六本木の雪
b0066893_1736329.jpg

門松は松の内まで。さすがに15日過ぎたらまずいでしょう。トップ記事も更新せねば。
でもこれは本当の雪じゃない。その時間は屋内にいたので、けやき坂の雪のイルミです。
あれ、クリスマスまでじゃなかったの?いやいや今年はバレンタインまでなんですと。


b0066893_17382364.jpg

サバンナに降る雪。妖怪じみた、ちびぞうさんの目が恐い。


b0066893_17385855.jpg

そして、血の池地獄も健在なり。


b0066893_17402653.jpg

さて、東京にも雪が降った土曜の正午頃、私がいた場所は……


b0066893_1741625.jpg

お台場なんですね。でも空には雪山で見るような妙な雲。
この雪雲は、金曜の午後から日曜の午前中まで出ていました。


b0066893_17414812.jpg

南側は、青空も広がっていたから日は当たるんだけれども


b0066893_1742263.jpg

レインボーブリッジ方面の北側は、何層も分離して重ねたような雲の不気味色。


b0066893_17432638.jpg

おまけに風が強かったんですよ。


b0066893_17435943.jpg

ウインドサーフィンにはいいんだろうけど、それもひとりかふたり。
浜にはあまり人が出ていません。


b0066893_17444174.jpg

体感温度はマイナスかな。ユリカモメも寒そうにしてました。


真昼のお台場でもこんな状態なのに

b0066893_17472086.jpg

ミッドタウンの屋外リンクは、夜でもこの混みようなんですね。寒くないのかな。
私は陽が沈んだら外に出たくないです。スケートやるような服装じゃない人もいるけれど。


b0066893_1752171.jpg

スケートリンクは、ちょいとスローにして撮ると
動いている人とほとんど動かない人との差があって面白いんですよね。


b0066893_17524839.jpg

この中に、受験生もいるのかな(笑)。




[PR]
# by yattokamedagaya | 2017-01-16 18:09 | Tokyo(Love+Hate) | Trackback | Comments(10)
八本竹ヒルズ
b0066893_16502228.jpg

年末年始、ちょっと用事があって数回、六本木ヒルズに行ったんですよ。

b0066893_1651661.jpg

その時、森タワーのメインエントランスを見たんですが……

b0066893_16513228.jpg

ここに飾られている門松がちょっと変。

b0066893_1652196.jpg

竹が8本もあるんですね。普通3本でしょ。6本ならわからんでもないが、なぜに8本。
まさか良い竹が見つからなかったから数で勝負、でもなかろうに。

b0066893_172680.jpg

すべてのデザインには意味があるのだ。客のこんな疑問も当然想定内でしょうと
ビルの受付に行ったんですが、そんな事を訊かれようとは思わなかった様子。
気になるのは俺だけか? もう100人くらいから訊かれていると思ったのに。
結局門松担当は正月休みで、出勤は7日頃。他の部署と連絡をとってもわからない。

b0066893_1653497.jpg

何だかモヤモヤする気持ちを抱きつつ、帰りはハリウッドビューティープラザ側の
出入口から1階に出ることに。それまで、他の出入口は気にしてなかったけれど
ふと見ると、ここにも同じタイプの門松があるんですね。でも、あれ本数が違うぞ。

b0066893_16533372.jpg

こちらは5本、やはり6本ではない。このデザイン、本数は関係なかったのか。
となると意味があるのは、このぐるぐる回るEXILEのダンスの顔のような竹の並べ方?

b0066893_16535852.jpg

それとこの切り口の形状にも、何か意図があるようには思うんですが。
でも7日頃に担当者が出勤してきても、もうその頃にはこの門松は片付けられるから
僕も、もうどうでもよくなっているんですよね、たぶん。




[PR]
# by yattokamedagaya | 2017-01-04 17:17 | Objects(Man-made) | Trackback | Comments(12)
2017年 初日の出
b0066893_17385377.jpg

毎年レインボーブリッジじゃ飽きてしまうので、気分を変えて今年はここ。
一フジ二タコ、鷹のような凧……静岡じゃないですよ(笑)。

今年はカウントダウン時に集まられると困るとかで、年越の東京タワーは消灯。
逆に増上寺の鐘突き堂は、例年になく煌々とライトに照らされていて
何となく新年のパワーと厳かさが欠けているんじゃないかと思っていたから
これを見て気分復活。思いがけず、良いものを見せていただきました。

b0066893_17393380.jpg

まずは富士と逆側、明け方の道路を東に疾走します。目指すはあの雪の結晶のような観覧車。
そう、葛西臨海公園です。20数年ぶり。昔はここに住んでいたから楽だったのに。

b0066893_1740921.jpg

もう前振りなし、いきなり日の出です(笑)。ここは「西なぎさ」のそのまた東端。
今年は地平線付近に多少雲が漂っていて、7分くらい遅れた日の出です。

b0066893_1742894.jpg

前にあるのが「東なぎさ」。人は入れない。ここは対岸のディズニーリゾートのホテルから
日が昇るんですね。20年前と同じ場所で、同じホテルとホテルの間からの日の出を見ました。

b0066893_17444073.jpg

この公園は日の出が見える場所が多いから、場所を変えればまた違う景色が見られます。
ここではこれがベストでしょう。皆さん満足した様子で帰宅の途につきます。

b0066893_1749281.jpg

ところが見物客の多くが、朝日とは逆方向を見ているんですね。
つられてそちらを見ると、なんと朝日に照らされてこんなにでっかい富士山が。
葛西には6年ほど住みましたが、まさか富士山が見えるとは思わなかった。

b0066893_17503366.jpg

そして、これは緑の多い公園と砂の人工なぎさを結ぶ「葛西渚橋」。
日の出の瞬間まではこの橋も人でびっしりです。

b0066893_1751438.jpg

橋を渡って帰る人と、その下でもう少し遊んでから帰る人たち。
まだ元旦の早朝7時過ぎ。雑煮を食べるには早すぎる、とか。

b0066893_175314100.jpg

富士山の方に視線を向けると、朝も早よからスポーツカイト。
しかも団体戦。ここは昔からカイトをやる人が多いんですよね。
そこの観覧車はパレットタウンになるのかな?位置的に。距離感がつかめない。

b0066893_1755435.jpg

戻る途中の、ここは比較的新しい施設「クリスタルビュー」。ついでに入ってみましょうか。
何だかこんな絵が建築の雑誌によく出てきそうな、ガラス張りの展望施設です。

b0066893_17555438.jpg

僕が住んでいた頃は公園ができたばかり。鳥類園や観覧車もなくて、面積も今の半分くらい。
初日を見る人もほとんどいない穴場だったけれど、今や有名な初日の出スポットです。
駅や駐車場からの人の流れを見ていると、人数多くてビビります。観れるのか、と。

b0066893_17563233.jpg

でも広大なこの敷地内に散らばるから、それほど混雑しないんですね。
今でも穴場と言えるかも。ここも五輪でどうなるか、ちと心配なんですが。

b0066893_17571012.jpg

朝日が昇った後は、皆さんちょっとまったり。
昨夜飲んで食ってあまり寝てないだろうから、無理もない。

b0066893_17574611.jpg

でも下を見ると、ウェディングフォトを撮っているのか。朝日を浴びて美しい。
元旦早朝から結婚式?写真だけ?いずれにしても、忘れられない日になりますね。

b0066893_17581679.jpg

元旦は都内の空気が澄んでいたから、他の場所でも1日中富士山が見えたようですね。
これは荒川の堤防沿いの遊歩道から、東雲辺りのマンション群越し。その前は夢の島。
在住時に一度も見たことがないオレって?とも思いましたが、住んでる人に訊くと
1年のうちにそれほど見られる日は多くないようです。ダイヤモンド富士は見たことないと。
でも時々この荒川と空が、夕日で真っ赤に染まることがあってそれは奇麗らしい。
そんな荒川を中心にした風景が故郷に似ているので、葛西にはインド人が多いらしいです。
インド人じゃなくても、葛西は良い街になりました。また住みたくなってきましたよ。




[PR]
# by yattokamedagaya | 2017-01-02 18:12 | Tokyo(Love+Hate) | Trackback | Comments(16)
秋色
b0066893_16381132.jpg




[PR]
# by yattokamedagaya | 2016-12-07 17:59 | Plants(Nature-made) | Trackback | Comments(10)
ハート猫
b0066893_15301884.jpg

近所のブサ猫、&デブ猫

これもデブが故のことなのか
いつもぶっちょう面で
とっても奥目
影で目玉が見えないの

ハート猫というのは
ひっくり返ると
白い部分がハート形だから

でもそれだけじゃない

b0066893_15305314.jpg

体つきもいとをかし

下半身が四角くて
上半身がハート形

いつも同じ場所でこの姿勢
型にはまっているみたい

b0066893_15405645.jpg

香箱でもスフィンクスでも
エジプト猫座りでもない
この独自の座り方

よく見ると短い脚の肘で
胸を左右から押寄せているから
ハート形になるようだ

所謂、「だっちゅーの」?

警戒しているからなのか
踏ん張っていないと
転がり落ちてしまうからなのか
よくわからない
近寄っても逃げないが




[PR]
# by yattokamedagaya | 2016-11-28 17:42 | Cats & Dogs | Trackback | Comments(10)