鉄棒日記(後篇)
b0066893_18373521.jpg

思いもよらず「蹴上がり」ができなくなっていて凹んだ話の続きです。

その後、連続30回程の失敗記録を重ねた頃、後ろから「あの〜」という声が。
その日オヤジたちにアドバイスをしていた、体操経験者(又は現役選手)の女性です。
見るに見かねたんでしょうね、コツをいくつか教えてくれました。
そしてその後は、彼女と同年代くらいかな、今度はスポーツ万能風男子が指導員。
蹴上がりをする前段階の練習や、振らずに上がる蹴上がりまで、長い時間みっちりと。

ありがたいことです。皆優しい。見ず知らずの僕に、自分の時間を割いてまで。
いや本当に感謝してます。感謝はしてるんですが、タイミングが悪いと言うか……。

ふたりとも、「あとちょっとでできるのに惜しい。なんとか成功させてあげたい」
という“未達成者”に対する親切心なんでしょうね。でも僕は……僕はできるコなんですよ。
むしろ今の僕のような男を見たら思っていたはず、「蹴上がりもできないの?だっせぇ」。
つまり教えてもらうこと自体が屈辱なの。これは何かの間違いなんですよ、と言いたい。

そしてもっと切実なこと。もう体力的にヘロヘロなんです。皆さんも、やればわかるはず。
生活の中で、大概の人は肩より上に手を挙げるのは稀。ぶら下がることなんてありえない。
そんな動作をもう何十回も続けてるんですよ。でもアドバイをされて見本を見せられたら
放っといてとは言えないでしょ。 ちょっと休ませてと言うのも申しわけないし見栄もある。

でも本当に必要なのは、冷静に今のフォームを分析する休憩時間だったようです。
本音はもうやりたくない。それにずっと続けていたから、掌も一皮むけていい感じ(痛)。
結局トータルで2時間以上。むしろ悪いイメージとフォームを身につけただけみたいです。

b0066893_1842349.jpg

そしてリベンジ篇と行きたいんですが、もうブログ的には限界長文なので軽くまとめましょ。
結果から言えば、成功なんですね。しかも何の努力をすることもなく。

次の日起きたら異常な筋肉痛。特に背中と肩と腹筋がイカレてしまって、これが2週間以上。
掌の皮はもう完全にむけて触ると痛い。しかも当時は真冬。寒くて行くのも億劫だ。
そんなわけで、とりあえずダメージがなくなって暖かくなるまで待つことにしたんです。
身体が覚えた失敗蹴上がりの感触が抜けるまでやらない方がいいのかな、などと思いつつ。
今度失敗したら本気で取り組まないと無理、ということになるから慎重なんですよ。

そんなこんなで春になり、GWが過ぎ、初夏を通り越して真夏日になっちまった。
もうやらんとまずいでしょう。後に延ばすのは性に合わない。半年ずっと気分が悪かった。
だから、意を決して、乗り込みましたよ。5月後半、若葉も陽光に煌めく日比谷公園に。
でも一応人が集まる昼休みは避けて、皆さんが出勤時間の朝9時前にこそこそと。

で、高鉄棒に飛びつき大きく振る。とりあえず1回、勢いだけで成功させておこうとして。
でも案ずるより小野ヤスシ(僕はそんな世代なんです、笑)。振って戻ってきた時には
ピタリと腰の位置まで上半身は鉄棒の上に。成功。そうそう、この感触なんですよ。
その後10回中9回成功。失敗もいい加減過ぎた時だけで、もうさほど振らなくてもできる。
半年前、思い描いていた通りです。あっけないほど。クソ、昼休みにやれば良かったぜ。

やっぱりね。結局こういうことなんですよ。できる時は体力もコツも関係ないんです。
何かがあるとしたら、これは自転車に乗れるか乗れないかの境目辺りの感触か。
その段階では、何をしたからできたじゃないでしょう。変わるのは自分の中だけのこと。
ある時、何かの拍子に、カチリと何かがはまるように乗れるようになってしまうもの。
それがコツと言えるのかもしれないけれど。ともかく、これで肩の荷は下りた。

b0066893_18424815.jpg

この動画が(表記がないけど)この場所なんですよ。これくらいのことはやりたいね。
でもいい。こうなったら次だ。いつの間にかできなくなっていた簡単技は他にもあるんです。
例えば「バク転(後方倒立回転とび)」。もう僕もジャニーズやめてずいぶん経つのでね。
[PR]
by yattokamedagaya | 2014-06-04 20:59 | Sports & Health | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://yattokame.exblog.jp/tb/22735438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2014-06-05 18:36
成功ヲ祝ス    ♪

拙には到底無理な業です
鉄棒が折れ曲がるかな (^^;)
Commented by nobulinn at 2014-06-05 20:35
ふふふ・・・
にやにやしながら読ませていただきました。
お疲れ様でした。
そして、おめでとうございます!
昔逆上がりが出来なくて、何度も練習して、ある時出来たことに気が付かないくらいふっとできるようになったことを思い出しました。
そうカチッと何かが合ったのですね、あも時・・・
Commented by ワンコ at 2014-06-05 22:38 x
根性で出来たんですね。
すごい!
誰もいない地下室で(イメージです)黙々と練習するならわかりますが
公衆の面前で黙々とやれるのは・・まあコーチがついちゃったので流れもあったとは思いますが
たいていの人はあきらめますよね。

筋肉痛だけで済んでよかったですね。
いつも使わない筋肉を突然使うと思いがけず筋を痛めたりして医者通いってことにもなりかねませんから。

とにかく体力的には若いってことが立証されたような。
私には到底まねできませんです。
Commented by こりす工房 at 2014-06-05 22:45 x
こんばんは

鉄棒、成功おめでとうございます。
すごいですね~~~
筋肉痛、わかります~~~
私は普段全く運動をしない人なので、ちょっと出かけたりするとすぐに筋肉痛になります。(笑)

私がもうかなり前(10年以上も前)に甥っ子に鉄棒を教えようと思ったときは、
体力云々というよりも、ちょっと怖さが先に立ってしまいました。
Commented by meru103 at 2014-06-05 23:07
わっ、体操経験者に指導してもらえたなんてラッキーでしたね♪
でもたしかに疲れそうですね(=^m^)クスクス
筋肉痛のおかげで(?)達成感も味わえましたね(*^ー゚)b
Commented by はぴわん at 2014-06-05 23:59 x
僕もできるはずだと思っているけど
もう、年なので無理かも知れないですね〜。
できたのは、高校生や中学生の頃の話、あれからもう
何十年も経っちゃ、気持ちがわかっていても体がついてこないでしょうね〜。
そう思うと、やっとかめさん、すごいなぁ。
まだまだ現役バリバリの若さですね〜(*^^)v
Commented by yattokamedagaya at 2014-06-06 08:32
*雨漏り書斎主人さん

ありがとうございます。
お食事や読書・映画でお忙しいとは存じますが
その多趣味に、このようなことも加えてみては如何でしょう。

Commented by yattokamedagaya at 2014-06-06 08:33
*nobulinnさん

ありがとうございます。ネット動画では中高年でもぐるぐる回っているのに
こんなことで大騒ぎしていて、お恥ずかしい限りでございます。

鉄棒に限らず、スポーツで何かを会得する瞬間はそういう感じですよね。
スキーでターンできるようになったりとか。
外がどう変わるではなく、自分頭の中で「これだ!」と気づけばできるんです。

Commented by yattokamedagaya at 2014-06-06 08:33
*ワンコさん

いやたぶんなめてかからずに、慎重に最初の1回を始めればそれで成功していて
「何十年やらなくても、身体は覚えているもんですね」
という記事になっていたと思います(笑)。最初に失敗したから余計なことを考えて
その後やめるにやめられなくなって、こんなことになってしまったんです。

こんな筋肉痛になるとは思いませんでした。
最低週に1回は、ジムワークでなるべく多くの筋肉を使うような運動を
していたつもりなんですが、気を抜いて他の人と同じような運動になっていたんですね。
何にせよ、あまり無理しないようにしないと。「健康が一番」ですよね(笑)。

Commented by yattokamedagaya at 2014-06-06 08:34
*こりす工房さん

おはようございます

ありがとうございます。普段使わない筋肉を使うと、筋肉痛来ますねぇ。
運動していることを自慢したくて「今日筋肉痛でさぁ」と言う人がいますが
それは逆に普段運動していないことをバラしているだけなんですよね(笑)。

スポーツで何かができなくなるのに「怖い」という気持ちがありますね。
スキーなんてまさにそう。怖がってしまうと何もできなくなります。

Commented by yattokamedagaya at 2014-06-06 08:34
*メルママさん

その部分はラッキーだったのかもしれませんが。
簡単に成功してさよならのつもりが
ちょっと変な方向に向かってしまいました(笑)。
でもこの紆余曲折も、これからの人生の糧になるのでしょうか。
……ならんな(笑)。

Commented by yattokamedagaya at 2014-06-06 08:35
*はぴわんさん

いや、意外にできちゃうかもしれないですよ。
蹴上がりはそれほど筋力がいらないタイミング技だから
こんなふうに長引くと、疲れだけでできなくなっちゃうので
1回勝負でやれば、身体にまだ感覚が残っていればできるかもしれません。
僕も確実にやったはずと記憶しているのは中学生までですよ。

Commented by mitikusak at 2014-06-06 18:26 x
昔むかし大昔、忘れる程の大昔は出来ていたような(*^_^*)
でも今はそんなお腹に要らぬ倍菌が入ってしまい、
お手上げなら出来ますが、出来ませんね(ー_ー)!!
人様の蹴上がり風景笑いごとじゃないけど、流石ですね(^_-)
Commented by yattokamedagaya at 2014-06-06 18:47
*mitikusakさん

それはバイキンだったんですか(笑)。

お手上げの位置までも、普段手を上げることはないでしょう。
だからぶら下がるだけでもほとんどの人はやったことがないはず。
もうぶら下がり健康機なんて誰も持ってないでしょう。

最後は脚をバーに近づける瞬間を撮ろうとしたんですが
片手じゃ無理です。ご愛嬌です(笑)。

Commented by debu8219 at 2014-06-07 10:25
御苦労様でございます(笑)
いやぁ自分もきっと体重増加もあることからきっと前回も述べましたが…きっと無理ですw
でもそんな親切な方々が居たらきっと無理して頑張ってしまうでしょうね。
Commented by yattokamedagaya at 2014-06-07 11:27
*魔王さん

無理しすぎてしまいました。もう中学生の身体じゃないのに(笑)。
自慢じゃないですが、僕はこの1年で体脂肪率10%も上がってましたよ。
先日検査をしたら、もう安心してたのに、ふたつばかり危険な数値が。

Commented by yokusang_09 at 2014-06-22 23:56
わー。日比谷公園にいらっしゃってたんですね。
見にいけばよかった(笑)
(でも実は、5月に事務所が移転して日比谷公園からは遠ざかったんですけどね…)

逆上がり、自分は、実は恥ずかしながら、小学校のころから
ずーっとできないので、多分大人になった今でも、余裕でできないと思います…。
なんか、逆上がりではないのですが、小さいころはもっと余裕でできていたことが、
全くできなくなって衝撃を受ける経験、確かにありますね…。
自分の場合は水切りでしたけど…。
Commented by yattokamedagaya at 2014-06-24 11:02
*よくさん

事務所移転しちゃったんですか。
僕は逆に引っ越しで近くなったんですよ。虎ノ門ヒルズも。

逆上がりはコツだけで、運動神経も力も関係ないから
僕の小学校はできるまでやらせました。だから当然皆できましたよ。
時代と地域で違うんでしょうけどね。指導員の能力も。

運動に限らず、できなくなっていたことってありますよね。
一応気づいたら復活させておきたいです。できることならば。
水切りもできなくなるものなんですか? うう、宿題が増えた……。

名前
URL
削除用パスワード
<< 銀座 2014年 初夏 発芽 >>