<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
猿のレリーフ
b0066893_22425860.jpg

黄金週間焼屎企画其の弐──みたいな……。

これは旧蜂須賀邸洋館、北東外壁の猿の浮き彫り。
前から気になっていたこのサルを、この機会にちょいと調べてみた。
どうやらこれは、日吉神社の神猿をモチーフにしているらしく、
立鳥帽子で御幣をかつぐこの猿と、全く同じ意匠の陶板が
旧小笠原伯爵邸にもあるらしい。洋館に守護神、面白いね。

ところで >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-30 23:10 | Objects(Man-made) | Trackback | Comments(8)
中華的裏口
b0066893_23192015.jpg

「中國餐館的後門」──これが正しい中国語?

実は今日4月29日は >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-29 23:41 | Bldg.(In the City) | Trackback | Comments(0)
我が家にも(どうにか)光がやってきた
♪ひかるーうみ、ひかるおーぞら、ひーかーるーまんしょんー

このCMから既に1年。いつのまにかうちの集合住宅にも光ファイバーがつながっていたのだ。私の知らないうちに手続きが完了していたらしい。今のADSLでも別に不満はないのだが、たいして料金は変わらないようだし、便利になるのなら……ということで私もフレッツ光に変更を決めた。だが急ぐことでもないだろう。そう思いながらズルズルと、なかなか申込できないままにここまで来てしまったのである。

そして本日決断。だがトホホの1日になってしまったのだ >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-28 00:00 | My Own Life | Trackback(2) | Comments(6)
画像管理
これ、ブログ開設当時はずっと考えていたことなんですが、もうすっかり忘れていました。思い出したのはまつおさんの記事を読んだから。「ういろー・ざ・わーるど」は無料ブログの画像容量制限の満期をめでたく迎えるそうです。おめでとうございます〜って、めでたくないわな、この満期は。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、我々の仕事分野の印刷関係では、通常使用する画像は原寸で350dpi、CMYKのEPS保存形式が基準です。基本的には画像容量の上限もなし。具体例を挙げれば、カタログで使うA4の全面写真なら、色数にもよりますが、だいたい40〜60MBということになります。

こんな感覚でブログをやったら、あっという間に上限の30MB。単純計算でもその範囲内で毎日1枚1年間投稿するとしたら、1枚を82KB以下に抑えなければならない、ということになります。無理でしょ?最低のピクセルで撮っても1枚250KBくらいにはなりますよね。だからエキサイトブログで写真ブログを半年以上続けている人は、とっくに有料か、かなりマメに画像処理(画像修整という意味ではない)をしていると想像しているんですが、違いますか?

b0066893_21262457.jpgb0066893_2126378.jpg
僕の場合はというと、画像処理はしますが結構いいかげん。元々このブログは文章中心で画像は挿し絵程度と考えていたので、写真はかなり画質を落とします。仕事なら画像処理のソフトはPhotoshop(僕はイラストもほとんどこれ)なんですが、WEBの場合はそれとは違ってFireworks。これでまず使用サイズまで縮小(ここの場合左右は最大で510ピクセル)。そしてJPEGの場合は、一気に70%まで画質を落とします。以前は60%まで落としていました。最大でも50KBにするのが目安です。あまりこういう作業に煩わされたくないので、やることはこれだけ。おかげさまで(誰の?)現在記事数306で、9.35MB使用でした。

この画像容量ダイエットは、何も有料がイヤだからじゃないんですよ。……それもあるけど、やはり理由その1は表示を早くするということです。僕がHPを作り始めた頃は「トップページは150KBが限度でしょう」と言われていた頃。それ以上だと待ち切れずに客が逃げちゃうんだと。だからギリギリまで画質を落とすことは、ひとつの決まり事だったんです。今はその頃とは環境が全然違う。でも標準的な環境ってどうなんでしょうね?うちの場合、ADSLの遅いヤツを使っているんですが、各マシンで表示スピードが全然違います。標準がうちのeMacレベルだったら、もうここまで画質を落とす必要はないかとも思うんですが……(G4では、ほとんどの写真中心ブログは遅いです。先日書きましたが、エキサイトブログのトップページもかなり遅い)。うちでも画像がメインのエントリーも増えてきたので、こちらの方はどうしたら良いのか現在マジメに思案中。皆さんはどうやってるんでしょうね?実際、画質を落としていく作業は(ブログは仕事じゃないと割り切っていても)イヤなものなんですよ。
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-26 21:39 | Internet & Blog | Trackback(1) | Comments(4)
荷札は隠すことにしました。
ご覧になってわかる通り、タグの表示はやめました。
でも「使えねーよ、こんな機能」と言いたいわけではありません。
便利ですよ〜これは。特に記事が多い人は使いやすくなるでしょう。
でもうちには合わん。ということだけなんです。
このブログデザインのテーマは、「シンプル&スピード表示」。
そういう見方でいくとタグは邪魔なんです、色々な意味で……。

まずレイアウト上の邪魔。サイドバーはまだまだ許せるけれど
本文下のタグはやっぱりカッコ悪い。CSSで調節したけど気に入らない。
テール部分は小さな文字で全部英文1行で、記号のように流したいのです。
──ここは多くは語らん。個人の好みとそのブログの適性だ。
その気と知識(と協力者)があれば、CSSでかなりの部分は調節可能だし……。

次に表示上の邪魔。ワンテーマ(写真とか)のブログならやりやすいんです。
もっともワンテーマだったらカテゴリだけで充分。タグも必要ないか……。
うちのように内容が何でもかんでもで、カテゴリが少ない所は苦労するんです。
カテゴリを増やさなかったのは、複数にまたがる記事の処置に困るから、
なんですが、タグでそれを分けてもまた困ることになる。
僕の場合、自分のことは全部私生活タグ、写真の比重が高いと写真タグになる。
そうなるとカテゴリひとつ分以上の記事がタグひとつに集まってしまって、
100を越す記事が一気にダーと表示されることになるわけです。
これは表示に時間がかかりますよ、特に写真が多い場合は。
最近はブロードバンドだし、コンピュータも性能が良いから
昔ほどではないでしょう。でもやっぱり表示に時間がかかるのはいやなものです。
話は少し違うんですが、うちの旧Macではエキサイトブログのトップページ表示が
前回のマイナーチェンジ以降、非常に遅くなりました。

こんなふうに、良い所もあれば悪い所もある。うちの場合は悪い所が多いかな?
このタグの分け方も、もう少し考えれば上手い方法があるのかもしれませんが
もうやり直す気力はありません。
うちは1年半のたった300程の記事。それでも設定にえらい時間がかかりましたよ。
しかもこの機能は後付けなので、他の機能と比べると使い勝手が良くない。
一括変換というのができないようなんです。
新しいタグにする時は、ひとつの記事毎に変えなければならない。
そんな面倒なことは、もうしたくありません。
この機能を活かすには、事前にかなり綿密な計画を立てる必要があるようです。

ということでやめたんですが、これ、タグを全部消したわけではないんですよ。
それもまた時間がかかるでしょう。一括消去はできないはず。
だからこれは消したんじゃなくて、非表示にしただけ。
「やっとかめどっとこむ」の舞台裏ではタグ機能は生きているんです。
だからどうしても記事が見つけられない時は、一時的に表示にするという
手段もまだ使えるんですが、もうそれも意味がないかも……。
タグを付ける段階で全記事を見たから、今はどこに何があるかわかっています。
これを覚えていれば、そもそもタグを付ける必要もなかったということなんです。
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-24 23:37 | Internet & Blog | Trackback(1) | Comments(0)
バラ科サクラ属
b0066893_15157100.jpg
八重桜は英語で「Double Cherry Blossoms」、日本語そのまんま?
枝垂桜は好きです。でも八重桜はあまり好きではないんです、本当はね。
普通の花として見るなら良いけれど、これも桜。となると
桜のイメージというものが……。そんなにゴテゴテしててもいいの?
でも桜もバラ科の植物であるのなら、八重桜こそが正統なのかもしれません。
ということで薔薇のように撮ったつもり。ゴージャス?

More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-20 00:05 | Flowers | Trackback | Comments(4)
江戸三大毘沙門天 松流山正傳寺
黒にゃんさんの遅咲きの桜と狛犬を見たからにぁ、狛犬好きの俺っちも書かねばなるめぇ。これは芝浜の両端にあるお寺と神社ということで鹿嶋神社と対のようなもの。ジモティとしては書いておきたかったネタではあるんですが。
b0066893_23174756.jpg
そしてひねくれ者の僕のこと。ここはストレートに狛犬とはいかない。よく見てください「狛虎」です。こちらに祀られているのは「毘沙門天」。と言えば虎が縁深い。同系の寺院には「南麻布 天現寺」「駒込 吉祥寺」等、他にも狛虎を置くところがあります。「神楽坂 善国寺」もそう。その善国寺とこの正傳寺ともうひとつ(不明らしいが)を合わせて「江戸三大毘沙門」ということなのです。


b0066893_2318431.jpg
b0066893_23192995.jpg
ここの狛虎は、他の寺院の肩をいからせた歴史を感じる意匠のものとは異なり、妙にリアル。銘がないから何時作られたものかわかりませんが。向かって右の阿像が雄で左の吽像が雌。狛犬の場合も普通はそうですが、違う場合もあります。でもこれは自信を持って言える。なぜなら……付いているからです、アレが。これまたかなりリアルに……。狭い境内を見回せば、塀の近くにも小さな狛虎。そして上にも。まさに「トラトラトラやぁ!」(知ってる?このセリフ。パールハーバーより良くできている映画なので是非観るべし)。

b0066893_23205278.jpgb0066893_23212295.jpg

b0066893_23223793.jpgということです。ところがこの正傳寺。江戸期はこの絵のようにたいそう賑わったらしいのですが、現在その面影は全くありません。まあこれは法華経だからというわけでもないでしょうが。今ではこの正傳寺を訪れた人は「え?ここが?」と言うこと間違いなしの小さなお寺です。でもこちらの毘沙門像は伝教大師(最澄)作といわれ、日蓮宗中興の久遠成院日親上人の開眼による「開運大毘沙門天」。現在でも正月・五月・九月の初寅の日には、ご開帳とご祈祷で多くの参詣者が集まるそうですよ。



b0066893_23231452.jpg

日蓮宗 松流山 正傳寺(しょうでんじ)
東京都港区芝1-12-12

[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-20 00:03 | Temples & Shrines | Trackback(1) | Comments(2)
今さらながらのタグ機能
最近、半分備忘録化してきたこの「やっとかめどっとこむ」。
備忘録と言うからには狙いの記事を素早く捜し出せる
インデックス機能が充実していなければダメなのです。
ところがうちの場合(皆さんもそうかもしれませんが)どこのカテゴリに
入れてしまったのか、後でわからなくなる記事が多いんですね。
カテゴリを選ぶ時に迷う記事が、そんな迷子になる可能性が高いんですが。

こりゃカテゴリを増やさなければダメかな?と思っていた時に目に入ったのが
トップページお知らせ欄の「タグ機能を追加しました」の赤文字。
──というのは嘘で(嘘99%)、このお知らせは知っていたんですが
この場合のタグは別の意味(編集のタグ)だと思ってずっと無視していたんです。

ところが昨日見て驚きました。そのタグ機能というのが、
まさに僕が欲しかったインデックス機能だったんですね。
「カテゴリ」は、区分けはできるんだけど後で探しにくい。
「タグ」は、「以前の記事」のように、サイドバーをクリックすれば
記事が全部ダーと(タイトルだけでなく)表示されるんです。
このタグはひとつの記事に3つ付けれるのでカテゴリ分けに困った記事も大丈夫。
さらに記事の下にも入るので記事からもジャンプできる。

さすがエキサイトさん、よくわかっていらっしゃる。
というわけでさっそく表示してみました。
デフォルト状態ではちょっとカッコ悪いので、微調整をしてから
各記事にタグを付けていったんですが、ここでふたつ程不具合が……。

サイドバーには最大で20のタグしか表示できないのです。
細分化しようと思っていた僕は、すぐに20になってしまってまたやり直し。
もっと大きなくくりにしなければならない。
そうなると「カテゴリ」との関係も微妙になってきます。

もうひとつ。見出しに最大で10文字しか使えない。
これは全角日本語だけでなく、半角英字も10文字なんですよ。
英字で10文字なんて、単語ひとつも入らないこともある。これは困った。
何も英語にかぶれているわけじゃないけれど
日本語で書くと言葉の意味がダイレクトに目に入ってしまうので
それがイヤな時は英語を使う場合がよくあるんですよ。
この程度の単語なら誰でもわかるし。
でもやっぱりこれは日本語にするしかないのかな……。

そんな具合で、現在タグ設定を調整中。
この機能を有効に使えばかなり使いやすくなる。はず。
あくまでも僕にとっては、なんですけどね。
でも過去記事に飛びやすくなるという利点はあるので
この機会に過去の記事も読んでくださいね。なんて宣伝もついでにしておこう。
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-17 23:27 | Internet & Blog | Trackback(1) | Comments(2)
Romeo e Giulietta
b0066893_2346138.jpg

恋の季節です。──にしてもジュリエットさんったら、ちょっと大胆。

More >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-15 00:15 | Cats & Dogs | Trackback | Comments(6)
やっぱり腹黒い?
こんにちは。80%が見栄と利益で構成されているやっとかめです。

最近巷で話題(?)の成分解析。面白そう〜と思ったのにこれはWindows専用だ。
またまたMacは“はぶせ”かい!!
はぶせ:仲間はずれ、のけ者の意。これ、どこの方言か忘れました。名古屋?)
そう思っていたらきのぴーさんがMacでもできるサイトを探してくれました。

で、喜び勇んで「やっとかめ」で入力したら、結果はこれ。

やっとかめの57%は見栄で出来ています
やっとかめの23%は利益で出来ています
やっとかめの8%はミスリルで出来ています
やっとかめの8%はお菓子で出来ています
やっとかめの4%は言葉で出来ています


これ、普通の人はだいたい良いこと書いてあるんですよ(意味不明の言葉以外は)。
なのに何だ、この結果は! オレは悪代官か?
「ミスリルって何なんだよ」と、これまた分析したら51%がハッタリなんだとさ。
もうこれはいいや。違うもので入力しよう。

気を取り直してこんどは本名で。ひらがなの方がいいのかな?と入力したら……

××××××の99%は嘘で出来ています
××××××の1%は陰謀で出来ています


……もう立ち直れません……。漢字でも英字でもわけわからん分析だし……。

と思っていたらきのぴーさんがIDで調べてくれました(そうだ、それがあった!)。

yattokamedagayaの91%は純金で出来ています
yattokamedagayaの6%は魂の炎で出来ています
yattokamedagayaの2%は気の迷いで出来ています
yattokamedagayaの1%は濃硫酸で出来ています


いいじゃないの〜。これはいい結果ですよね。
でも前のふたつを見た後にこれを見ると、やっぱり金がらみかい
という気がしないでもないが……いやいや、もうあれは忘れましょう。
ありがとう、きのぴーさん。気持良く仕事に戻れます。

これ、大凶を引いた後のおみくじを引き直す感覚ですね。


追記:
ミスリルって、アレなんですね。知らないと恥ずかしい?
俺ゲームやらないからピンと来ないんだよね。
もひとつ。この分析に円グラフが付いていたらなおステキ。
難しくないと思うんですよ、技術的には。違う?
さらに追記4/20:
もう一週間放置したので、そろそろ本名を隠させていただきます。
ブログだと検索されやすいから不安なんですよね。
[PR]
by yattokamedagaya | 2006-04-12 12:31 | Profile & Greetings | Trackback(4) | Comments(4)