<   2013年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ローランド ショールーム
b0066893_1385815.jpg
第一京浜を自転車で走っていると、こんなポスターが目についた。「浜松まつり」。
そうなんです、もうすぐ故郷の浜松まつり。凧揚げと屋台の勇壮かつ豪華なお祭りです。
唯一問題はゴールデンウィークにやることですね。だから混む。だから行かない。
でも何でここにポスターが?ここは “東京の” 浜松町。とあるビル1階のショールーム。

b0066893_2331542.jpg
中を覗くと浜松・浜松・浜松三昧。そうかここは浜松のアンテナショップになったのか。
でもRolandと書いてある。Rolandって楽器のあのローランド

b0066893_234139.jpg
たしかにローランドも浜松の会社。凧の下にはピアノが並んでいるようだし
反対側にはギターもある。よくわからないけど入ってみましょうか。
僕も浜松出身。合併前は天竜市だとしても、お前は関係ないと追い返されはしないでしょう。

b0066893_234227.jpg
ショールーム内は、左を見ても……(商談中らしい)

b0066893_2345258.jpg
正面見ても……(「やらまいか」は標準語の「やろう」よりも促すニュアンスの強い言葉。
そしてTシャツのキャラは、浜松のゆるキャラ「出世大名家康くん」です。よろしくね)

b0066893_2353759.jpg
右を見ても、どう見ても浜松まつり一色。なのにRoland?これはもう訊くしかないですね。
「すみません、これはどういう企画ですか?僕のような者が入っても良いんでしょうか?」

b0066893_237713.jpg
すると答えてくれました。今回の展示は、本社のある地元浜松まつりをテーマにした企画展。
そして、ここは楽器のローランドではなく、グループ会社のローランド ディ.ージー.
扱うものは大型印刷やカッティングシート加工、立体物への印刷、3Dの入出力ということ。

b0066893_2373693.jpg
そう言われてみると、凧の下に並んでいるのは、電子ピアノではなく大型印刷機でした。
それに僕は過去に様々な仕事経験もあるので、聞けば知らないものでもなかったのです。

b0066893_2375449.jpg
つまりここに並べられている品は、すべてローランドさんの技術で印刷・製造が可能なもの。
それをアピールするためのショールームだったんですね。

b0066893_2382371.jpg
ローランドさんで扱うものは、サインや屋外広告等大判の製品ばかりだと思っていたけれど
それは一部。ここに展示されている品を見ると、それ以外も多かったんですねと再認識。

b0066893_2385620.jpg
Tシャツへの様々な手法の印刷もあります。

b0066893_2393995.jpg
これはネールアート。付け爪でも直接でも可、らしい。

b0066893_2395576.jpg
材質問わず、各種素材への印刷が可能です。もちろん立体面もOK。

b0066893_23102933.jpg
エアブラシ風にも、また油絵のように盛り上げた絵画風に印刷することもできます。

b0066893_23105827.jpg
僕たちの仕事は主に紙媒体。でも前出のサインやノベルティ等他の材質も扱います。
それを考えた通りのクオリティに仕上げてくれる技術は得難いものなのです。

b0066893_23114283.jpg
この辺りになると、もうストライク僕らの仕事の範疇になりますね。
UVの厚盛り等、僕たちが普段使っている仕上げも見られます。

b0066893_23127100.jpg
そしてこれがいわゆる3Dプリント。あの立体印刷の製作物です。単体のモックやフィギュアも
組み立てる構造の試作立体部品を製造できるアレも、こちらの製品だったんですね。

b0066893_231303.jpg
もうどんな形でも作れる、何にでも印刷が可能なんですね。
そうなると色々世界が広がりそうで、見ていて楽しいのですよ。

b0066893_2313916.jpg
オリジナルの、難易度高い印刷商品の販売はしないのかな。売れそうだけど、僕なら買う。
それに僕たちのプレゼン用の試作品を、簡単に安く作るショップを始めてくれたら嬉しいな。

b0066893_23134251.jpg
このローランド ディー.ジー.株式会社の東京営業所、東京クリエイティブセンターが
飯田橋からこの約束の地、浜松町に移転して来たのは今年の2月18日。
僕のように「浜松出身なんです」という人もよく来るようになったとか。
いいねいいね、こんな場所に “頭アクセントコミュニティー” のようなものができちゃうの?
やはり最近の静岡マイブームは続いているようです。でも、それはそれとして……

我々遠州人(浜松人は違和感があるので、やはりこう言わせていただきます、笑)だけでなく
この東京都港区浜松町の名物ショールームとして、大門の交差点からこちら側に
強引に通行人を引っ張ってこられるような、素晴らしいディスプレイを期待しているのです。
なんて、ちょっとプレッシャー?(笑)。交差点こちら側は人の流れが悪いんですよね。
ローランド ショールーム。浜松まつりが終われば、次は母の日展を予定しているとのこと。


ローランド ディー.ジー.株式会社 東京クリエイティブセンター
東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル1階

[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-30 23:44 | Tokyo(Love+Hate) | Trackback | Comments(12)
ラーメンコーナー
b0066893_1954083.jpg

たぶん絶対ネイティブには通じないカタカナ英語に「オーガスタ」がある。Augusta。
August(8月)とほぼ同じスペルだから、オーガスタで間違いないと思っているんだろうが
あれは発音をあえてカタカナで書くなら「アガスタ」。アクセントはガのところに来る。
そのアガスタ(オーガスタ)では毎年ゴルフの「マスターズ・トーナメント」が開かれ
開催地オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブには「アーメンコーナー」と呼ばれる
名物ホールがあるのだ。これも正確には「エイメンコーナー」か。
と、恒例、繋がりの薄い長い前振り。でもこれでタイトルの出所はわかったでしょ(笑)。

b0066893_14213592.jpg

さて、この「ラーメンコーナー」とは私の命名だが、場所は大門の大門前の芝大門交差点。
知ってた?あの交差点の周辺から田町方面は、今ラーメン屋ばかりなんだよね。
この大門はアメリカンにはdiamond(ダイヤモンド)と聞こえるんだろうね…まあいいや。
始めにお断り。基本的に普通のレビューはしない主義だし、僕も全店食べたわけじゃない。
それに今回は大門ラーメン街の紹介だから、各店評判は食べログ等を参考にしてくださいね。

b0066893_14235418.jpg
まずはその交差点角からスタートしましょうか。ここは数年前まではドトールがあったはず。
そこにできたのが、この心がホッとするラーメン『麺屋そら』。あえ麺がお勧めか。

b0066893_14244337.jpg
そのふたつ隣がそれより前からある、豚骨醤油らーめんの『福気』。

b0066893_14263878.jpg
交差点に戻って田町方向を見ると『らんぷ亭』の向こうに同じシンボルカラーで
「特性もりそば」のあんどん看板と大勝軒の提灯。ここが大勝軒系の『大斗』。

b0066893_14274930.jpg
そしてもうしばらく歩くと博多らーめんの『由◯(よしまる)』が見えてくる。

b0066893_1428293.jpg
その先にはこんな看板が。芝大門交差点近くの『吉野家』の先にも同じもの。

b0066893_1428598.jpg
案内に従い歩くと…そこが鶏ポタの『ラーメンTHANK』。ここも評判のお店。

b0066893_14285551.jpg
そしてもう一本第一京浜側の小路に行くと、お馴染みこの『空海』がある。

b0066893_14303029.jpg
THANKと同じ小路をさらに田町方面に進むと、交差する道の向こうに見えるのが
居酒屋形態でメニュー豊富な『麺処 桐丸』。

b0066893_1431514.jpg
その十字路反対側が『龍馬灯』。ここはカツオベーススープのラーメンと共に蕎麦もある店。
芝大門起点ならこの芝大門二丁目までが約200mの範囲。

b0066893_14314275.jpg
芝大門二丁目からもう少し離れて(と言ってもそれほどでも)
第一京浜に近い場所にあるのが、昔ながらの中華そば屋『一徹』。

b0066893_1432123.jpg
芝大門二丁目から将監橋近くまで行くと、和食屋のような佇まいの『天虎』がある。
ここも行列ができる店。六本木の『天鳳』系列と言えば通にはわかる味らしい。

b0066893_14343155.jpg
さて、再度芝大門交差点に戻って、今度は道の反対側。居酒屋『ます家』サイド。
これは大門(門の)横に昔からある中華料理店の『楓林』。一応入れておく。
汁そばも焼きそばもメニューにはあるが、“日本食”のラーメンとはちょっと違うかな。

b0066893_14363918.jpg
『ます家』の隣にあるのがこの『ラーメンたかし屋』。
地下にあるのでこれは入口。ちょっと不利かな。でも美味けりゃそれも売りになる。

b0066893_14365072.jpg
そのビルの一階にはこの『ラーメンますみ屋』。ここには少し前まで『銀だこ』系の店があった。
庶民的な店構えが示す通りリーズナブルなお店、の割に味はしっかりしているらしい。

b0066893_14383676.jpg
そして蕎麦屋を挟んで、つけ麺が売りの『麺や ポツリ』。ここも評判が良い行列店。


b0066893_19105155.jpg

以上14店舗。大門交差点(ここは芝大門)の方に行けば『ZOOT(ズート)』や
『東京らあめんタワー』と言った知られた店もあるけれど、数はこっちの方が断然多い。
僕が知らなかっただけで、既にラーメン激戦区の評価も受けているらしい。

ここはオフィス街であり、しかも観光客も見込める場所でランチの需要があるから
牛丼屋もカレー屋も蕎麦屋もうどん屋もハンバーガー屋も定食屋だって
ランチ系のお店はすべてある。その他の食い物屋も豊富にあるから昼食で不便は感じない。
そんな街のほんの一角にラーメン屋が集まったのは、見込み客が多いというそれだけの理由?
ラーメン激戦区って、普通はこんな場所じゃないでしょ。


※追記:ゴールデンウィーク後に行ってみると、『一徹』は閉店。
『ますみ屋』は『たかし屋』(地下はそのまま?)に替わっておりました。
 そして秋には『龍馬灯』も閉店になっています。ひえ〜




※これ予約投稿だったのに、公開前にイイネが入っていたのはなぜなんだろう、見えてたの?
でも公開した途端イイネがボタンごと消えてしまった。押してくださった方々、申しわけない。何で?

[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-28 19:19 | Eat & Drink | Trackback | Comments(8)
マンチズバーガーOPEN延期
b0066893_2015863.jpg
ちょっと素敵な雰囲気でしょ。夕暮れの『MUNCH'S BURGER SHACK』外観。
ミニ中華街化の進行する芝商店会にあって、中華の牙城を切り崩すべく送られた刺客。
ではないが、中華以外は結構すぐポシャってしまうこの地に於いて大健闘。
それどころか数少ない入店待ち客の多い人気店。それがマンチズバーガーシャック。
いわゆるグルメバーガー専門店だ。何で今まで記事を書いてなかったんだろう、不思議。

b0066893_20174432.jpg
それが先日前を通るとCLOSEDの状態になっていた。通常の閉店時でもこれと同じ。
だけど今回は、何やら窓に張り紙が貼ってある。

b0066893_20205185.jpg
その張り紙を読んでみると、何々お店が移転してリニューアルオープン?
そして、すでにこの店は21日で閉店していたということなのだ。え?ウソ……。
でも書いてある通り移転先はすぐ近くなので、その足で様子を見に行くと

b0066893_2023474.jpg
へえ、今度は2階なんだ。2階もいいかもね、相変わらずのセンスいい店かもね。
でも本音を言うと前の店が僕は好き。できる前からこんなこと言ってしまって何だけど。
諸般の事情によりやむなく移転、か。ま、何はともあれ、GW前の4月26日が楽しみだ。

b0066893_20231797.jpg
ということだったのに、何だ4月26日にオープンしてないぞ。せっかく用事を切り上げて
腹を減らせて駆けつけたのに。まあ事前チェックしておかない僕が悪いんだが。
休日を挟んだオープン延期というと、どこかのカレー屋を連想してしまうじゃないか(笑)。
でもそんなはずはない、あそこは特別だ。

b0066893_20243453.jpg
そしてこんな張り紙も。まあ仕方がないさ。GW期間だからこの辺りの状況を考えると
人も少ないだろうし、無理してオープンすることもないんじゃないかなぁ、GW明けでいい。
たぶん僕もいないし。となると、やはり今日が誰にとっても良い日だったのかな。
実は本日の僕の「priority #1 」だったりして(笑)、残念。

b0066893_2026941.jpg
前店の夜間営業時。やっぱりこっちがいいよなぁ……。次はどんな店になるのかな。
マンチズの前はたしかフランス料理店だったはず。もはやうろ覚えだが……。

MUNCH'S BURGER SHACK

[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-26 20:56 | Eat & Drink | Trackback | Comments(6)
シュワっと消えておりました(笑)
b0066893_19162565.jpg
日記。昨日銀座をバイクで走っていたら、プランタン前でいきなりパンク。
そこから家まで、山手線で2駅半分を押して歩くその途中、ソニービル前でこんなイベントが。

b0066893_1916242.jpg
『シュウェップス サプライズ ビジョン』。モニター前の人が画面に映り、それが
顔出しのレモン人間になってしまう。かと思えばバックがロンドンの風景になったりして。

b0066893_1917454.jpg
スクエアには主催者側らしき人もいるようだが、気になるのはこのぱみゅぱみゅガールズだ。
こいつらプロか素人か?こんなに目立ってはしゃぐならブログに出しても構わんだろう。

b0066893_19183265.jpg
だが何気につまらん写真。さっさと自転車押して帰らにゃならんと焦っていたからだ。
明日もう一度撮りにこよう。ネットで見ると今週いっぱいはやっているようだし。

b0066893_1918247.jpg
ということで次の日行ったら、あれ?モニターはどこ?どうやらまたガセを掴んだようだ。
今日26日から、ソニービルはGW用の違うイベントに変わってしまった。

b0066893_19185519.jpg
新イベントは「リサとガスパール ソニービルへいく 2013」で、4月26日(金)~5月12日(日)。
これは国内初公開の新刊絵本「ガスパールのお誕生日」ワンシーンのフラワーアートらしい。
[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-26 19:30 | Art & Entertainment | Trackback | Comments(6)
中古マンション探し
b0066893_20481298.jpg

大丈夫、まだ更新したばかりだから。ここに広告入れられたら腹立つでしょうね(笑)。

画像は野村さんにお借りしました。私『nomu.com(ノムコム)』は好きですよ。
数ある不動産サイトでは、見やすさ・充実度・掲出量では群を抜いていると思っています。
でも仲介会社選びはそれだけじゃない。これですべてが決まったら苦労はないのです。

そこで質問。これは物件探し真っ最中の知人談。皆で意見が分かれたことなんですけどね。
今あなたは中古マンションを購入しようとしています、というそんな設定です。
ネットで目星を付けて問い合わせたところ、その物件にはまだ売主が住んでいるということ。
でも当然のことながら、室内を見ないことには良さも悪さもわからない、でしょ?
さて、あなたはこのどちらの内覧がお望みですか?これ、性格診断にもなりそうだな。

まずひとつの方法。
内覧の間は売主等住人には留守にしてもらいたい。つまりもう引越を済ませた空室のように
仲介会社の担当に説明を訊く程度で、自分のペースで内部をチェックしたい、ということ。

そしてもうひとつ。
当日は売主にもその場にいてもらいたい。本人から直接その物件について説明してもらうか、
こちらからの質問があった時だけ答えてもらうかは分かれるけれど。

このそれぞれのメリット・デメリットは──まあ何を良否とするかは人それぞれですね。
その判断もその人の価値基準に基づくわけだから、私見を挿むのはやめておきましょう。
どうでしょう? 実際はよほど内覧慣れしている人でない限り、こんな注文はしないでしょう。
するにしてもこれ、意外に難しい選択なんですよ。どちらの方法も一理ある。
それは、売り手にとっても買い手にとっても、また仲介人にとってもですけどね。

それも相手あってのことだから、その方法が合う人もいれば、たまたま合わない人もいる。
それで最良の物件をみすみす見逃してしまう、ということになるかもしれないのです。
人生にも関る数千万円もする買い物をこんな、ほんの数分間の内覧で判断するんだから
無謀──とも言えるかも。でもそうするしかないんだから、大変ですよね。
やはり詰まるところは──住まい探しは縁、ということですか。これ、業界の金言ですな。
[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-22 22:49 | News & The World | Trackback | Comments(12)
名前のない料理
b0066893_1213714.jpg

この料理を食べている時、ちょっと思いついたことなんですけどね。
お店で出す以上、日替わり定食でも何らかの名前をつけなきゃならない、でしょ。
これなら差し詰め「中華風肉野菜炒め」ってとこか。たしかそんな呼び方をしてたはず。
でもね、この肉を挽肉に換えれば「麻婆茄子(マーボチェズ)」になるし
素材を細切りにすれば「青椒肉絲(チンジャオロース)」という名前になるじゃない。
なのにこれだと…ただの「中華風肉野菜炒め」か。茄子の〜を頭に付けてもいいけどさ。

b0066893_0513159.jpg

だから何だ、というわけじゃないんですが……大好きな茄子がど〜んと入っていたし…
何だかもったいないというか…ねぇ、こんなに美味しいのにそんな名無しで…と思っただけ。
でもフレンチやイタリアンや創作料理なら「◯◯の◯◯、◯◯添え」が当たり前か。
それは素材や調理法の説明だろ。それが料理の名前か? と言いたくなるものもあるけどね。

まあいっか。とにかく本日のランチはこの…何だっけ「茄子の中華風肉野菜炒め」に
豆腐のみそ汁とライス(さらに大盛りのおかわり飯も)& 食後のコーヒーでした。大満足。

b0066893_0551712.jpg

そしてその御代はこれ。今日はこれで喰わせていただきました。物々交換か?(笑)
さてこのタケノコの出所は?うちと付き合いの長い人は知ってますね。そう、あそこ。
[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-21 01:20 | Eat & Drink | Trackback | Comments(16)
「見ぃつけたっ」
b0066893_19422845.jpg
お、カワイイお嬢ちゃんが手を振っているのを見ぃつけたっ。誰に振ってるんだ?僕なのか?
これちょっと前の写真なのに、今見ると何なのこの季節感のなさ。もうGW間近だからね。
それじゃ「頼まれてもいないGW直前東京タワー宣伝企画」第二弾、行ってみましょうかね。

b0066893_19452926.jpg
この子がいたのはフットタウンの2F。タワー下の4階建ての建物がフットタウンです。
1F正面玄関前広場で視線を鯉のぼりから窓に転じると、そこに見えるのが
ワタクシお気に入りの場所 & ワタクシお気に入りの東京すうべにあ。
『東京ばな奈』は「見ぃつけたっ」までが商品名なんですよね。商品により扱いは違うけど。

b0066893_19491258.jpg
ここが2Fの東京ばな奈コーナー。東京に住んでいて、ここによく来る人間はたぶん少ない。
でも僕は、東京の会社やお宅への手みやげでも買っちゃいます。これの頃もあったけど。

b0066893_19495110.jpg
言ったことあったっけ? 以前は洟も引っ掛けなかった、このあまりに定番の東京土産。
正に食わず嫌いだったけど、同じくの友人にシャレで持参して以来、大好物になりました。
美味いよね。好きなものは人にも食べさせてあげたい、というのがお節介野郎の常。
それにやはり思った通り、これはお土産だからあまり皆自分で食べたことがないんですね。
b0066893_19493322.gif
スタンダードな東京ばな奈ももちろん美味い。でも今東京タワーでのイチオシはこれです。
『東京ばな奈 がおー キャラメル味、「見ぃつけたっ」』……長いよ(笑)。でも美味いよ。
これはとらねこ模様。がおーは頑張る子猫のきもち。子猫印の東京ばな奈なんだそうだ。

b0066893_19501465.jpg
ご存知のように東京ばな奈は種類が多く、「がおー」じゃないキャラメル味もあるから困る。
これはアニマルシリーズ3種のひとつで、このシリーズは販売場所が限られているんです。
このキャラメルバナナ味は、東京・品川・上野駅、高速道路、そしてここ東京タワー限定。
ひょう柄のチョコバナナ味は、東京スカイツリータウン・ソラマチ限定。
きりん模様のバナナプリン味は、百貨店と空港限定。そんな戦略をとっているんですね。

b0066893_19545376.jpg
さて、東京ばな奈売り場があるのは、2Fお土産売り場『TOKIO333』の一角。
そしてこじゃれた新製品やノッポングッズが揃っているのは、3F蝋人形館隣にある
この『TOWER GALLERY 3・3・3』内の直営売店タワーショップなんですが……

b0066893_19553624.jpg
でも開業当時からのお店が集まった2Fの『東京おみやげたうん』も人気がありますよ。
このフロアでは軽食もとれて、いかにも昔からの東京タワー見物といった雰囲気なのです。

b0066893_19551774.jpg
ほら、修学旅行の学生さんだけでなく、外人さんもとっぽい兄ちゃんも引きつける
東京タワーらしい昭和の空間。高度経済成長期を彷彿させる賑やかキッチュな店構えです。

b0066893_19555117.jpg

b0066893_19572056.jpg

b0066893_19565135.jpg

b0066893_19594726.jpg
開業当時の姿のタワーもまだある。一時期皆無の「努力」「根性」も多少は復活したらしい。
ちなみに僕の故郷の家にはどちらの楯もある。回転させる日めくりのカレンダーも(笑)。
[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-19 22:32 | Tokyo Towers | Trackback | Comments(20)
芝桜の迷所
b0066893_12591583.jpg

これまた恒例、住友不動産三田ツインビル西館の芝桜。
今年は、ここ数年で最高の状態なのではないでしょうか。

b0066893_12595013.jpg


b0066893_131980.jpg

これが昨年、そしてこちらは2009年。こんなに疎らでしたからねぇ。
この庭を管理するガーデナーの皆さんは、大変な苦労をされたことでしょう。

b0066893_1321922.jpg


b0066893_1322935.jpg

でも何で枯れちゃうんでしょうね。芝桜は強い植物じゃないんですか?
単に環境の問題?それともペットや人が荒らすのか。ともかく、ここまでの回復ご苦労様。

b0066893_1325785.jpg


b0066893_1332434.jpg

ところが、初期の頃を知っている人は、これでも納得できない様子です。
散策・撮影中でも「前はもっと素晴らしかったんですよ」という声をよく聞きます。
たしかにあの頃のピンクの絨毯を見てしまえば、そう思うのはしかたがないのかも。

b0066893_1332976.jpg


b0066893_1345592.jpg

でもこの庭の魅力はそれだけじゃない。この時期の新緑のグラデも、秋の紅葉も魅力的。
芝桜の名所と言うには迷う咲き方になったけど、都心でこの景観はちょっとないですよ。

b0066893_134589.jpg


b0066893_1352151.jpg


b0066893_1354277.jpg

このガラス張りロビーがまた良いんですね。景色と映り込み、すべて計算された空間です。
彼らにも、ここのオフィスで働く幸せをもっと噛み締めていただきたいものですね(笑)。

b0066893_136539.jpg

ということで、今年は期待できますよの「芝ざくら祭り」は明日20日の開催です。
タイミングを外しがちなこういう季節ものイベントですが、今年はストライクの満開。
皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください。とまたPRで締めてしまった(笑)。




[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-18 23:33 | Flowers | Trackback | Comments(10)
333+1 sanpo
b0066893_18472984.jpg
もうとっくに始まっているんですが、4月5日からGWの終わる5月6日までの間
東京タワーでも毎年恒例の鯉のぼりが飾られているんですよ。

b0066893_1848815.jpg
その数333匹。333というのは言わずと知れた東京タワーの高さ、333mのことですね。
1F正面玄関前広場の空を、タワーをバックに元気一杯泳いでいます。

b0066893_18493891.jpg
そしてブラス1匹はこのさんま。タワー正面の全長6mのさんまのぼりと大漁旗は
さんままつりを通じて友好関係にある岩手県大船渡市へ、復興へのエールを込めたもの。

b0066893_18495537.jpg
こいのぼりの下では、学生俥屋による人力車の無料試乗会や猿回し・ビアガーデン等
数々のイベントも開催中。と、またまた頼まれもしないのに宣伝しています(笑)。

b0066893_1850928.jpg
最後に、現在アンテナ工事はこんな状態。これが前回3月11日
夕暮れシルエットの方がわかりやすいでしょう。鉄骨間引き作業継続中……ですね。

[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-17 19:12 | Tokyo Towers | Trackback | Comments(14)
チューリップランプ
b0066893_1752359.jpg

チューリップって、ちょっと光を浴びるだけで何であんなに輝くの、と思いませんか?
色のせいかな形のせいかな、まるでランプが灯ったように花が浮かび上がるでしょ。

b0066893_17535390.jpg

それにしても、チューリップにも色々な色や形があるもんですね。
ワタクシ、今、妙に気になっている種類があるんです。

b0066893_17563747.jpg

それがこれ、カナスタです。こういうのをフリンジって呼ぶんですか?
花びらの縁がギザギザと言うかビロビロと言うか、とにかく特徴的。
女性のスーツの襟やスカートの裾にも、こういうデザインのものがありますよね。

b0066893_17574565.jpg

春の花をいくつかまとめて写真ブログ FreePix にアップしましたので
もしお時間がありましたらご覧ください。
たまには更新しないと、トップに広告が入ってしまうんですよね。
あれ、Exciteブログでは何日くらいから?

[PR]
by yattokamedagaya | 2013-04-16 18:47 | Flowers | Trackback | Comments(14)