedagaya | 2009-11-13 19:18 | Work & Mac | Trackback | Comments(4)