勝鬨橋の謎
b0066893_1838254.jpg

これは隅田川に架かる勝鬨橋。築地と月島を結ぶ、日本に現存する数少ない可動橋。
ご存知のように、現在可動部分はロックされていて、開くことはありませんが。

b0066893_18393413.jpg

有明やお台場方面に自転車で行く時はここを通るんです。でも、僕はあまり好きじゃない。
2車線あるけどちょっと狭くて、車に嫌がられるんですよ。これが自転車での目線です。

b0066893_18414629.jpg

かと言って歩道に上がると、これまた狭い歩道で今度は歩行者に嫌がられる。
結構人通りが多いんです。自転車も。それに立ち止まり景色を見る人、橋を見る人も多い。

b0066893_18421218.jpg

ああ今回は自転車話ではないんです(笑)。この橋の話。ここは国の重要文化財なんですね。
興味深い橋です。ほら、前方に建物のような部分があるでしょう。

b0066893_18424762.jpg

可動橋と言っても全体が跳ね上がるわけじゃない。橋中央のその建物のような部分の間が
パッカーンと上に開いて、そこを船が通っていたんですね。

b0066893_1843596.jpg

これがそこの下から撮った写真。つまりここから向こうに見える同じ構造部までが可動部分。
それの前後のアーチ橋になっている部分は動かないんです……と前置きをして(笑)。

b0066893_1845772.jpg

さて、その動かない部分の欄干に、何かスリットのような、窓のような穴が
等間隔にできているのが見えるでしょうか。

b0066893_18453479.jpg

これが何のための穴なのかよくわからないんですが、単なるデザインなのか
それとも風を通すためなのか。まさか銃眼なんてことはないですよね。

b0066893_1846541.jpg

その部分を橋の側から見るとこうなっています。内側にクリアなアクリル状の板が
留められているんです。たぶん危険防止でしょう。

b0066893_18463359.jpg

橋が完成したのは1940年6月14日。太平洋戦争前年ですよ。
そんな時代の日本に過保護な安全発想はないはずなので、これは後付けのはず。

b0066893_184723.jpg

ところで……もうお気付きですよね。そう、ここにお賽銭のように、トレビの泉のように
コインが投げ入れられているんです。投げ入れるしかないと思うんですよ、橋の外側から。

b0066893_18473346.jpg

入っているのは主に5円。ご縁というあれね。それに1円や10円もありますね。
全部現行コイン。そんなコインが、ほとんどすべてのこの場所に入っているんです。

b0066893_1848645.jpg

神社仏閣や湖や池や一部の建造物ではあることだけど、ここはいつからこうなんでしょう。
投げ入れるのはそれほど難しくないかもしれない。でもここから盗むのは難しいと思う。

b0066893_18483970.jpg

実はこの写真を撮ったのは去年の秋なんです。何度も渡っていたのに気付いたのはその時。
ところが先日久々に見てみたら、どうもこの時と入っているコインが違うようなんですね。

b0066893_1849980.jpg

秋には空いている場所もあったけど、今はほぼ満室状態。10円玉が増えていて
中には2枚入っているところも。僕の記憶は確かなはずですよ。この短期間でも違うんです。

b0066893_1850079.jpg

でも、なぜ1枚くらいしか入ってないのか。 これ、つい最近始まった風習なんでしょうかね。
ちょっと調べても、わからなかったんですよ。これに気付くのが僕だけのはずがないのに。

b0066893_18505649.jpg

それとも逆に、これは今始まったことじゃなくて、もう何年も何十年も
ひょっとしてまだ開閉していた頃からやっていたんじゃなかろうか。ありそうでしょ?
だから動かないアーチ部分だけに入ってるんです。でもそうだとしたらコインの数が少ない。
時々回収しているんじゃないかな。お賽銭は寺社のものだけど、これは東京都?
いずれにしても、たまに清掃しているはずだから、コインに気付かないはずがないでしょう。
これはどういう扱い? あまり公的な機関に問い合わせたくないんですが、謎なんです。




[PR]
by yattokamedagaya | 2016-05-12 19:04 | Tokyo(Love+Hate) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://yattokame.exblog.jp/tb/25789163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by debu8219 at 2016-05-13 06:41
現都知事のおこずかいになっているのでは(笑)
ってのは冗談ですけど(苦笑)

でもいつも見ている視線がやっとかめさんは凄いっすね(笑)
毎回ながら見ていて面白いですw

にしてもこれが可動していたのは何年前までだったのですか!?
動いている所見て見たいと思うのは自分だけでしょうか!?
Commented by yattokamedagaya at 2016-05-13 18:30
*魔王さん

都知事になると、皆おかしくなるんでしょうかね、まったく(苦笑)。

これはそこから覗こうと思ってたまたま気がついたんですが
まさかほとんどすべてのこの窓に、入っているとは思わずに驚きました。

当初は1日に5回、20分ですが次第に少なくなって、1970年11月29日停止らしいですね(Wiki)。
もう大きい船が通らないし交通量が多いから、現状では再開は無理でしょうけど
川下に新しく建造した橋(築地大橋)がもうすぐ開通するのでそれによっては開閉が
再開できるかもしれませんね。できれば皆見てみたいでしょう。望む団体や都議もいるようですよ。
Commented by amamori120 at 2016-05-13 22:22
是非、責任を持ってww  謎の解明を~ (^^)/
Commented by meru103 at 2016-05-13 22:52
こんばんは~♪
勝鬨橋って可動してたんですね。
以前は高さのある船が通ってたんですね。
硬貨も不思議ですね・・・
何か御利益があるのかな??
コインの行方、気になりますね(。-`ω-)ンー
Commented by yattokamedagaya at 2016-05-14 09:22
*雨漏り書斎主人さん

え〜責任ないと思うけど(笑)機会があれば調べますが
変な所をつついて、禁止されてしまったら
やっている人に申しわけないんですよね。
Commented by yattokamedagaya at 2016-05-14 09:31
*メルママさん

こんにちは。
戦前は交通事情が違っていたんでしょうね。
今は陸上交通が多いので、重要なこの橋は動かせないんですよ。
コインもよくある願掛けのようなものでしょうね。
古い神社でも新しい習慣が急に始まってブレイクすることがあるので
そういことが静かに始まっているのかもしれませんよ。
Commented by nobulinn at 2016-05-14 23:47
こんばんは。
この部分に目をとめて、行くたびい観察している人ってかなり少数派かなと・・・笑。
でも、おもしろいですね。
きっと回収しているのでしょうけれど、どうなっているのでしょうね?
そちらも気になります。
もし解明したらおしえてくださいね!(^^;)
Commented by yattokamedagaya at 2016-05-15 19:17
*nobulinnさん

こんばんは。そんな、しょっちゅうじゃないですよ(笑)。半年で2回。普段はスルーです。
昨日久々に見たら川下側はまた増えていて、3枚入っている所もあったんですが
川上側は減っているような。なぜだろう。ついでにわかりにくい写真を撮り直そうとしたんですが
今、橋の超寿命化工事というのをやっているらしくて、青い足場がついてカッコ悪いんです。
晴海通りから海側はずいぶん変わって、もうnobulinnさんが興味を持つような町並みじゃないですね。
Commented by はぴわん at 2016-05-16 17:26 x
不思議ですね〜。
僕の推理は釣り人から魚をもらったときに渡すお金として
ユリカモメがくわえて持って行くのでは・・・(^◇^;)
ちなみに勝鬨橋の名前の由来、先日テレビで知りました。
日露戦争に勝ったから勝鬨橋にしたんだそうですね〜。
Commented by yattokamedagaya at 2016-05-16 17:50
*はぴわんさん

はぴわんさんの近所こそ、こういうところ何ヶ所もあるんじゃないですか?
帝釈天の色々な場所や寅さん館や駅や矢切の渡し、取水場とかにもありそう。
そうか、ユリカモメが持っていくからあまり増えないんですね(笑)。
硬貨を置くのは、日露戦争勝利の縁起をかついで、なんでしょうかね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 身をもって なんてこったい! >>