銀座 伊東屋
b0066893_18595102.jpg

久々の銀座。何だか人が多いね。


b0066893_19001762.jpg

12月の雰囲気ではある。日向は暖かいけど。


b0066893_19004256.jpg

本日ワタクシが訪ねたのはこのお店。


b0066893_19005875.jpg

ではなく、裏のこちらの方。


b0066893_19011331.jpg

寂しいねぇ、画材はこんな狭いところに追いやられて。


b0066893_19013214.jpg

まあ我々がMacを使うようになったのも悪いんだが。


b0066893_19014980.jpg

今日もこれを買いに行っただけ。
アクリルガッシュ。被覆力があるアクリル絵の具です。
今ではリキテックスでも出してるんですね。
知らなかった。もうリアルの絵を書いてないからね。
今回も絵じゃなくて、これは補修用。
久々に絵の具を出したら、ほぼ全部固まっていたんです。



by yattokamedagaya | 2018-12-03 18:58 | Tokyo(Love+Hate) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://yattokame.exblog.jp/tb/28926928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by らぴ at 2018-12-05 15:32 x
おお、銀座
それでもって、伊東屋
もうもう、20代の記憶が~蘇える

でも、、、変わってないような気も?
銀座、一昨年、14年ぶりの日本
後輩が銀座へ連れてってくれたんだw

絵の具かたまり幾年の過去へ??
Commented by yattokamedagaya at 2018-12-05 18:38
*らぴさん

銀座、中国人ばかりだったでしょう(笑)。

伊東屋は、表の店は看板は同じでも
中は今はかなり違います。
昔の1〜3階を全階に広げた感じ。
高級文房具屋部分だけです。
画材は裏の店。昔紙や額縁を売っていた所。

絵の具を使った絵はもう20年以上
造形物は10年以上作ってませんね。
Commented by amamori120 at 2018-12-06 18:08
こんにちHA

拙も 伊東屋が好きで銀座に出た時はできるだけ寄るやうにぃ

いまでも 変わった文房具集めをやってるものでぇ ww
Commented by yattokamedagaya at 2018-12-06 19:27
*雨漏り書斎主人さん

伊東屋はオリジナルのしゃれた文具も
多いですからね。
でもリニューアルしてからは
僕は手帳かプレゼントを買いに行く
くらいになりました。
Commented by ほしがき at 2018-12-06 21:10 x
銀座は歩行者天国でしょうか。
広い通りを歩く大勢の人には圧倒されます。
もっぱら写真を撮るために時々行きますが
それではもったいないですね。
伊東屋はすごい品揃えなんでしょうね。
アクリルガッシュは知りませんでした。
Commented by yattokamedagaya at 2018-12-07 04:59
*ほしがきさん

土日の歩行者天国です。今の銀座は少し前の
中国人天国から少し変わったように感じます。
買わないまでも、店やギャラリーを覗くのが
楽しい「銀ブラ(死語?)」になるのでは。

伊東屋は文房具全般では品揃えは豊富ですが
画材は減りましたね。よく出るもの以外は
ほとんど取寄せでしょう。
アクリル絵の具は水彩風も油絵風も出来ますが
普通に塗ると下の色が出てくるんですね。
アクリルガッシュは不透明度が高いので
覆い隠してくれます。
Commented by はぴわん at 2018-12-09 00:13 x
Itoya、懐かしいなぁ。
めっきり行かなくなりました。
30年ぐらい前はよく行ったんですが・・・。
僕はアクリル絵の具、ダイソーで買ってますよ。
この数年は年に1度だけ年賀状用の絵を描くのに
使ってます(^◇^;)
Commented by yattokamedagaya at 2018-12-09 11:31
*はぴわんさん

はぴわんさんもそうですか。
Macを使うようになってから
仕事では行かなくなりましたからね。
昔は画材もいろいろな所で扱っていましたが
もう近所にないから、久々に行きました。

アクリル絵の具ははぴわんさんの記事でありましたね。
100円ショップは僕もダイソー。センス良いから。
でもだいたい200円か300円の商品になります。
名前
URL
削除用パスワード
<< デザイナーは野球好き 恐るべし『アットノン』 >>