<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
日曜日のハマさん
b0066893_11362520.jpg

ちょいと古めのネタ3連発。最後は比較的新しいかも。

この人は、ご存知(か?)ハマさん。
本名:浜 松男、45歳、ハマサイト・プリント・ジャパンINC 第一営業部 係長。
今年の1月15日、浜松町にオープンした飲食店街『ハマサイト・グルメ』のキャラクターで
いわゆる、ゆるキャラですね。カワイイといえばカワイイかもしれない赤塚風。
ここハマサイトは近隣のオフィスで働くサラリーマンがターゲット(それしかない)。
だからこういうキャラもありかもね。決してカッコ良さを狙っていない、
浜松町という立地を充分理解した上でのハマサイト・グルメの戦略なんでしょう。

b0066893_11372610.jpgで、ただいまオープンから3ヶ月というところなんだけど
せっかくハマさんが休日出勤しているのに、
なんだか寂しいね、人がいない。
でも日曜は、これが想定通りなのかもしれない。
この辺りで休日に盛り上がっているのは
隣の『ポケモンセンター』くらいで、
そこから流れてくる客を拾うしかないのかな。
考えてみれば、元々浜松町駅の海側というロケーションは
あまり条件が良くないんです。
一応シオサイトがここまで伸びたことになってはいるけど
汐留から浜松町までわざわざ来る人いないもの。
そして浜松町・大門に来た人でも、目的地は駅から内側で、
この前を通るのは『四季劇場』や竹芝桟橋から駅に帰る人だけ。
しかも竹芝帰りは、ほとんど道の反対側を歩く。

だから当然平日のサラリーマンが狙い。なんだけど
地区中心部の大門交差点からはかなり遠いし、よほど引き付けるものがないと辛いんです。
この飲食店街の入るオフィスビル『汐留ビルディング』(ここ汐留なのかな)は
オフィス部分満室スタートだから客として見込めるとしても、他が確保できないとね。
オープン時の賑わいは当然。でも今では昼食時も何となく閑散としているような。
夜も、居酒屋はそこそこ賑わってはいるものの、それ以外はちょっとキツイような。
まだオープンしていない、シャッターが下りたままの店がかなり多いのもイメージが悪い。
ひょっとしてオープンは見合わせたのか、それとも撤退なのか。
元々大門・浜松町は閉店時間が早いし、じっくり腰を据えて飲むような街じゃなく
他の街に客が流れがちだったんです。だから街のイメージを変える程のパワーがないと
無理かな、とは思っていたんだけどやっぱりね。なんてことを思い始めたオープン3ヶ月後。
今が頑張りどころかも。まあ僕としては混まない店が増えるのは歓迎できることなんだけど。

ところで、このハマサイト・グルメのユニークなところ知ってます?
それはハマさんの名刺を提示すると、各店で様々なサービスが受けられることなんですね。
僕は“ハマちゃん”の名刺ならなぜか持っているんだけど、これじゃダメかな?

b0066893_11375980.jpg
[PR]
by yattokamedagaya | 2008-04-17 11:59 | Eat & Drink | Trackback(1) | Comments(4)
Sea Cockroach
b0066893_1929381.jpg

天気が良いので豊洲に行ってみたら、出たな!海のゴキブリ『ヒミコ』です。
あそうか、今はこっちに来てるのね。久しぶりに見ました。
というのは、以前はうちの近くの日の出桟橋を経由していたのに
ここアーバンドックができてから乗船場がここに変わってしまったからです。
まあ『キッザニア』もあるから、こちら経由で正解なんでしょう。

このヒミコ、ご存知松本零士氏デザインの未来型(型だけね)水上バスですね。
2004年3月26日就航ということらしいから、もうかれこれ丸4年。
水上バスとしては今でも斬新ではある。意外と造りもチャチじゃないしね。
残念なのは、これからの季節の気持ち良い海風を肌に感じるという
水上バスのだいご味のひとつを味わえないというところ。フルクローズだもんね。
[PR]
by yattokamedagaya | 2008-04-16 19:31 | Tokyo(Love+Hate) | Trackback(1) | Comments(2)
影絵
b0066893_0353546.jpg

今日、仕事で街の画像を探していた時にみつけたこの写真。
これは2年前に撮ったもので(懐かしいなぁ)
札の辻にあった『芝浦アイランド』マンションパビリオンの壁。
芝浦アイランドは、あのスマップがCMをやっていた
芝浦の超高層マンション群(というより新しい街)で、現在ほぼ完成。
思えば、今ある芝・芝浦・港南地区の高級マンションは
この頃はまだほとんど工事中だったんだなぁ。

これは壁面に俯瞰で配置されたリビング・ダイニングの家具に
窓から差し込む自然光の影ができているという設定。
湾岸地域の解放されたイメージを表現するちょっとした、
でも素敵な演出でしょ。

家具は立体。そして影は本物の太陽光が作る本物の影、
と見えるんだけれど実はこの影はペイント。一種のだまし絵なんですね。
ここは日の出からの少しの時間しか影ができない場所。
ちゃんと計算されているんです。

こういうこと >>
[PR]
by yattokamedagaya | 2008-04-14 01:14 | Funny Face | Trackback | Comments(0)
葉桜
b0066893_1859760.jpg

去年に引き続き(去年に限らんか、ここのところ毎年そう)
盛りを過ぎるまで満足に見ることができなかった桜。
これは桜吹雪の中、かろうじて形が整っていた葉桜一房。
でも最近では儚い桜より、その後のえげつなく力強いツツジ、
そして初夏の新緑の方が僕は好き。

[PR]
by yattokamedagaya | 2008-04-07 19:05 | Flowers | Trackback | Comments(0)
春なのに・・・
b0066893_2127213.jpg

すこし俺の話を聞いてくれ(笑)。

『春なのに』という歌があった。
今でもぽつりと口ずさむ「春なのに 春なのに ため息またひとつ」ってやつ。
でもそのフレーズの先は「桜の花はもう六分咲き 見上げることなくあなたは急ぐ」。
最近まで僕の頭の中ではそうリンクしていた。これは歌わないけれど。
知っている人は知っているでしょ、こっちは『春おぼろ』。岩崎宏美だ。
いつのまにかごっちゃになっていたみたい。曲調が似てるからかな。
でも改めて聞くと、両方とも歌詞を見なくてもフルコーラス歌えるかも。
当時ファンでもなかったし、熱心に聞いていた覚えもないのになぜだろう?
若かったからなのか、当時の歌謡曲はそういうものだったからなのか。

ところで話は変わり、「ねんきん特別便」というものが来ていた。
今忙しいから、まだちらっと読んだだけ。でもそれによると
一応義務だと納得しているので生活が厳しい時も全額納めていたはずなのに
実際はその半分しか記録されていない。就職歴なんて、ないことになっているもんね。
噂には聞いていたけどひどい話。この国ももう信用できねーや。
また菱形筋が刺すように痛いし、気付いたらもう桜も散り始めてるし、
良い話はないなぁ、春なのに……。
[PR]
by yattokamedagaya | 2008-04-05 21:34 | My Own Life | Trackback(1) | Comments(4)