新橋「竹泉」 蕎麦
b0066893_19405168.jpg

新橋・浜松町中心に、10店舗以上の多店舗展開をする「本陣房グループ」の一店。
だが聞く所によるとここ『竹泉』が直系らしい、一茶庵系のお店だ。
そもそも、よくわからんのよ、この本陣房グループというのは。
普通の蕎麦屋は暖簾分けという形だが、ここも同じようにそうなのか?
どちらかといえばチェーン店のよう。店が混んでる時は他店に連絡も取ってくれる。

b0066893_19415571.jpg

ほら、この行灯(か?)が目印だが、ここなんて隣と向かいの3店が同系店舗。
ただ、各店基本的には同じなんだが微妙に違う。それはメニューであったり
味であったり、お店の雰囲気(花番・厨房も)であったり。
だからあなたのお好きな店を選べば良い。で、私はというと、この『竹泉』。
うちからは一番遠い、新橋というよりも日比谷通り・外堀通りを越えた
虎ノ門に近いビルの、しかも地下一階という悪条件なのにだ。

本陣房グループはメニューが豊富、魚も多い。酒も多い。いわゆる蕎麦居酒屋か。
こういう店を嫌いな蕎麦好きは多いが、まあ、そういう人は行かなければ良いだけだ。
私はじっくり腰を落ち着けて飲み喰いできる蕎麦屋も好き。最後に蕎麦で〆るのだ。
それに肝心のその蕎麦も、竹泉はばかにはできないぞ。

b0066893_19433338.jpg
b0066893_1944544.jpg

お勧めはなんと言っても、変わりそば・せいろ・田舎そばの「三色もり」。
一茶庵系といえば変わりそば。年中あるはずの「柚子切り」、これが美味い。
私、変わりそばはほとんど食べないのだが、ここではなぜか食べてしまう。
柚子の香りも味も変に主張せずに良い塩梅。私は通ではないが、かなりの高評価だ。
そして次はせいろ。そして太い田舎そば。それぞれの美味さがある。
これらが、前の蕎麦が食べ終わるかという絶妙のタイミングで
(調子の悪い時もある、笑)3段階で供される。
どこかの横着な蕎麦屋のように、一度に積み重ねて持って来たりはしないのだ。
残念ながら軟弱な私は田舎そばが苦手で、いつも「二色もり」にしてしまうのだが。

夜だけでなく昼もサラリーマンで賑わう新橋・浜松町界隈の本陣房グループ。
出張・営業で新橋に立ち寄った際にはぜひ。各店食べ比べてみていただきたい。

三色もり……1,260円
二色もり( 変わり+せいろか田舎)……1,150円
二色もり(せいろ+田舎) ……940円
せいろもり……630円
田舎もり……630円


b0066893_941211.gif

【竹泉】
場  所:東京都港区西新橋1-5-10 天野ビル B1F
営業時間:11:00〜15:00 / 17:00〜22:00
電  話:03-3508-8166
休  業:土・日・祝日

[PR]
by yattokamedagaya | 2008-09-13 19:49 | Eat & Drink | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://yattokame.exblog.jp/tb/9490722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まつお at 2008-09-13 22:32 x
小あがりのある蕎麦屋で
「昼間から酒飲んでちゃ、汗水流して働いている人に申し訳ないなぁ
 ま、ビールくらいなら勘弁してくれるよな」
なんて言いながらビールを飲み、蕎麦をすすって店を出る
というのが憧れの姿です(笑)

蕎麦屋で一杯、とは逆の話になっちゃうんだけど
仕事の付き合いで2回ほど飲みに行った居酒屋の手打ち蕎麦が
酔っていたせいだけではなく、とっても美味しかったんですね
でも昼間はやっていないし、蕎麦だけ食ってくるわけにもいかないので
ある意味、ワタクシにとっては幻の蕎麦です
居酒屋で最後に出す蕎麦にしては上等すぎる!
Commented by Happy One at 2008-09-14 22:41 x
ウマそうな蕎麦ですね。
新橋に行く機会があったら行ってみたいなぁ。
柴又にも美味しい蕎麦屋と
昔、美味しかった蕎麦屋があるよ。
現在、美味しいのは「日曜庵」
昔、美味しかったのは「やぶ忠」
無名の頃の「やぶ忠」はホントうまかったですよ。
しかも大盛りで安かった。(*^^)v
なぜか昔の実績のおかげで今での客が入ってます。
客が増えたので、帝釈天参道にも店舗を出しました。
昔の味を知っている僕には、
今の味は普通の蕎麦にしか感じないんだけどなぁ。
Commented by yattokamedagaya at 2008-09-15 09:31
*まつおさん

思いがけず美味しいものに出会うと感激しますよね。

僕の蕎麦屋の趣味もまつおさんに近いかもしれません。
(特に昼は)さっさと喰ってさっさと帰るのが粋、
というわけでもなく正しい姿だとは思いますが(笑)。

台東区、千代田区辺りの蕎麦屋の2階の昼下がり。
下行く人を眺めながらくっちゃべって、板ワサとかをあてに酒飲んで
「もう午後は仕事ヤメた」とか言って寝転んじゃうの。
これが理想です(笑)。
Commented by yattokamedagaya at 2008-09-15 09:36
*Happy Oneさん

「竹泉」はぜひどうぞ。
「日曜庵」は仕事が落ち着いたら絶対行きますよ。
平日に営業してないのが辛い。僕等の利点なのに(笑)。

その「昔の名前で出ています」という店はよくありますよね。
そばの味のほとんどは個人の力量ですからね。
色々条件が変わると、いつまでも同じとは限らない。
でも一度評判になるとそれだけで客が来るし
ろくに味わってもいないのに提灯記事書くやつもいるし。
紹介記事を読むと、それぞれ何でこんな評価が違うの?
というのありますよね。個人の好みと言えばそれまでだが……。

僕も最近行っていない店のことを下手に紹介するとまずいかな
なんて思っています。
名前
URL
削除用パスワード
<< お月見 ちょんまげミステリー >>