カテゴリ:Eat & Drink( 89 )
似て異なるもの
b0066893_0155420.jpg

そんな言葉はない? ハイその通り、「似て非なるもの」ですね。
でもあれは、よく間違えられる程のものだけど、実は全然違うものという意味でしょ。
これは店名が似ている飲食店で場所も近い。けれど間違うことは絶対ない
という意味でちと違う。だからあえて付けたタイトル「似て異なるもの」。
『ラ・メール日の出』と『らーめん日の出』です(笑)。

b0066893_0162694.jpg

ラ・メール日の出は、一時期流行った『湾岸食堂』タイプのレストランです。
要するに港で働く人たちの食堂だけど一般人もどうぞ、というやつ。
あっち程オシャレじゃないけどね。姉妹店が確か品川埠頭にもあったはずです。
そしてらーめん日の出は、そこから100m程離れた道路沿いに1軒ポツンと建つお店。
もちろんラーメン屋。普通のラーメン。でも見かけのイメージより旨いです。

b0066893_0165522.jpg

この両店、日の出桟橋とその近辺にあるお店なんだけど、意外やこの辺り食べ物屋がない。
皆さん浅草かお台場で食べて来るんでしょうね。か、浜松町まで戻ってから食べるか。
だから困らないのか、他には軽食ができるところが桟橋内に2店あるだけです。
僕はその中のひとつ、アメリカンなワゴンのこのエアストリームは好きだけど。

b0066893_0171851.jpg

最後にこれは全然関係ない話。でも微妙に似ているところがあるので……。
バブルの頃に『ラ・メンジュール(La Menjour)』というふざけた名前のラーメン屋を
吉祥寺に作るという企画があって、ロゴやら何やら創ったんですよ。
でも指定日までに手付金を払い忘れるという、信じられない間抜けなこと等しでかして
結局その場所を他の人に取られちゃったんですね。
で、そのままうやむやになってしまったという、バブルの頃にはよくある話でした〜。
オレには金払え〜(笑)。

b0066893_0173862.jpg


[PR]
by yattokamedagaya | 2012-09-08 00:33 | Eat & Drink | Trackback | Comments(12)
和風オムライス
b0066893_17303990.jpg

『Cafe de Rose』さんは、このブログではよく登場する喫茶店です。
ちょっと前にイタリアンスパゲッティ風ナポリタンを作ってもらったこともある店で
料理が上手い(美味い)ということは知っていたんですが、
私的にここは地元民のおしゃべりの場。午後のコーヒー1杯で長居する場所だったんです。

そんな付き合いが、もうかれこれ12年になる先日春先。
この店の常連さんのひとりが、仲間を連れて遅い昼食に入ってきたんですね。
そして無難なミートソースを注文した仲間に「これ喰ってみろよ」と何かを勧めていて
食べた途端に相手は「うま!何これ?」、常連さんは「だろ〜」。そんな声が聞こえてくる。
「あいつら何喰ってんの?」と店主に囁くと、返ってきたのが和風オムライスという応え。
この店の隠れた人気料理らしい。普通のレストランや喫茶店ではあまり出さない料理でしょ。
その時12年目にして初めて、この店のランチメニューを見せてもらったというわけです。

写真をアップするだけのつもりが、どうにも拙い写真ばかりで美味しさ表現に自信がない。
だからついつい前置きが長くなってしまいましたが、そんな経緯の和風オムライス。
早速食べてみて、遅ればせながら、この店も僕の昼食リストに加えたのです(遅すぎ、笑)。

b0066893_17325972.jpg

で、そのオムライス。まずは卵の部分から。ここはとろっとろが外側になる
裏返し半熟タイプというやつか(勝手に名付けた)。使う卵は2つ。
オムレツなら3つ、オムライスなら2つがバランスが良いらしい、そうなの?

b0066893_17351588.jpg

そして和風と名付ける所以。卵の下に詰まった山盛りごはん。
ここは普通のケチャップ味のチキンライス、ではなく醤油味。だから和風なのだ。
ベースはしめじ、にんじん、たけのこ、鶏肉等の混ぜごはん。

b0066893_18174429.jpg

それを合体させるとこうなる。あんかけ風でもなくケチャップもかかっていないシンプルさ。
絵にならないからもう少し飾ったら?と言いたくもなるけど……やめとこ(笑)。
美味けりゃいい。でも薄味なので(僕はそれでいいが)、好みによってこの醤油で味付けを。

b0066893_17364125.jpg

こう言ったら悪いが、ローズさんも今の店構えは絵にはならない(笑)、オシャレじゃない。
そしてランチタイムにはいないが、午後遅くなると店内にポメラニアンがいることも。
そんな昔からある地元住民の憩いの場的喫茶店だが、食べ物飲み物は意外に美味い穴場かも。
場所は港区白金3丁目。明治通りから来ると、光林寺から古川を五の橋で渡ってすぐ左。
和風オムライスは800円。お得な日替わりランチもある。ただコーヒーは500円でちと高め。
[PR]
by yattokamedagaya | 2012-05-09 18:32 | Eat & Drink | Trackback | Comments(14)
新橋「魚金2号店」 居酒屋
b0066893_18461977.jpg

新橋ではあまりに有名『魚金グループ』。五反田にも数点あることは知っていたが
え、池袋や吉祥寺にも? そりゃ知らなんだ。今では全部で21店なんだと。
中には立ち飲みやイタリアンもあるけれど、やはり正統派居酒屋、魚の美味しい店がいい。
その平日は入店を諦めることも多い魚金は年中無休。そして今は会社員もいないGWだ。
ここが狙い目なんじゃないのかい? そう思って選んだ30日。だが企むことは皆同じだった。
本店は開店の4時半前から行列がちらほら。汐留見物から戻ってきた6時半にはもう満席で
系列の2号店を紹介されたのだ。まあここも一度行きたかったから好都合なんだけど。

b0066893_18464766.jpg

その魚金2号店がこちら。新橋界隈の魚金では、大きめだけど駅から一番遠いかな。
ところがこれがGWのアドバンテージか、それともお店の気遣いなのか
相席の大テーブルになると聞いていたが、席は一番奥隅でしかも隣の席は終始無人。
他の人の話も気にならず、なかなか気持ちのいい時間が過ごせたのだ。

b0066893_1851232.jpg

とりあえずのビールと共にやってきたのはお通しの、これは煮豚?
もうふたりとも、最初から写真を撮るのを忘れて喰ってます(笑)。本当は4枚あったのに。
ま、僕は外食時はいつもそう。それに、今はちょいとブログ離れでケータイしかないし。

b0066893_18513247.jpg

魚金に来たら、まずは刺身を喰わねばなるまい。イチオシは6点盛りだが、ふたりだからね。
それを選んでしまうと、もう他のものが食べられない。だからこれはお手軽3点盛りだ。
ご覧のように3点盛りと言っても、ここのメニューは嬉しい詐欺で、刺身はなぜか7種類。
6点盛りとなると、なんと12種類の刺身がどーんと出てくるのだ。なぜ?

b0066893_18555697.jpg

くじらの竜田揚げはすでに売り切れだったので、なめろうに変更。塩と味噌の2種盛りだ。
韓国海苔に乗せて食べる、これも旨い。そして酒が欲しくなる。

b0066893_18564052.jpg

ところが相方のはぴわんさんは日本酒は苦手ということなので
ここは初めての味、モロコシハイを試してみる。写真じゃ味はわからんわね。
トウモロコシ味のサワーなのだ。でもごめん、特に旨いとは思わなかった(笑)。

b0066893_1856397.jpg

やっぱり酒だよ日本酒だ。僕だけ注文ー。でも魚金さんの酒は、料理程安くはないのだよ。
割り勘天秤のバランスが悪いので、ここは龍神酒造のお酒をチョイス。
龍神さんならちと安い。なんでも魚金さんとは古くからの付き合いがあるらしいのだ。
なみなみと注いでもらう。グラスも升もそしてテーブルまで。表面張力の負けー(笑)。

注いでくれたのはこの娘。写真はOKだったがb0066893_1858093.jpg
おっとブログ顔出しは頼み忘れちまったぜぃ。
それにケータイカメラのシャッター・タイムラグで
タイミングを外した変顔になっていた、すまん。
加藤あい似のカワイイコなんですよ。
でも忙しいからあまり構ってくんないの(笑)。
b0066893_18594047.jpg

で、これもタイミングを外して、注文してもなかなか出てこなかった、海の幸の天ぷら盛り。
見た通りです。今日は何かトラブルでも? ちょいと油切れも悪いような……。

b0066893_190230.jpg

やはりGWだからか。9時を過ぎると客は少なく、この日は若いカップルが多かった。
厨房では大勢の料理人が忙しそうに働くのが見える。が、外のスタッフは少ないのかな。
最近の口コミでは、人気店故の横柄な態度、などと書かれることもあるが、そうか?
僕の知っている限りではそんなことはない。まあ、間の悪い時はあるものさ。

b0066893_1901773.jpg

そうこうしているうちにもう9時半。予定超過なのでそろそろ〆の御飯ものといきますか。
で、我々が選んだのはこのおにぎりで、見た通りこれはおかかと明太子。
これまたでかい。丼一杯飯くらい? はぴわんさん的にはこのボリュームは計算外らしい。

b0066893_19033100.jpg

でも僕は同じくでかい焼きおにぎりまで注文しているのだよ。これは能登の魚醤、いしる味。
ま、大食いの僕には、これくらいどうってことはない。正直ちょっと食べ足りないくらいだ。

b0066893_1913696.jpg

こんな感じで10時過ぎに店を出る。人数にもよるが、ここは1人3〜4,000円程の店。
魚金にしたのは他が休みという理由も。元より平日勝負の新橋だ。日祝日は定休日も多い。

b0066893_191273.jpg

お土産に、と向かったたい焼き『櫻家』も当然のように閉まっていた。これは別の日撮影。
櫻家さんも最近苦戦しているのかこの本店も場所を変え、他の新橋界隈の店はなくなった。
店毎違うメニューがグンと増えたのも、良い選択だったのかどうなのか。商売は難しいね。

湿っぽい話になってしまったけれど、魚金はまだまだそんなことはない、はず。
新橋でも居酒屋と言えば、暗い照明の和モダン的な創作料理の店や立ち飲み店が増えたが
昔ながらのこういう居酒屋がいいんだよ。駅の烏森口側にはまだそんな店が多い。
僕の以前いた会社の通勤路でもあるし(その頃魚金はなかったが)、居心地がいいんです。
[PR]
by yattokamedagaya | 2012-05-04 23:06 | Eat & Drink | Trackback | Comments(6)
ホットケーキ
b0066893_633068.jpg

これも書いていて途中で挫けたあの頃の日記。こちらはおバカなやつです。

一時期買い占めで、炭水化物もの中心に食品が店から消えたことがありましたよね。
あの時家の米もどこまで持つのか心配で、他に何か食べられる物があるか探してみたんです。
すると、キッチンの棚の奥からこんなものが出てきました。森永ホットケーキミックス。
え、パッケージがちょっと違う? そうかなぁ……。

はいはい、わかってます。これのことでしょう。なぜか楽天広告欄にも今並んでるけどなぜ?
このパッケージは、昔からほとんど変わってないんですね。

b0066893_6331654.jpg

そう、これは期待通りの賞味期限切れ(笑)。2002年の2月と読めますね。
でもほぼ小麦粉だけのこんなものに期限もないだろうと、ためらわずに早速調理開始。
さすがに付いていたシロップは捨てましたけどね。

b0066893_17513844.jpg

ホットケーキくらいは、昔焼いたことがあるんだよ。と
一応念のため箱裏の焼き方の説明は読んで、生地を混ぜてフライパンに。
でも……膨らまないんだよね、ぺっちゃんこ。
焦げて表面が固くなってきても膨らまない。これはやはり賞味期限切れのせい?
それとも作り方? どちらかわからないけど、ここも見ておけば良かった。

b0066893_1752778.jpg

結局できたのはこんなもので、パッケージ写真とは似ても似つかない。
「スペインオムレツ(トルティーヤ)」ですと言えば納得されるかも(笑)、という代物。
そんな見かけなんだけど、味は……まあ当然ホットケーキじゃないわな。
チヂミですかね。味も食感も具なしのチヂミ。それなら逆に厚め、不味くはなかったですよ。
これがワインのツマミなら、ホットケーキより合っていたかも。

調子に乗って次の日、これまた残り物の薄力粉で作ったうどんは不味かったなぁ(笑)。

[PR]
by yattokamedagaya | 2012-03-13 18:18 | Eat & Drink | Trackback | Comments(14)
自家製大盛りスパ
b0066893_19592922.jpg

ちょっと前までは旨いナポリタン探し行脚をしていたし、僕も大食いの方なんですが
『大盛りスパランチ』スルーの理由は、これ以上スパゲッティ食べたくないからなんですよ。
例のダイエット失敗体脂肪率 3.0% 事件で、これはいかん太らねばこの冬は越せないと悟り
ジムのマッチョにいちゃんの勧めで、あの11月末から家で食べる時はほとんど毎晩
スパゲッティを食しておるのです。太りたいなら炭水化物はパスタが一番ということなので。
そして手っ取り早いから、ほとんどここと同じ3種類のローテーションにしているんです。

b0066893_200458.jpg

ところで、飲食店ではこの店のように量やカロリーを表示しているところも多いんですが
これは何の重さなんでしょう? スパゲッティは乾麺で 80〜100g が一食分らしいから
この場合当然茹で上がった状態でしょうね。乾麺で 800g ならすごいよ(笑)。
でも、それでもまだ疑問が。これは麺だけ?具も含めて?まさか器までじゃないでしょう。
まあたぶん3種類作る都合があるから、ここでは茹で上がった麺だけの重さなんでしょうね。
昔は店で出されるパスタが何gあるかなんて見当もつかなかったんだけれど
毎日測って茹でているとその辺りがピンと来る。ここの並は通常サイズの約2倍なんですね。

b0066893_2003589.jpg

で、こちらが僕の通常サイズの一食分というわけ。写真はプレーンなカレースパゲッティで
乾麺200gを茹でたこの状態で約620g、具も込みで。器も入れたら1kgだ(笑)。
バルカのように盛り上げてないけれど、あそこの大と並の中間を毎日食べていることになる。
他に肉や魚や野菜(そっちの方が多い)もバランスよく摂ってますけどね。
こんな食事で病気にも影響なかったから安心して食べて、今順調に増量しているのです。

そんなわけでさらに言えば、スパゲッティ以外のパスタは飲食店では注文したくないと
ワタクシ色々な所で発言しているんですが、家で自分で作るようになってからは
下手なスパゲッティも食べたくなくなったんですよ。バルカがそうだとは言いませんが。
ナポリタンって、けっこう下手なスパゲッティ率高いと思いませんか?(笑)

2mm以上の太麺を使い、しかも茹でた後にも麺にひと手間加えるナポリタン。
元々標準の麺よりも柔らかめに作るべきものだけど、それにしても限度があるだろう
というようなふにゃふにゃ麺(ソフト麺?)を食べさせられることがいかに多いことか。
ケチャップの濃い目の味でもそれはごまかせない。付け合わせじゃないんだから。

そんなものよりも自分で作った方がよっぽど旨い。炒めずに具と絡めるだけでも旨い。
さすがに最近はちょっと飽きて来たので太麺をやめて、1.7mmをちょいと固めに茹でて
いるんだけれど、それでも旨いぞ(写真もそう)。
ということでこの3種類のスパゲッティは、後悔するかもしれない新店開拓してまで
今わざわざ食べる気にはなれないんですよ。
[PR]
by yattokamedagaya | 2012-01-30 20:08 | Eat & Drink | Trackback | Comments(10)
大盛りスパ
b0066893_11191889.jpg

「イタめしって…… チャーハンのことか?」
こんな会話も懐かしい、昭和のオヤジにはパスタなんて気取った言葉は痒くなる。
スパゲッティだ。略してスパだ。メニューもこれしかないだろ、のこの3種。

b0066893_11194797.jpg

ここはJR浜松町駅の上階改札を出てすぐ左側にあるCAFE&BAR『BARCA(バルカ)』。
夜は飲み屋だがモーニングもランチもやっている。そのランチタイム。
いつからか店頭のお飾りが、(多少統一感に欠けるが)大盛りスパ一色になっていた。
何となく潔くていいねこういうの。「うちはこいつだけで突っ走るぜ!」みたいな。

b0066893_11201789.jpg

その効果もあるのか、結構お客はここに流れていくようだ。行列のできる店。
それもスーツ姿のオヤジばっかり。若いやつもいるが、女性は皆無。とにかく男ばかりです。
女子高生に至っては、「何これ〜」みたいなもんです。興味はあるようなんだけど。

b0066893_11255960.jpg

まあここの場合、狙い所は明快だからね。ボリュームで勝負。
しかもナポリタンとミートソース&カレー(インディアン・スパと言わなかった?)のみ。
大盛りのスパゲッティ店は他にもあるが、ここまで絞るのもまた見事なのでは。
スパに限らず、このごろこんな昭和っぽいガッツリ系の店が増えてますね。

さて、これはお店のレビューというわけではありません。
それに今忙しいので今回はこんなところで、続きは近いうちにということで。

postscript:ちょっと前にネットでナポリタンに激怒するイタリア人の話があったけど
彼らが名古屋名物のイタリアンスパゲッティを知ったらどういう反応をするだろう。
「ナポリやパスタだけならまだ許せるが、お前らはイタリア全てを敵に回したぞ!」
ってなもんですかね(笑)。
[PR]
by yattokamedagaya | 2012-01-29 11:28 | Eat & Drink | Trackback | Comments(10)
海の家のかき氷
b0066893_17382445.jpg


今どき街中での注文は珍しいであろう、プレーンなタイプのメロンかき氷。
これで1杯500円。この盛りなのに500円(まだ喰ってないぞ)。
しかもメニューでは「メロンミルクかき氷」と書いてあったはずだが
いくら掘ってもミルクらしきものは見当たらぬ。
最後の底の方のわずかな甘み。これがミルクというものなのかな、自信なし。
縁日のテキヤ的胡散臭さを発揮しておる海の家だが
これも古よりの海水浴場(又はスキー場)の醍醐味というものか(笑)。
面倒臭いクレームはする気にもならぬ、まだまだ心の広かった1:10PMのオレ。

[PR]
by yattokamedagaya | 2011-08-18 18:23 | Eat & Drink | Trackback | Comments(4)
絆つむぎ
b0066893_1733611.jpg

興味ないと言うわりには、の「江シリーズ」第三弾。でもこれはちょっと別枠。
東京タワーでもらった『港区お江マップ』を見ていて、気になるものをみつけました。
『絆つむぎ』というお菓子がそれ。お江関連で開発された商品のひとつです。
と言ってもよくある話で、これも既存の商品を包むパッケージだけを変更するタイプ。
でもそのオリジナルというのが、あの『ゆりかもめの玉子』だったんですね。

b0066893_18481460.jpg

ほらこの通り、チョコ・カステラ・黄味あん・練乳の四層からなる褐色の玉子。
間違いなく昨年3月から発売されていた新しい東京土産、ゆりかもめの玉子ですね。
興味を持った時には既に製造中止のゆりかもめの玉子が、こんな形で復活していようとは。
そう、震災後の記事で書いたように、製造元は岩手県大船渡のさいとう製菓
このお菓子の復活、イコールさいとう製菓さんの震災からの復興ということなんですね。

ただ、絆つむぎは箱の側面とロゴ周りに「ゆりかもめの玉子」と記してあるだけで
中の説明書きにも、お江や絆つむぎとしての説明はあるけれど、ゆりかもめ〜の説明はない。
その辺りの事情がわからない人には「何?ここに書いてあるゆりかもめの玉子って」
ということになってしまうはず。ちょっと不親切なんじゃないか?とかね。

でもね、僕はあえてそこは書かなかったんだと思うんです。
これはあくまでも、今年の、港区の、お江関連商品としての菓子、『絆つむぎ』。
『ゆりかもめの玉子』を前面に押し出すのは筋違いかもしれません。
もちろん岩手大船渡のことや震災のことはひとことも書かれていない。
販売関連の方に訊ねても、その辺りは少し言葉を濁しているようなんですよね。
まあ販売側の立場としてはそうでしょうけど、僕が言うならかまわないでしょ。

『絆つむぎ』は6個入りで税込み945円。増上寺『三解脱門(三門)』を入ってすぐ左側。
例の「江のぼり」のある売店(港区観光インフォメーション)でのみ好評発売中。
今ならこんなステキな袋に入れてもらえますよ(笑)。

b0066893_1735255.jpg

[PR]
by yattokamedagaya | 2011-05-26 18:14 | Eat & Drink | Trackback(1) | Comments(6)
幻の蕎麦屋の後を継ぐ者
b0066893_17411537.jpg

「消えたものリスト」などという記事を書いたので、急に気になり行ってみたら案の定。
ここもリストに追加せねば。幻の蕎麦屋『深山亭』再開の望みも絶たれておりました。
考えてみればあの親爺も80歳になっているはず。客商売をする歳でもないやな。
でも僕らが希望をつないでいたのは、店が閉店された時と同じ状態で残っていたため。
親爺がやるのは無理でも、弟子が同じ味と店のスタイルを受け継いでくれる。
そんなことを密かに期待していたんです。ああ残念。

で、新しい店なんですが、これは居酒屋ですな。
『北前海鮮問屋 三番船 ハ印(はじるし)』。今年の7月26日にオープンしていたようです。
1階立ち飲み、2階に座敷。鮮魚と平田牧場三元豚、佐藤養助稲庭うどん等が売りらしい。
外観は板を貼付け変化をだしているけれど、基本構造は店内含め蕎麦屋のまま。
既に賛否両論のレビューがあるので僕は書きません。うちは蕎麦ブログだし(笑)。

最近この界隈は飲食店が増えてきてますね。
一応シオサイトの一角のようだし、近くにオフィスビル・マンションも増えてきている。
ここにあった神明小学校が閉鎖になったことも、プラス要素なんでしょうね。
イタリア街と大門・浜松町を結ぶこの界隈に店が増えるのは自然なこと。
いつまでも再開発から惜しくも外れた地域として、くすぶっていることもありません。
[PR]
by yattokamedagaya | 2010-11-18 18:19 | Eat & Drink | Trackback | Comments(0)
広尾「plates」 イタリアン
b0066893_1736549.jpg
Pizza プロシュート&グリーンリーフ【パルマ】
ヘルシーなたっぷり野菜と生ハムのピッツァ。
ピッツァ生地はイタリア直輸入の小麦粉を天然酵母で発酵し、石窯で焼き上げる。
まあ普通そうか。でもモチモチ生地とカリカリ表面とのバランスは絶妙。


b0066893_17374840.jpg
Rotisserie Chicken(ロティサリーチキン)
もう分解しちゃってカッコ悪いけど、これがこの店お勧めの一品。
福島県産の伊達鶏を香草でマリネし、1時間かけてじっくり焼き上げた鶏の丸焼き。
中まで味がしみ込んだ、柔らかジューシーチキンなのだ。


美味そに見えてる? ここは広尾のカジュアル・イタリアン『plates』(プレーツ)。
以前紹介した時は写真を撮りそこなって、その気になった時はデザートだった(笑)。
今回も似たようなもので、撮れたのはこの2品だけ。パスタや他の料理も美味いんだよ。
僕の写真は一人遊びの趣味だから、人がいると撮れない、というよりも撮りたくない。
写真を気にしてたら、せっかくのパーティーが楽しくないじゃないか。
話をしながらとか記念撮影とかは苦手なのだ。それをわかって(誰に言ってるだか、笑)。

ちなみにこれをケータイで撮ると >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2009-11-30 17:50 | Eat & Drink | Trackback | Comments(2)