人気ブログランキング | 話題のタグを見る
喪中はがきの意味
「喪中はがきは、近親者に不幸があった年、年賀の挨拶ができない旨を伝えるもの。
決して年賀状をよこすなという意味ではないから、出してもいいのです」
と言う人もいます。そうらしいですね。でもウンチクとして語るなら良いですが、
これも相手があってのことですから、実行はしない方が無難です。
こういうことは儀礼的な慣習なので、あまり意味を考えてはいけないのでしょう。
「お疲れ様」「役不足」のように、疑問を感じても従うべき “常識” なのです。

そう、“常識” では喪中はがきをもらった相手には年賀状は出さない。
そのもっともな理由に「不幸があった家庭に楽しげな年賀状を送るということは、
喪中で気落ちしている相手にさらに追い討ちをかけるようなものだから、
相手の気持ちを察して避けるべき」ということが一応はあるようです。でも
本当にそうでしょうか? 相手の気持ちを考えたら、そうした方が良いんでしょうか?
自分がその立場になるまでは、私もそうなんだろうと納得してはいましたが……。

実は私は1999年正月までの約5年間、思うところがあって
年賀状を一切出さない時期がありました。いただいてはいましたが……。
そしてその最中に父親が他界してしまったのです。
その年は暫し考えました。死亡の通知という意味なら出すべきなんですが、
年賀状も来ない相手から喪中はがきが来たら、誰でも良い気持ちはしないはず。
そう思って結局喪中はがきは誰にも送らず、後で知らせることにしたんです。
当然ですが皆は知らないんですから、その年も私には年賀状が来ることになります。

正直な話、私は喪中はがきを出さなくて良かったと思いましたよ。
出していれば、その年はたぶん年賀状は1枚も来なかったでしょうね。
ただでさえ父を亡くして寂しい正月が、さらに寂しくなるというものです。
それに年賀状の「おめでとう」という文面・絵柄はさほど意味を考えるものではなく、
これも正月の慣習なんです。父の死とは結びつかず、神経を逆なでもされません。
「うちはオヤジが死んでいるのに、楽しげな年賀状を送って来やがって!」
と恨むのが普通の感覚ですか? 私自身、さほど薄情な性格だとも思いませんが、
普通の人間の、常識的な感覚でもそうはならないんじゃないでしょうか?
礼儀としては、喪中なら楽しげなことは慎むべきなんでしょう。
でも “相手の気持ち” を本当に考えるというのなら、
元気づけるためにも、逆に出した方が良いんじゃないかとも思うんです。

──と思うんですが、当然私は実行しませんよ。
ここに書いたことは、マナーや憶測でない本心はどうなのか? ということを
考えただけで、円滑な人間関係を保つための “常識” の前では無意味なこと。
中には恨む人もいるでしょうし、それよりも「常識知らずな奴」と受け取る人は
確実にいるはずですから、そんな危険をわざわざ冒す必要はないのです。
by yattokamedagaya | 2006-11-20 15:47 | News & The World | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : https://yattokame.exblog.jp/tb/6069175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 堀田信弘のリーダー養成塾.. at 2006-11-21 22:14
タイトル : おはようのない組織
初デートの朝、恋人同士が交わす言葉は「おはよう」だ。会った瞬間に「おはよう」と言わないカップルが、その後順調に発展する可能性があるはずもない。さらに、何度か会っているうちにマンネリ化してくると、自然に「おはよう」という言葉がなくなる。「おはよう」という挨拶が続いているうちは、新鮮な関係が保てていると言えよう。... more
Tracked from ういろー・ざ・わーるど at 2006-11-21 22:42
タイトル : 私観・喪中はがきの意味
やっとかめさんが、ご自分のブログで『喪中はがきの意味』という記事を書き これがな...... more
Tracked from ドラゴンボールキャラクタ.. at 2007-06-04 11:00
タイトル : ドラゴンボールキャラクター紹介
ドラゴンボールキャラクター紹介... more
Commented by TodomatsuHouse at 2006-11-21 23:09
薄墨の黒枠に蓮の花があしらわれている
そんな画一的な喪中ハガキをつまらないと思うワタクシは
どうも「そんな危険をわざわざ冒す」タイプの人間のようです
…考えたら成人式に新調のジーンズを履いて行ったり、そんなことばかりやってるなぁ
Commented by yattokamedagaya at 2006-11-22 10:07
*まつおさん

うちのブログのようなグレーの文字から、
“そういう世界”を連想するご年配の方がいらっしゃるようで
「葬式じゃないんだから薄墨の文字はやめてくれ」
と仕事で言われて目が点になりました。
世の中には様々な価値観があるものです。
だからいらぬトラブルがおこらないように決まり事があるんですね。

僕も若い頃は(今もかなり)「これの方が喜んでくれるかな?」とか
「こんなことやっても意味ないよな」と自分で判断して“非常識”なことをする方でした。
その意味を理解してくれればいいんですが、
逆に嘲られたり怒られたりしたら何のためにやったのか……。

今では、ゆずれない部分は別として、それほど突っ張らなくても良い部分は
世の中の流れに流されるようにしている私です。……そうでもないかな?
名前
URL
削除用パスワード
<< 時には離れて・・・ AMINの夜 >>