<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
手描き悪人面看板
b0066893_1550034.jpg

久々に大田区方面に行ったら道に迷ってしまいましてね。なかなか海の方に抜けられない。
そんな時、とある公園で見つけた看板。大田区にはまだこういうものがあるんです。
一見印刷に見えたけど、微妙に違うこの2枚。下は増毛をした夫を苦々しく思う妻の図?(笑)
左キャラはムーミンに出てきそう。右の男は何者なんだろう。どこかで見た覚えが……。
「バイク」の文字の横の消した部分は「自転車」なんでしょね。
ということは……今は自転車はOKになった……ということなんだろうな、たぶん。
以前調べた自転車とバイクにまつわる調査を思い出しました。

b0066893_15503034.jpg

しかし大田区もゴチャゴチャしたところは相変わらずだけど、公園が増えましたね。
海沿いと第一京浜沿いには大きな公園だらけ。

b0066893_15512956.jpg

ここもそのひとつ。埋め立てて人工浜を作った『大森ふるさとの浜辺公園』。
入江や干潟を持つ都内初の区立海浜公園で、かつての大森海岸を再現したんだそう。
多くの人が潮干狩りや磯遊びをしてました。他にもスポーツ施設や遊ぶ施設も充実。
天気のいい日には、砂浜や緑地で寝転ぶだけでもいい。まさにビーチ。
でも対岸が見えているので、私のような浜松育ちには
海岸というよりも、河川敷の方をイメージしてしまうんですが。

b0066893_1635289.jpg




[PR]
by yattokamedagaya | 2017-05-31 17:49 | Funny Face | Trackback | Comments(12)
トレーニングしやすい服装で
b0066893_1783274.jpg

何でわざわざスカートはいたやつにダンベル振り回させるかな(笑)。
男女トレーニング機会均等ピクトグラムか?
まぁ女性は山も、ジョギングも、こういうエクササイズも
スカートっぽい格好をよくするからね。てなことで納得できるわけがない。
しかもこのスカートはフレアひざ丈。ジムには入れてもらえません。

でもね、ここの表示・展示物は、たまに確信犯的なところがあるんです。
お願い、つっこんでつっこんで、みたいな(笑)。僕は思うつぼなのかも。
ハイハイ、ちゃんと気付いてますよ。面白いですねぇ(笑)。

実際の話、ピクト界では、男女の区別が絶対必要なトイレ以外では
女性型ピクトはあまり登場しないんですよ。
いろいろな場面で使われるピクトさんは、形は男性トイレと同じなんですが
あれは性別なしのただの人、と見なすのが暗黙の了解なのです。
もっと厳密に分けるのなら、女性トイレのピクトが赤、男性トイレが青
その他は別の色にすべきなのかもしれません。
近頃こういうものまで、ジェンダー問題にうるさい御仁につつかれるので。
と言うか……何にでもクレーム付けて潰したがる人はいるのでね。




[PR]
by yattokamedagaya | 2017-05-11 18:29 | Funny Face | Trackback | Comments(10)
豊洲のクローバー
b0066893_17312179.jpg

天気が良かったので、約半年ぶりに自転車で行ってきました、豊洲まで。
豊洲もねぇ……道路も歩道もマンションもいろいろな施設も、そして豊洲市場も
ほとんどでき上がっているんだけれど、どうなってしまうんでしょうねぇ。
この植込みも、人通りが少ないから半端に奇麗にしてもしょうがないのか、雑草だらけ。
歩道まで溢れているのはクローバーですね。シロツメクサ。
でも自転車との比率がおかしいと思いませんか? 合成じゃないですよ。


b0066893_17321343.jpg

ワイドレンズでパースをつけたわけでもない。葉が巨大なんですよ。
形はあのクローバーなのに、ほら、僕の手のひらと比較してもこんなにでかい。
もう別の葉っぱのような形に育っているところはもっとでかい。
ツメクサの語源は爪じゃなくて、梱包の時に緩衝材としてクローバーを
使っていたから(詰め草)らしいけど、普通1枚は人間の爪の大きさくらいですよね。


b0066893_17324442.jpg

それがこんなにでかい手のひらサイズなんですよ。
ほら、クローバーワンセットと、僕の手のひら比べてみてくださいよ。
なんてことを言うつもりで撮った証拠写真だけど
あれ、何かおかしいぞ。


b0066893_17331886.jpg

あれま、これ1枚多いじゃないですか。四つ葉だ。
労せずして見つけてしまいました。四つ葉のクローバーですよ。


b0066893_173401.jpg

今の表現にちょいとヤラセはあるんですが(笑)、探さなくてもすぐに見つかったのは事実。
それじゃ他にもあるのかと探したら、2分とかからずもうひとつ。


b0066893_17342677.jpg

そしてまたもうひとつ。多少傷んで小振り(ここでは)だけど、綺麗な形です。
しかし……こんなに簡単に見つかるなんて、全然ありがたみがないですね。
良いことありそうな気にもならんし、でかいから可愛くもない。
そういえば、土壌汚染している場所では、四つ葉の発生率が高いと聞いたことが。


b0066893_17345577.jpg

何と言っても、ここは悪名高き豊洲市場のすぐ近く、ですからね。
そもそも四つ葉量産どころか、この異常成長の方が問題なんじゃないだろうか。
植物の成長には、窒素・リン酸・カリウムが影響するんでしたっけ?
それじゃ、鉛・ヒ素・六価クロム・シアン・水銀・ベンゼンだとこうなるんだろうか。
もっともこの植込みの土が、東京ガス跡地の土かどうかわからないんだけれど。



なんてね。本気にしましたか? これじゃフェイクニュースになってしまうか。
四つ葉が多かったのは事実。写真にウソは一切ありませんが
クローバーにもいろいろな種類があって、ラジノ種等の大型種もあるようです。
これもそうだと思いますよ。本当に異常なのかもしれないけれど(笑)。




[PR]
by yattokamedagaya | 2017-05-08 17:40 | Plants(Nature-made) | Trackback | Comments(9)
1ドル以上の価値
b0066893_16591463.jpg

レンタルフォトの「Still Life」とかのカテゴリにありそうな写真。
でもないか。あまり面白くないね、証拠写真だから。

出先だったんですが、ちょいと面白いことを発見してしまいました。
そこで、さっそくこの手帳とコインで実験です。
近頃思うんです、思いついたらすぐにやっておかないと後ではやらない。
本当は白い紙が欲しかったんだけど、しょうがないね。


b0066893_16595782.jpg

店の支払いで財布の中を探ってみたら、キラキラ光るコインが
ふたつあったんですね。昨年製造の10円と100円玉。
多少傷はあるけど、さすがに輝きが他とは違います。それも屋外だと特に。
改めて見てみると、コインは昭和の頃のものも
まだ多く使われているんですね。
縁のギザギザがすり減ってなくなっているものもよくあります。
コインの中で100円玉だけは、年号が算用数字(アラビア数字)なんですね。
(追記:50円もでした。100円と50円は同年発行。デザインも類似点が多い)

さてと、言いたいのはそんなことじゃないんだ。ここからです。
その平成28年製造のキラキラコインに太陽光を当ててみると……

b0066893_1702621.jpg

あ〜ら不思議、反射面にコインの図柄が浮き出てくるじゃありませんか。
これ常識ですか? あたしゃこの歳まで知りませんでしたよ。
というか、こういうエンボス面に光を反射させたらどうなるか
なんてことを考えたこともありませんでした。
この半屋外のテーブルで、キラキラコインに(古いコインは反射が鈍い)
太陽光が当たらなかったら、一生知らなかったかも。


b0066893_1711218.jpg

裏面はこう。昔の鏡にこういうのありますよね。
銅は銅色、銀(白銅)は銀色。模様の部分だけは、ちと反射光が違う。
これはつまり、エンボス部分は平面じゃないから
光が拡散してしまい反射光が弱くなる、ということですか? 違う?
こりゃ子供電話相談室的なネタですな(笑)。

とにかくそんなことになるわけだ。ちょっと感激してしまいましたよ。
でもこんなふうに、テーブルに手帳を不自然に広げて
パシャパシャといつまでも写真を撮っていたら
周りの人が変な目で見はじめたので、もうやめておきます(笑)。




[PR]
by yattokamedagaya | 2017-05-01 18:21 | Objects(Man-made) | Trackback | Comments(10)